占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180201181335.html
相手の心を開く方法・テクニック

相手の心を開く方法・テクニック | SPITOPI

SPITOPI
相手の心を開く方法・テクニック

スポンサーリンク

人の心を本当に開くのは難しいことです。

初対面の人や、人見知りをする人、また自分が苦手だと思っている相手だった場合は特にそうです。

でも、相手が心を開いてくれれば、会話も弾みますし、仕事等は話が早く進んで、効率が良くなるでしょう。

自分では親しくしていると思っていても、相手はあまり心を開いてくれないということもよくあることです。

では、相手の心を開く方法をお教えしましょう。

  • 相手に笑顔で挨拶する
  • 喜怒哀楽の表情をハッキリ相手に見せる
  • 全身全霊で相手の話を聞く
  • 相手の感情に敏感になる
  • 心を開くのを怖がる人には無理強いしない
  • 気負い過ぎていないか気を付ける
  • 適度にくだけた様子で
  • 笑われてもいいという気持ちで
  • まとめ

1. 相手に笑顔で挨拶する

相手に笑顔で挨拶する

人の心を開くには、まずその人と仲良くなることが必要です。

その為には、その人と会話をする機会を持たなくてはなりません。

まず、人に話しかけるには、挨拶をします。

「こんにちは」と。

その時に優しい笑顔で、あまり親し気な態度は出さないで挨拶しましょう。

軽いノリは止めておきましょう。

相手は却って引いてしまいます。

笑顔は人に安心感を与えますから、相手も挨拶を返してくれるでしょう。

そこから話題を見つけてコミュニケーションを取って行きます。

これが第一歩です。

上手く話が進めば、それからは段々と話す機会も増えて、相手も段々と心を開いてあなたと話す様になってくれるでしょう。

心を開いて欲しい相手とは、焦らずのんびりと会話をして行きましょう。

いつの間にかお互いが心を開いている、といった状態がベストです。

2. 喜怒哀楽の表情をハッキリ相手に見せる

喜怒哀楽の表情をハッキリ相手に見せる

話している相手が無表情だったり、あまり感情を顔に出さなかったら、あなたはどう思いますか? 「私の話が詰まらないのかな」「他のことを考えているのかな」と不安に感じることでしょう。

話を止めた方がいいのでは、と感じることもあると思います。

ですから、話をする時、特に相手の話を聞く時は、自分の感情を表に出すようにしましょう。

相手の話が面白かったら楽し気に笑い、悩み事を聞いている時は真剣な顔で。

つまり、喜怒哀楽を決して大袈裟ではない範囲で表情に出すのです。

中でも「嬉しい」「楽しい」「面白い」といったポジティブな感情を出す方が良いと思います。

悩み事等を聞いている時に、あまりに深刻な顔をすると、相手は「やはり大変なことなのだ」と、益々落ち込んでしまいますから、気を付けましょう。

そう言う場合は、相手の気持ちにまず共感し、それからあなたが思っている程大変なことではないということを言って慰め、励まして上げましょう。

聞き上手は相手の心を開きます。

3. 全身全霊で相手の話を聞く

全身全霊で相手の話を聞く

人は、自分の話をいい加減に聞く人より、大切に聞いてくれる人に好意を持ち、信頼すら寄せ、心を開くものです。

心を開かせるのが上手い人は全身全霊で相手の話を聞きます。

人の話を聞くと言うのはなかなか難しいのですが、まずは全身全霊というと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、心を開いてもらうにはその位の覚悟がないといけません。

初めは相手の話を真面目に聞くこと。

次は相手の存在を受け止めます。

そして、相手の話を聞いている時は「うなづき」や「あいづち」がとても大切です。

ただ全身全霊で「聞いています」ではいけません。

相手の気持ちを出来るだけ正確に掴んで、あいづちを打ちながら聞くようにします。

更に、「そうだったの」とか、「それから、どうしたの?」など相手を促すと、相手もあなたが自分の話に興味を持ってくれていることを感じて、話の続きをしたくなっていきます。

段々と心を開いて話をしてくれるようになります。

とに角相手の話を真剣に聞き、「共感」することが大切です。

4. 相手の感情に敏感になる

相手の感情に敏感になる

相手のちょっとした感情をキャッチできるようになると、更に相手はあなたに心を開くようになります。

その為には、実はあなた自身の感情を敏感にしていないとダメなのです。

練習をしておく必要があるでしょう。

もし、仮にあなたが弱音を吐かないタイプの人だったとしましょう。

そんなあなたに相手が何かについて愚痴をこぼしたり、ネガティブな話をしたら、あなたはなかなか相手の感情を受け入れることが出来ないでしょう。

反対に真面目に生きていると、あまりに享楽的な人の話には眉をひそめがちです。

相手の心を開きたかったら、様々な人を受け入れられる心の大きさ、人への理解度が必要不可欠です。

つまり、自分の判断・基準で人を見ないこと、相手を中心に考えることが出来ることが筆なのです。

あなた自身が様々な感情を受け入れられるような人間になるよう、努力しましょう。

まずは自分の感情をそのままに感じて、それを許すこと、それと同じように相手の感情もありのまま受け止める、ということを心掛けていれば、段々とあなたも色々な感情に対して敏感に反応できるようになります。

5. 心を開くのを怖がる人には無理強いしない

心を開くのを怖がる人には無理強いしない

人見知りや自分を出すことが苦手な人は世の中に沢山います。

そんな人に無理に話しかけても、却ってそう言う人は心を開くことが出来ない自分を責めたり、自己嫌悪に陥ったりしてしまいます。

心は無理やり開くものではありません。

いま、この人は自分に対して警戒心があるようだとか、人見知りをしているな、と感じたら、相手の気持ちを理解するようにしましょう。

今は、相手の心を開こうとすると、それは相手の心をこじ開けることになってしまいます。

また、相手の心を開けない自分に失望しない様に。

物事には「時期」というものがあります。

今はあなたに心を開かない人も、いずれ開いてくれる時期が来るかもしれません。

その時まで待つことも、時には必要です。

これは致し方のないことです。

頑張り過ぎても、今度はあなた自身が自分を追いつめ、最悪の場合は対人恐怖症にもなりかねません。

まずはそれを理解して、自分にプレッシャーを掛けない様にしましょう。

相手に依っては、「今、無理に心を開く必要は無い」と言い聞かせましょう。

6. 気負い過ぎていないか気を付ける

気負い過ぎていないか気を付ける

相手の心を開こうとする時「こんなことを話したら、相手の負担になるかも」「話してもわかってはくれないだろう」という気持ちがあると、相手の心を開く妨げとなります。

そのような気持ちを持ちながら話すと、相手はそれを敏感に感じ取ります。

相手に心を開いてもらいたかったら、まず自分から心を開くことも大きな効果があります。

ですから、相手の話の聞き役だけでなく、自分のことも上手く相手に伝えることも大事なポイントとなります。

あなたが打ち明け話をしたことで、相手が安心したり、相談に乗ってくれたりする方向へ向かうことが多々あります。

とに角、相手に必要以上の気遣いをさせないよう、自分もリラックスするようにしましょう。

そして、あなたの方がネガティブな話をしても、相手があなたから離れてしまうことはありません。

人は感情を共有したい、自分が共感する話には引き寄せられるという気持ちを生まれつき持っています。

ですから、あなたの弱い部分を見ても、相手もそういった経験があるだけに、あなたに共感を覚えることもあるのです。

無理に明るく振る舞うだけでなく、時には自分をさらけ出して、受け止めてもらうことも必要です。

あなたが弱い面も持っていたり、悩んだりしていることを知って、相手もあなたのことを普通の人間として見られるので、そこから親近感が湧いてきます。

人間とは誰もが同じ様に悩んだり落ち込んだりするものです。

お互いがそう言った面を見せ合うことで、相手は段々と心を開いていくことでしょう。

7. 適度にくだけた様子で

適度にくだけた様子で

人と話す時は礼儀も大事ですから、最初は誰でも固い態度になってしまいがちです。

でも、それではお互い心を開きにくいので、少し緊張がほぐれてきたら、あなたの方から適度に態度を崩しましょう。

時々言葉遣いも友達に対するようにしてみたりすると、相手もそのような態度を返してくれます。

そして、2人の間には親密な雰囲気が生まれます。

話も楽しく進むようになるでしょう。

馴れ馴れしいとは違い、親しみやすい雰囲気を作るのがコツです。

自分から積極的にくだけて、オープンな姿勢を見せましょう。

更に身振り手振りも加えると、好意を持ってもらう可能性が高くなります。

これは海外での実験で証明書されていることで、身振り手振りを加えて話した方が、相手から好感の他に、魅力や有能さ、そして信頼感まで感じさせることが出来たのです。

日本人はあまり手ぶり身振りを加えない人が多いですが、手ぶり身振りを加えるだけで、「イキイキしている」「熱意を感じる」という印象を相手に与えることが出来るのです。

それで、相手の気持ちも乗ってきて会話がスムーズになります。

相手に話を分かってもらう為にも、好意を持ってもらう為にも、適度に身振り手振りをいれることは効果的です。

8. 笑われてもいいという気持ちで

笑われてもいいという気持ちで

相手に心を開いてもらう為にも、まず自分から腹を割って話をしようとする時、「こんなことを話したら笑われないか」とか「バカにされないかな」という心配もあるでしょう。

でも、笑われても何が問題でしょうか? 笑われても、それはバカにされた時だけではありません。

面白い人だ、そんな考え方も世の中にはあるんだ、という気持ちで笑う場合が殆どです。

初対面なら、尚更、例え相手を心の中でバカにしても、それを表には絶対出しません。

ですから、笑われたら「可笑しいですか?」と聞いてみると良いです。

答えは「いいえ、あなたに親しみを感じたんです」とか「そう言う意見は初めて聞いたので、感心したんです」というような答えが返ってくるはずです。

あなたを相手にして笑ってくれるのは、親近感からです。

本当にバカにしているなら、笑うのではなく、その場を去るでしょう。

それに、あなたが人の話を聞く時も、それは同じではありませんか?相手に好印象を抱けば、相手の話に対して微笑んだり笑ったりするでしょう。

笑われることを悪い方に取らず、笑われてなんぼ、位の気持ちで接すれば、相手もより早く心を開いてくれるでしょう。

まとめ

相手の心を開くには、まず笑顔で、そして、自分から心を開きましょう。

また、ジェスチャーを交えてわかりやすく話す工夫をしたり、くだけた口調なども織り交ぜながら会話をすれば、相手の心は徐々にほぐされていくでしょう。

人の心を本当に開くのは難しいことです。

初対面の人や、人見知りをする人、また自分が苦手だと思っている相手だった場合は特にそうです。

でも、相手が心を開いてくれれば、会話も弾みますし、仕事等は話が早く進んで、効率が良くなるでしょう。

自分では親しくしていると思っていても、相手はあまり心を開いてくれないということもよくあることです。

では、相手の心を開く方法をお教えしましょう。


相手に笑顔で挨拶する

人の心を開くには、まずその人と仲良くなることが必要です。

その為には、その人と会話をする機会を持たなくてはなりません。

まず、人に話しかけるには、挨拶をします。

「こんにちは」と。

その時に優しい笑顔で、あまり親し気な態度は出さないで挨拶しましょう。

軽いノリは止めておきましょう。

相手は却って引いてしまいます。

笑顔は人に安心感を与えますから、相手も挨拶を返してくれるでしょう。

そこから話題を見つけてコミュニケーションを取って行きます。

これが第一歩です。

上手く話が進めば、それからは段々と話す機会も増えて、相手も段々と心を開いてあなたと話す様になってくれるでしょう。

心を開いて欲しい相手とは、焦らずのんびりと会話をして行きましょう。

いつの間にかお互いが心を開いている、といった状態がベストです。

喜怒哀楽の表情をハッキリ相手に見せる

話している相手が無表情だったり、あまり感情を顔に出さなかったら、あなたはどう思いますか? 「私の話が詰まらないのかな」「他のことを考えているのかな」と不安に感じることでしょう。

話を止めた方がいいのでは、と感じることもあると思います。

ですから、話をする時、特に相手の話を聞く時は、自分の感情を表に出すようにしましょう。

相手の話が面白かったら楽し気に笑い、悩み事を聞いている時は真剣な顔で。

つまり、喜怒哀楽を決して大袈裟ではない範囲で表情に出すのです。

中でも「嬉しい」「楽しい」「面白い」といったポジティブな感情を出す方が良いと思います。

悩み事等を聞いている時に、あまりに深刻な顔をすると、相手は「やはり大変なことなのだ」と、益々落ち込んでしまいますから、気を付けましょう。

そう言う場合は、相手の気持ちにまず共感し、それからあなたが思っている程大変なことではないということを言って慰め、励まして上げましょう。

聞き上手は相手の心を開きます。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2020年01月24日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!