占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180119154831.html
【色占い】ワインレッドが好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴

【色占い】ワインレッドが好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴 | SPITOPI

SPITOPI
【色占い】ワインレッドが好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴

スポンサーリンク

ワインレッドとは、赤ワインの色のことです。

つまり、赤紫色。

大人な雰囲気を醸し出すこの色にはどんな意味がこめられているのでしょう。

「最近、急にこの色が好きだなぁ」と思う時は、あなたの心の何かが現われてきている証拠です。

さて、ワインレッドにはどんな意味が込められているのでしょう。

  • 色占いにおけるワインレッドとは
  • ワインレッドの方に向いている仕事
  • ワインレッドが好きな人の心理
  • ワインレッドが好きな人の恋愛傾向
  • ワインレッドの人の特徴や性格【品のある華やかな場所が好き】
  • ワインレッドの人の特徴や性格【わがままを言うのは大人のすることではない】
  • ワインレッドの人の特徴や性格【全てのことに全力投球】
  • ワインレッドの人間関係の注意点
  • ワインレッドの効果と効用
  • ワインレッドと相性がいい色
  • ワインレッドを選んだ人にアドバイス

1. 色占いにおけるワインレッドとは

色占いにおけるワインレッドとは

色占いにおいてワインレッドとは、華やかさと神秘性、そして熱い愛情を持っている色です。

また、ワインレッドといっても明るい色をした赤紫色と暗い色をした赤紫色があります。

明るい色をした赤紫色の場合、柔軟性や優しさを現し、暗い色をした赤紫色の場合、プライドや重厚感、気品を現しています。

また、悪い意味も持ち合わせており、明るい色をした赤紫色の場合、落ちつかない心を現し、暗い色をした赤紫色の場合はプレッシャーやストレスを現す色となります。

全体としては、大人の雰囲気を持ち合わせている色であるため、心の奥の情熱的なものを秘めていても、それをあえて出さないような神秘性をもつ人が好む色です。

つまり、色占いでワインレッドが出てきたら、心の奥に熱いものを感じる何かを持っているのかもしれません。

自分でも気づかないような心の熱い想いが、このワインレッドには含まれています。

最近、心が躍るような刺激的な何かがありませんでしたか?または昔から様々なことに情熱をそそぐタイプではないですか?ワインレッドには、心の奥にそっとしまっている燃えたぎるような熱い想いが反映されています。

2. ワインレッドの方に向いている仕事

ワインレッドの方に向いている仕事

ワインレッドの人に向いている仕事は色の具合によって少し変わってきます。

明るい色をした赤紫色の場合は、芸術家や人の助けるような看護師や医師といった医療従事者の仕事が向いています。

また、この色を選ぶ人は人を助けるボランティアなどにも興味を抱く傾向があります。

自分の力が少しでも他の人に役立てることができたならと、使命感をもって仕事に臨むことでしょう。

また、暗い色をした赤紫色の場合は、いわゆるサラリーマンが適しているようです。

営業成績が売り上げを決めるような、自分の実力が試される営業などの仕事が向いてます。

どの職業についても、自分が就いた職業には責任感をもって最後まで全うします。

途中で放棄したり、いい加減な気持ちで仕事に臨むことはないので、無遅刻無欠席、そして仕事中の態度も良いため、大きな仕事を任せられることも多いでしょう。

仕事を任せたら、成功に導く力を持つ人のため、周りからの信頼も厚いです。

3. ワインレッドが好きな人の心理

ワインレッドが好きな人の心理

「ワインレッドが急に好きになったなぁ」「心が引かれるなぁ」という人は、最近、心を動かされるような刺激的な出来事が起こりませんでしたか?この色は情熱的な赤色とは、また少し違って、紫によって赤色が少しカバーされた色となっています。

このワインレッドが現すこととは、赤色のような情熱的なハートを強く持ってはいるけれど、それを隠して楽しんでいたり、人知れず努力していたりすることを現しています。

赤色を好む人の場合、自分の夢について周囲に熱く語るタイプの人が多いですが、ワインレッドの場合は、自分に夢があっても、余程信頼している人にしか打ち明けなかったり、もしくは誰にも言わずに黙々と陰で目標達成のために一人努力するような人が多いです。

心に秘めた熱い感情をもっているので、その部分が見え隠れして、その人の神秘的な魅力を高めます。

親しくしていても、その人のことを分かったつもりで、まだ分からない、どこかつかめない神秘的な部分を持っています。

4. ワインレッドが好きな人の恋愛傾向

ワインレッドが好きな人の恋愛傾向

ワインレッドが好きな人の恋愛は、ずばり情熱的な恋だけれど、それをあからさまに見せつけない大人の恋です。

このワンレッドを好きな人は、若い頃のような相手の心を無視して、自分の想いで突っ走ってしまうような情熱的な恋ではなく、心から愛しているけれど、相手の事情を考慮して、相手の都合や感情に合わせることのできる大人の恋を現します。

このワインレッドを好きなあなたは、どんなに相手のことが好きでも、相手に迷惑だと分かれば、しっかりと自分の心にブレーキをかけることができる人が多いです。

恋をしながらも自分の感情をしっかりとコントロールすることができます。

しかし、悪い場合もあり、心の中でどんなに相手のことが好きでも、自分の心を奥にとじこめてしまうところがあるので、片思い中の人は、なかなかあなたの想いは相手に伝わらないかもしれません。

見るからに、「この人はあの人のことが好き」と分かってしまうような態度をとらないため、相手の人もあなたに告白を受けるまでは、自分に恋をしていることに気付かないでしょう。

そのため、その場の流れでなんとなく恋人に進展するようなことは起きません。

恋人になってほしいなら、しっかりと言葉で告白するしかないようです。

5. ワインレッドの人の特徴や性格【品のある華やかな場所が好き】

ワインレッドの人の特徴や性格【品のある華やかな場所が好き】

ワインレッドの人は、品のある華やかな場所が好きな傾向があります。

海外に遊びに行くにしても、貴族文化の残るイギリスなどのヨーロッパ圏に心を強く惹かれることでしょう。

そして、海外旅行といっても、絶対に、バックパッカーをするような旅に興味を抱くことはありません。

高級ホテルに泊まり、五つ星レストランで食事をとるような観光旅行を好む傾向にあります。

品のないことが嫌いなため、身だしなみを整えていない人、自己管理がしっかりとできない人に激しい嫌悪を抱きます。

また、華やかな場所や地位が好きですが、決して自分が表にたつことを良しとしません。

ワインレッドが好きな人は一流の人になりたくて努力しますが、地位と名誉を手に入れたとしても、テレビに出たり、周りの人に言いふらすといった目立つ行動はとらず、どちらかというと、自分の心の奥底でその立場に酔いしれることを好みます。

自分は一流の人になったという自己満足で完結するので、周りの評判は気にしません。

6. ワインレッドの人の特徴や性格【わがままを言うのは大人のすることではない】

ワインレッドの人の特徴や性格【わがままを言うのは大人のすることではない】

ワインレッドの人は、わがままを言うのは大人のすることではないと思っています。

ワインレッドが好きな人は、子供じみたことや行動を嫌い、心に余裕のある大人の態度を好みます。

そのため、わがままを言うことはせず、自分よりも他人を優先して考えてしまうところがあります。

どんな状況でもそのような態度をとれる人です。

例えば、沈没しそうな船に自分が乗っていても、我さきに救命ボートにしがみつこうとする人ではなく、必ず他の人に救命ボートを譲ることができる人です。

どんなときも事故を犠牲にしてまで、他人に配慮しが行動のとれる紳士や淑女が多いです。

そんな性格では、常日頃から損をしてしまう役回りになることが多いですが、やはりそうであってもその行動をやめることは絶対にしません。

なぜならば、そういった自分の欲望やわがままを押し付ける行動は、自分の人としての品格を下げる行動であり、それは自分のプライドが許さないからです。

7. ワインレッドの人の特徴や性格【全てのことに全力投球】

ワインレッドの人の特徴や性格【全てのことに全力投球】

ワインレッドの人は、全てのことに全力投球できる人です。

一見、大人でどこかクールに見える人が多いですが、実際の物事への取り組み方をみると、その力の入れように驚愕することでしょう。

熱い情熱で物事に取り組むため、こだわりや細かいところまで行き届いた仕事をこなします。

どんなことに対しても、任せられた仕事は完璧にこなし、そして自分の心を充実させることができる人です。

嫌な顔を一切見せず、クールに淡々と、ハードな仕事を次々とこなしていくことでしょう。

そんなワインレッドの人は周りからの評判がよく、責任ある立場を任されることが多くなります。

そして、その期待を裏切ることはない、素晴らしい成果を残せる人がワインレッドの人です。

自分の感情に左右されずに、常に周りに配慮できるので、良い上司になることでしょう。

気分屋で機嫌をみなくてはいけない上司とは違い、心から信頼できる上司となれる人です。

8. ワインレッドの人間関係の注意点

ワインレッドの人間関係の注意点

ワインレッドが好きな人の人間関係の注意点は、感情を抑えすぎると、何を考えているのか相手に伝わらず、誤解をうけてしまう恐れがあることです。

例えば、恋愛でいうなら、相手のことを深く愛しており、相手を思う情熱は誰にも負けないくらいの激しい感情をもっているのに、それが相手にいまいち伝わらず、相手はあなたと自分との関係を少し冷めた関係になってきていると思ってしまうところがあります。

なぜ、このようなことが起きるのかというと、あなたの大人すぎる対応が原因で起こります。

自分の感情に流されることがなく、常に相手に先を譲る性格のため、どこかその気遣いが他人行儀のように感じてしまうのです。

恋人がいるのなら、もう少し、わがままな自分をあえて演じてみるのもよいでしょう。

帰る時間がきても「帰らないで」「ずっと一緒にいたい」など、理性を失ってしまったようなわがままを言うと、恋人の心に響くものがあるでしょう。

友人関係にも似たようなことがいえ、どんなに仲良くなっても友達に甘えることがあまりありません。

気遣いばかりだと他人行儀に見えるときがあり、相手も寂しく思うかもしれません。

何か困っていることがあれば、友達に頼ってみたり、甘えてみてはどうでしょう。

9. ワインレッドの効果と効用

ワインレッドの効果と効用

ワインレッドは人の心を癒す力を持っています。

仕事でのプレッシャーに押しつぶされそうになっているとき、過密なスケジュールで多忙な毎日を送っているとき、人間関係が良好でないとき、このワインレッドを見ると、心が癒され普段の心の疲れをとることができます。

赤色のような激しい感情を直に現す色とは違い、激しい感情を包み込むような色のため、見ていても鬱陶しさを感じません。

落ちついた色のため、ゆっくりとあなたの心を癒してくれることでしょう。

ワインレッドは寝室の布団のカバーやシーツにこの色を取り入れると、安眠できます。

また、寝室のカーテンなどに取り入れても良いでしょう。

ワインレッドには、心を落ち着かせる、優しさをもった色です。

あなたの心が毎日の生活で疲れている分だけ、その効果を発揮することでしょう。

普段はなんとも思わない色であっても、自分が疲れているとき、癒しが欲しいと思う時、ふとした拍子にこのワインレッドの色にハマってしまうかもしれません。

10. ワインレッドと相性がいい色

ワインレッドと相性がいい色

ワインレッドと相性がいい人は、オレンジです。

オレンジは子供のような無邪気さを伴う色で、天真爛漫な様子を象徴しています。

大人の雰囲気を漂わせるクールなワインレッドとは対極にあるような色ですが、実はこのオレンジとワインレッドとは、とても相性がよいのです。

ワインレッドの人は、良くも悪くも、自分の感情を表にださない傾向があります。

そのため、何かのきっかけがない限り、自分の感情を表に出して話すようなことはありません。

そのため、同じようなクールな人とお付き合いをすると、お互いに自分の本当の気持ちをつかめないまま、平行線の関係を続けてしまうことがあります。

オレンジの人の場合だと、ワインレッドの人はオレンジの人のわがままに振り回されて困らされることが多くなりますが、自分の感情を常に正直にぶつけてくるため、自分の意見もいいやすくなります。

そして、自分の感情を吐露することで、お互いに心が歩みより、堅い絆に変わるといったことが起こりやすいのです。

ワインレッドの人は、普段口に言えないことをオレンジの人には言えるため、居心地の良さを感じることでしょう。

また、オレンジの人も自分のわがままに付き合ってくれるため、包容力を感じ、同じく居心地の良さを感じます。

11. ワインレッドを選んだ人にアドバイス

ワインレッドを選んだ人にアドバイス

ワインレッドを選んだあなたは大人の雰囲気に憧れを抱く人、あるいはそういう雰囲気を醸し出せる人になりたいと思っているようです。

情熱的な気持ちを持ちながらも、しっかりと自分の気持ちをコントロールできるような大人の余裕がもてる人でありたいと思っています。

決して私利私欲で自分の欲望に溺れることはないので、称賛すべき心です。

このままの自分を貫いて過ごしていくと、自然と周りから信頼を受け、親しまれていくことでしょう。

また、気心知れた仲間や恋人には、少しわがままを言った方がよしとします。

普段、わがままを言わないあなたが、わがままを言ってくれたと喜んでくれることでしょう。

ワインレッドとは、赤ワインの色のことです。

つまり、赤紫色。

大人な雰囲気を醸し出すこの色にはどんな意味がこめられているのでしょう。

「最近、急にこの色が好きだなぁ」と思う時は、あなたの心の何かが現われてきている証拠です。

さて、ワインレッドにはどんな意味が込められているのでしょう。


色占いにおけるワインレッドとは

色占いにおいてワインレッドとは、華やかさと神秘性、そして熱い愛情を持っている色です。

また、ワインレッドといっても明るい色をした赤紫色と暗い色をした赤紫色があります。

明るい色をした赤紫色の場合、柔軟性や優しさを現し、暗い色をした赤紫色の場合、プライドや重厚感、気品を現しています。

また、悪い意味も持ち合わせており、明るい色をした赤紫色の場合、落ちつかない心を現し、暗い色をした赤紫色の場合はプレッシャーやストレスを現す色となります。

全体としては、大人の雰囲気を持ち合わせている色であるため、心の奥の情熱的なものを秘めていても、それをあえて出さないような神秘性をもつ人が好む色です。

つまり、色占いでワインレッドが出てきたら、心の奥に熱いものを感じる何かを持っているのかもしれません。

自分でも気づかないような心の熱い想いが、このワインレッドには含まれています。

最近、心が躍るような刺激的な何かがありませんでしたか?または昔から様々なことに情熱をそそぐタイプではないですか?ワインレッドには、心の奥にそっとしまっている燃えたぎるような熱い想いが反映されています。

ワインレッドの方に向いている仕事

ワインレッドの人に向いている仕事は色の具合によって少し変わってきます。

明るい色をした赤紫色の場合は、芸術家や人の助けるような看護師や医師といった医療従事者の仕事が向いています。

また、この色を選ぶ人は人を助けるボランティアなどにも興味を抱く傾向があります。

自分の力が少しでも他の人に役立てることができたならと、使命感をもって仕事に臨むことでしょう。

また、暗い色をした赤紫色の場合は、いわゆるサラリーマンが適しているようです。

営業成績が売り上げを決めるような、自分の実力が試される営業などの仕事が向いてます。

どの職業についても、自分が就いた職業には責任感をもって最後まで全うします。

途中で放棄したり、いい加減な気持ちで仕事に臨むことはないので、無遅刻無欠席、そして仕事中の態度も良いため、大きな仕事を任せられることも多いでしょう。

仕事を任せたら、成功に導く力を持つ人のため、周りからの信頼も厚いです。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月02日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!