占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180120151505.html
【色占い】金色が好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴

【色占い】金色が好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴 | SPITOPI

SPITOPI
【色占い】金色が好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴

スポンサーリンク

金色とは色の中でもひときわ光輝いている色です。

色の中で最も目立つ色であり、ライオンが百獣の王だというなら、金色は色の世界の王様だと言えるでしょう。

オリンピックで最も成績の良かった人に贈られる金メダルを見ても分かるように、金色は何かと一番であることを象徴させる色です。

さて、この金色にはどんな深い意味が隠されているのでしょう。

  • 色占いにおける金色とは
  • 金色の方に向いている仕事
  • 金色が好きな人の心理
  • 金色が好きな人の恋愛傾向
  • 金色の人の特徴や性格【才能あふれるビジネスマン】
  • 金色の人の特徴や性格【自分のことだけでなく他人も気遣う人格者】
  • 金色の人の特徴や性格【真面目で誠実な人】
  • 金色の人間関係の注意点
  • 金色の効果と効用
  • 金色と相性がいい色
  • まとめ

1. 色占いにおける金色とは

色占いにおける金色とは

金色とは金メダル、金賞という言葉があるように、最も成功をおさめた人に贈られる色です。

つまり、金色とは成功者を現す色となっています。

王様の王冠も金色に輝くものが多いことからも、権力を象徴する色であるともいえます。

金持ち、成功、豊かさ、努力、権力、心の余裕といったものを現す色となっています。

お金に関しても金持ちなどを現すのに最も適した色ですが、心の充実感や豊かさを現す色でもあります。

お金持ちを現す低俗な意味ではなく、人としての気品があることを意味する色でもあるのです。

この色を選ぶ人には、巨万の富を持っていても、自分の富みを自慢し、地位と名誉にしがみつくような人はいません。

むしろ、地位や名誉などにこだわらず、ただひたすら努力し、成功を収めることを願う人が多いです。

周りに協調し、決して自分が権力をもっても、その力を気ままに振りかざすことなく、人のため世のために自分を犠牲にできることを意味します。

金色が現す人間性は最も尊き気品あふれる人だと言えるでしょう。

2. 金色の方に向いている仕事

金色の方に向いている仕事

金色の人に向いている職業は、ビジネスマンです。

才能あふれた人なので、どんな職業でも努力し、一流の人間になることができますが、ビジネスマンになれば、その才能によって巨万の富を入れることでしょう。

なんのコネもなしに、一から努力を積み重ねて、瞬く間にトップの座につける人です。

生まれ持った才能と一流の雰囲気を持ち合わせ、さらに努力をするため、誰も太刀打ちできないほどの地位を築きあげることでしょう。

トップアーティストの中には、キラキラとした衣装に身を包む人もいます。

その人は無意識にその色を選んでいるのでしょうが、常にトップを走り続けたいとする心がこの色を選んでいるのかもしれません。

人気がものをいう芸能の仕事や商売がとても適しています。

自分の実力がものを言う世界にはいれば、一流のビジネスマンとして積極的に行動して、大きな富を掴みます。

3. 金色が好きな人の心理

金色が好きな人の心理

金色が好きな人は、常にトップでいることに執着している人です。

2番では、自分を納得することができません。

自分の努力が足りないと思い、自分の力が出尽くす限り、死ぬほど努力を重ねることでしょう。

トップでなければ意味がないというストイックさを持っています。

ただし、金色が好きな人に自己中心的な人はいないので、相手を蹴落としてまでトップになろうとは思いません。

相手の足を引っ張ったり、陥れて成功しても、それは真実の実力勝負にはならず、一番となっても満足できないのです。

フェアで対等な関係での競争でこそ、一番になることに意味があるのです。

また、金色が好きな人に品のない人はいないので、紳士的な対応がとれます。

どんなに自分はお金をもっても、貧しい人に手を差し伸べたり、困っている人がいれば助けようとします。

お金をもっても私利私欲に全てをつぎ込むのではなく、ボランティア団体に寄付するなど、人のために世のために使うことも忘れません。

4. 金色が好きな人の恋愛傾向

金色が好きな人の恋愛傾向

金色の好きな人の恋愛傾向は積極的な傾向があります。

仕事に関してもそうですが、恋愛においても「この人だ」と決めた人には計算し尽くしながら、確実に相手に迫っていき、相手を落とすことができるでしょう。

金色の人はスマートで洗練された人が多いため、好きな人をあえていじめるような子供じみたアプローチはしません。

しっかりと相手の目をみつめ、お目当ての人を誘うことができます。

自分の気持ちを紳士的に、かつスマートに振る舞うことができるので、相手から共感を得ることでしょう。

また、ゴールドの人のお誘いをお断りしても逆恨みするようなことはしません。

あくまで否定された真実を、粛々を受け止めます。

ゴールドの人を恋人にすると、精神的な繋がりが強くなり、離れていても愛し合うことが可能となります。

遠距離恋愛をしても、それが障害となって別れることはないでしょう。

どんなに忙しくても、相手のことを想い、相手のことを愛することができる人です。

異性と奔放に遊ぶようなことはなく、一人の人を愛することができます。

5. 金色の人の特徴や性格【才能あふれるビジネスマン】

金色の人の特徴や性格【才能あふれるビジネスマン】

金色が好きな人は、才能あふれるビジネスマンが多く、どんな業界にいってもトップの座を勝ち取ることができる人です。

負けず嫌いで努力家だということもありますが、もともと生まれ持ったセンスと才能、そして鋭い勘で、あっという間に一流の人間となることができます。

世の中で、今、何を求めているのか、どんな時代になるのかということを予測することができ、自分は何をすればビジネスで成功することができるのかを読み取ることのできる頭の良い人です。

ビジネスマンとしては非の打ちどころのない優秀なビジネスマンです。

フットワークの軽さや頭の回転の良さは申し分ないほど、素晴らしいです。

働く限り、大きな財産を手に入れることができるでしょう。

6. 金色の人の特徴や性格【自分のことだけでなく他人も気遣う人格者】

金色の人の特徴や性格【自分のことだけでなく他人も気遣う人格者】

金色の人は、自分のことだけでなく他人も気遣うことのできる人格者です。

どんなに自分が名誉ある地位を手に入れようと、その地位にうぬぼれることなく、しっかりと自分を冷静に見つめることのできる人です。

周りの人に無償の愛を与えることのできる気高き心を持つ人です。

ボランティア活動などの慈善団体に巨額のお金を寄付することも心から喜んで送ることができる人です。

自分の力が他の人の救済に使われることに喜びを感じ、また誇りに思っています。

自分のことだけ考えて私利私欲のためには何をしてもかまわないという人がいれば、人間として見下し、関わり合いと持とうとはしません。

もちろん、自分自身もそのような人間には絶対になりたくないと思っています。

自分の幸せは他人を笑顔にすること、また他人の喜びは自分の喜びだと考え、大変徳の高い性格を持っています。

7. 金色の人の特徴や性格【真面目で誠実な人】

金色の人の特徴や性格【真面目で誠実な人】

金色の人には、真面目で誠実な人が多いです。

真面目で誠実であるので、結婚相手や恋人にしたら一人の人を愛する良きパートナーとなります。

自分から裏切るようなことはせず、いつも相手のことを優先するので、包み込むような優しさを持っています。

どんなに仕事が忙しくても、決して家族のことを忘れず、全力で愛情を注ぐことができる人です。

精神的に成熟している人が多いため、ゴールドの人の場合、プラトニックな恋愛が成り立ちます。

体の関係がなくても、何年も一人の人を愛することのできるピュアなハートを持っています。

また、相手のことを心から信用するため、より良い関係を築くことができます。

8. 金色の人間関係の注意点

金色の人間関係の注意点

金色の人が人間関係で注意すべきことは、人に騙されるなということです。

金色の人は、ビジネスマンとしては一流の人間であり、仕事の勘が鋭く、人を裁く力、物事を正しく決める決断力などを生まれながらにして持っていますが、反面、他人を思う優しさや気遣う心といった人間らしい心も持ち合わせています。

そのため、人の情に流されやすい面を持っており、人に付け込まれる場合があります。

ただでさえ、金色の人は巨万の富を持つ人や有名人という魅力的な肩書の人が多いので、お金目当てによって来る人間はたくさんいます。

そのため、信頼できる人だと思っても、実はそれは金色の人を騙すための仮の姿だったという場合も多く、裏切られてしまうことが多く起こるでしょう。

人間不信に陥りやすくなるため、お金持ちになってから知り合った人には気を付けましょう。

9. 金色の効果と効用

金色の効果と効用

金色を見ると、自分の意識を高くもつことができます。

金色とは、成功を象徴する気高き色です。

そのため、この色を見ると、自分の怠け心を律して、再び志を高く掲げ、前を向いて進むことができます。

また、金色とは選ばれしものを象徴する色です。

金色をみると、世界平和などといった、みんなのために何かできることはないか考えるきっかけをもたらします。

無償の愛を惜しみなく周りに与え、そこに喜びを感じ、他人と手を取り合って生きていくことに意義を見いだすことでしょう。

金色を見ると、とにかく自分の範疇を超える偉業をこなせるような気分になります。

金色をみることで、自分の知らない気高き自分の心が芽生えてくるかもしれません。

志を高く持ちたいときは、金色のものを身に着けてみてはいかがでしょう。

10. 金色と相性がいい色

金色と相性がいい色

金色と相性が良いのは、オレンジです。

オレンジは天真爛漫な人が多く、無邪気な人が多いため、ゴールドの人の心を癒してくれます。

金色の人は、仕事のできる人が多く、常に第一線で活躍する人が多いので、ストレスを抱えている人が多くいます。

そんな常に勝負の世界に身を投じている金色の人は、オレンジの人がもつ天真爛漫さに癒しを感じ、一緒にいると心地よさを感じることができます。

オレンジの人といると、素の自分がみせられる、いつの間にかホッとするような安心感をもつ場合が多く、オレンジの人が自分にとって大切な人だと気付くことでしょう。

オレンジの人は明るく社交的な人が多いため、金色と似ているところがあります。

オレンジの人の計算のない、心からの笑顔にたちまち虜となることでしょう。

まとめ

まとめ

金色を選んだあなたは、仕事に関しては誰も到達したことのない素晴らしい偉業を達成することでしょう。

しかし、プライベートでは人に騙されやすい危うさを持っています。

悪い人をどれだけ自分の人生から排除できるかが、プライベートを充実させるカギを握ります。

悪い人に捕まってしまうと、あなたに多大なストレスを与え、人生が悪い方向へと転じてしまいます。

しかし、悪い人に捕まらなければ、よりよき人間関係を築き、楽しい人生を送ることができます。

あなたのお金に群がってくる人は、どんな人でも排除しましょう。

例え、子供であれ、年よりであっても、いろんな理由をつけてお金を貸してほしいと言われたら、その時点で、その人との関係は絶った方がよいでしょう。

金色とは色の中でもひときわ光輝いている色です。

色の中で最も目立つ色であり、ライオンが百獣の王だというなら、金色は色の世界の王様だと言えるでしょう。

オリンピックで最も成績の良かった人に贈られる金メダルを見ても分かるように、金色は何かと一番であることを象徴させる色です。

さて、この金色にはどんな深い意味が隠されているのでしょう。


色占いにおける金色とは

金色とは金メダル、金賞という言葉があるように、最も成功をおさめた人に贈られる色です。

つまり、金色とは成功者を現す色となっています。

王様の王冠も金色に輝くものが多いことからも、権力を象徴する色であるともいえます。

金持ち、成功、豊かさ、努力、権力、心の余裕といったものを現す色となっています。

お金に関しても金持ちなどを現すのに最も適した色ですが、心の充実感や豊かさを現す色でもあります。

お金持ちを現す低俗な意味ではなく、人としての気品があることを意味する色でもあるのです。

この色を選ぶ人には、巨万の富を持っていても、自分の富みを自慢し、地位と名誉にしがみつくような人はいません。

むしろ、地位や名誉などにこだわらず、ただひたすら努力し、成功を収めることを願う人が多いです。

周りに協調し、決して自分が権力をもっても、その力を気ままに振りかざすことなく、人のため世のために自分を犠牲にできることを意味します。

金色が現す人間性は最も尊き気品あふれる人だと言えるでしょう。

金色の方に向いている仕事

金色の人に向いている職業は、ビジネスマンです。

才能あふれた人なので、どんな職業でも努力し、一流の人間になることができますが、ビジネスマンになれば、その才能によって巨万の富を入れることでしょう。

なんのコネもなしに、一から努力を積み重ねて、瞬く間にトップの座につける人です。

生まれ持った才能と一流の雰囲気を持ち合わせ、さらに努力をするため、誰も太刀打ちできないほどの地位を築きあげることでしょう。

トップアーティストの中には、キラキラとした衣装に身を包む人もいます。

その人は無意識にその色を選んでいるのでしょうが、常にトップを走り続けたいとする心がこの色を選んでいるのかもしれません。

人気がものをいう芸能の仕事や商売がとても適しています。

自分の実力がものを言う世界にはいれば、一流のビジネスマンとして積極的に行動して、大きな富を掴みます。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月02日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!