占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180119154815.html
【色占い】ボルドーが好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴

【色占い】ボルドーが好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴 | SPITOPI

SPITOPI
【色占い】ボルドーが好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴

スポンサーリンク

色の中でも、ワインの産地として知られるボルドーが好きな人には、どのような性格や恋愛の傾向があるのか、その特徴を理解することができる項目など例を挙げながら、対人関係に役立つアドバイスなども交え、ご紹介します。

  • 色占いにおけるボルドーとは
  • ボルドーが好きな人に向いている仕事
  • ボルドーが好きな人の心理
  • ボルドーが好きな人の恋愛傾向【リスペクトで恋に落ちる】
  • ボルドーが好きな人の恋愛傾向【包容力を期待される】
  • ボルドー好きな人の特徴や性格【落ち着いている】
  • ボルドー好きな人の特徴や性格【伝統を重んじる】
  • ボルドー好きな人の特徴や性格【ロマンチック】
  • ボルドー好きな人の特徴や性格【社交性がある】
  • ボルドー好きな人の特徴や性格【ブランド志向】
  • ボルドー好きな人の人間関係の注意点【プライドが高い】
  • ボルドー好きな人の人間関係の注意点【他人に押し付ける】
  • ボルドーの効果と効用
  • ボルドーと相性がいい色【白】
  • ボルドーを選んだ人にアドバイス
  • まとめ

1. 色占いにおけるボルドーとは

色占いにおけるボルドーとは

色占いにおけるボルドーとは、多くの場合はワインの原産地であるイメージから引用され、収穫や成熟の象徴として、深層心理に作用します。

また、その色は赤よりも深い中間色で、光の差し方によって濃厚なピンクのように見えたり、茶色のように見えることもある繊細な色で、多くの人が一般的に一番好きな色として選ぶ色ではないことから、自分の主張が強い性格を表しています。

ファッションの世界では、秋冬になると取り入れられる傾向がありますが、それは夏の開放感から少し落ち着きを取り戻したい心理描写を表しており、大人の落ち着きを表現する色でもあります。

2. ボルドーが好きな人に向いている仕事

ボルドーが好きな人に向いている仕事

ボルドーが好きな人に向いている仕事といえば、大人の対応を求められる環境で、自分の仕事を淡々と行えるような仕事が向いています。

また、女性であっても男性と対等と渡り合える才覚を持ち合わせていることも多いので、秘書のように誰かのサポートに回るよりは、対等の立場で自分の個性を打ち出すことで、仕事の充実を実感できる傾向があります。

具体的には、例えば弁護士のように、これまでの判例を尊重しながら、お金や情に流されることなく、自分の見解を主張するような仕事が向いています。

いずれにしても、ありがちな仕事で落ち着いてしまうことなく、自分の個性を出す職に就くことをお勧めします。

3. ボルドーが好きな人の心理

ボルドーが好きな人の心理

ボルドーが好きな人の心理は、他人と同じではつまらないという、ある種の我の強さを持ちながら、ビビットな個性で他人の注目を引こうとするのではなく、他人の個性を否定したくないという社会性も持ち合わせている傾向があります。

また、一般的に他人とは違うそんな要素があると、不安に感じてしまう人は多いですが、ボルドーを好む人はそのことをむしろ誇りに思う場合が多いので、独立心が強い人と表現することもできます。

そのため、どこか孤高の雰囲気を放っていることもあり、末っ子タイプの甘え上手な性格の人たちに頼りにされますが、嫌な気はしない懐の深さがあります。

4. ボルドーが好きな人の恋愛傾向【リスペクトで恋に落ちる】

ボルドーが好きな人の恋愛傾向【リスペクトで恋に落ちる】

ボルドーが好きな人の恋愛傾向の一つとして、外見やお金などで異性に惹かれるのではなく、相手をリスペクトすることで恋に落ちるケースがあります。

仕事や趣味の世界などで、その人が積み上げてきた歴史に敬意を払い、魅力を感じるので、時に周囲が驚くような年齢差があったり、外見的にみんなからモテるようなタイプではない異性でも、全く気にすることなく恋愛を始めることがあります。

それはまるで、伝統と職人技の結晶であるボルドーワインを愛するかのように、時間をかけて作り上げた独特の個性にのめり込んでいきます。

5. ボルドーが好きな人の恋愛傾向【包容力を期待される】

ボルドーが好きな人の恋愛傾向【包容力を期待される】

ボルドーが好きな人の恋愛として、ありがちなのが、その大人びた雰囲気から、きっと包容力の塊のような人だろうと期待され、相手に甘えられる恋愛スタイルになりがちなことです。

女性であればたまには相手に甘えたいと思い、かなり年齢が上の男性と付き合ってみたものの、最初のそのような雰囲気で恋が始まるものの、次第にその関係性が逆転し、いつのまにか自分が甘えさせてあげる側になってしまう傾向があります。

これはボルドーを好む人特有の深みのある印象が、仮に本人は無自覚であっても、相手を包容力で包み込んでしまうために生じる現象です。

6. ボルドー好きな人の特徴や性格【落ち着いている】

ボルドー好きな人の特徴や性格【落ち着いている】

ボルドーを愛する人は、相手に落ち着いた印象で見られがちです。

外見的にも、実年齢によりも上に見られることが多いですし、話し声も低い傾向があるので、実際に話した印象も年齢のわりに落ち着いた印象を与えることが多いです。

なぜそのような傾向が見られるのかといえば、例えば、自分が親代わりとして下の兄弟の世話をする必要があった長男や長女など、そうした過去の経験が大人びた性格の形成に影響を与えているケースもあり、本当はもっと甘えたかった母親の乳首の色の象徴として、無意識にボルドーを求める心理が働いています。

7. ボルドー好きな人の特徴や性格【伝統を重んじる】

ボルドー好きな人の特徴や性格【伝統を重んじる】

ボルドーを好む人の特徴として、伝統を重んじる要素は、一般的な傾向として挙げられます。

フランスの南西部の都市であるボルドーは、古くからワインの貿易によって栄えた港町としても知られていますが、そのような街に生まれたボルドーワインのイメージカラーに惹かれている人は、長い年月をかけて培われた歴史や伝統に、心を奪われる傾向があり、一時の流行りに飛びつくようなことはありません。

それゆえ、世間一般では定番とされるアイテムとなり、ファッションや生活スタイルとして地味な印象を与えることもありますが、実はこだわり抜いた逸品揃いということもしばしばです。

8. ボルドー好きな人の特徴や性格【ロマンチック】

ボルドー好きな人の特徴や性格【ロマンチック】

ボルドーを好む性格の人は、伝統や歴史に裏打ちされた物語を好む傾向があるので、ロマンチックな世界観を好む傾向があります。

例えば食器ひとつとってみても、見た目でわかる色彩や造形的な美しさよりも、なぜそのような食器を作ろうとしたのかという作家の思い入れや、その食器が作られた時代背景などに思いを馳せ、それによって対象に強い関心を抱く傾向があります。

そのような傾向はSNSなどからも伝わり、時に一人の世界に入ってしまうために、ポエム好きなどと揶揄されてしまうこともありますが、本人は揶揄されていることすら気づかないことも多いマイペースぶりを見せます。

9. ボルドー好きな人の特徴や性格【社交性がある】

ボルドー好きな人の特徴や性格【社交性がある】

ボルドー好きな人の特徴として、社交性がある一面もお伝えしなければなりません。

それはワインを酌み交わすイメージから来ており、大人びた雰囲気を壊すことを自他共に許すことができる、お酒の席で主に発揮されます。

最初は相手を緊張させてしまったり、とっつきにくい印象を与えてしまったとしても、酒の席を設けることで相手と打ち解けられることを知っているこの性格の人は、酒の席で自分の印象を良くする傾向があります。

落ち着いた雰囲気をマイナスに取られてしまうと、堅物でつまらない人と思われてしまいがちですが、実際は社交性を備えていることも多いです。

10. ボルドー好きな人の特徴や性格【ブランド志向】

ボルドー好きな人の特徴や性格【ブランド志向】

ボルドー好きな人は、ワインの名産として名高いこのエリアの印雰囲気を好むイメージから、ブランド志向に走る印象を与えてしまうこともあります。

また実際に、自分のことを中身のない人間だと考えてしまうコンプレックスを抱えている人が、重厚で深みのある人間性の印象を偽装するために、ボルドーのの服や口紅を用いることがあることからもわかるように、すでに社会的評価のあるものの力を借りようとする精神的弱さが見え隠れすることがあります。

もちろん誰しも自分をより魅力的に、また知的に見せたいものですので、批判すべきことではありません。

11. ボルドー好きな人の人間関係の注意点【プライドが高い】

ボルドー好きな人の人間関係の注意点【プライドが高い】

ボルドー好きな人の人間関係の注意点として、挙げたいのは、プライドの高さが邪魔をして、知らないうちに相手に引かれてしまうことがあることです。

そこから読み取れるのは、知識や経験を携えた自分を敬いなさいというプライドの高さであり、何をするにおいても自分が一番でなければ機嫌が悪くなってしまう一面があります。

ボルドーが象徴する豊かな収穫のイメージは、他人のためにもその収穫した知識や経験を活かすことで、リスペクトされたり感謝が生まれるものですが、自分の誇りとしてそれを誇示すれば、毛嫌いされてしまうのは当たり前です。

12. ボルドー好きな人の人間関係の注意点【他人に押し付ける】

ボルドー好きな人の人間関係の注意点【他人に押し付ける】

ボルドー好きな人が人間関係を育む上で、注意しなければならないのは、自分の価値観を他人に押し付けることです。

ボルドー好きな人は、自分が興味のあることに関する学習を惜しまない人が多いので、正しい知識を身につけ、それがいかに価値のあることかを理解しますが、そのような教養を身につけていない人は、自分が愛する対象を軽視することもあるので、その瞬間に烈火の如く怒り狂う傾向があります。

それはまるで、生産数の少ない高級なボルドーワインを安酒扱いされ、がぶ飲みされたかのように、自分の愛するものへの誇りを守るために、仲違いすることがあります。

13. ボルドーの効果と効用

ボルドーの効果と効用

ボルドーの効果と効用として挙げられるのは、色に内包される落ち着いた雰囲気を拝借することで、TPOに合わせ、効果的に自分を演出することができます。

色が与える印象というのは、社会的にも軽視すべきことではなく、自分や会社の印象を形成する上でとても大切な要素ですので、ボルドーを効果的に使うことで、信頼できる人間性を印象づけることができます。

また日本の色彩感覚では、えんじ色やあずき色が近い色として挙げられますが、元々は紫が高貴な色だった日本の歴史を紐解いてみても、それに類するボルドーの色は、きちんと接するべき人間としての印象を与える効果があります。

14. ボルドーと相性がいい色【白】

ボルドーと相性がいい色【白】

赤や紫や茶色が混ざったような繊細な色であるボルドーは、その色に強い影響を与えることなく、引き立てることができる色と、相性が良いです。

そういった意味で一つ挙げるとすれば、白が最も適した色であり、黒のように暗い印象に落ち着かせてしまうよりも、白の効果で華やかに見せる方が、より効果的です。

これは褐色の肌よりも、美白の肌に差し色としてボルドーの口紅を使った方がよく映えることからも明白であり、艶めいたセクシーさも醸し出すことができます。

15. ボルドーを選んだ人にアドバイス

ボルドーを選んだ人にアドバイス

色占いなどでボルドーを選んだ人に、アドバイスすることがあるとすれば、その培われた包容力や洞察力を、自分よりも弱い人たちのために活かし、世の中をより良くすることで、酒の席を設けたくなるような出会いが生まれ、朽ちることのない芳醇な人間関係を保つことができることを、心得ていてほしいということです。

プライドの高ささえ邪魔しなければ、決して難しいことではありませんので、自分に備わった性質を活かせる生き方をしましょう。

また一方で、包容力を示しすぎると、自分が疲れてしまうので、自分にも優しくすることを忘れないで下さい。

まとめ

まとめ

ボルドーを好む人に関する特徴や性格傾向について、まとめてみました。

ワインの原産地がその色の由来となっているために、その地域やワインに関するイメージが深層心理に描かれた特徴が多いですが、これまでは特にボルドーに関心がなかった人でも、ボルドーを効果的に使うことで大人の魅力を演出することができますので、特別な日の心強い味方として、または日常生活でも、ぜひ取り入れてみて下さい。

色の中でも、ワインの産地として知られるボルドーが好きな人には、どのような性格や恋愛の傾向があるのか、その特徴を理解することができる項目など例を挙げながら、対人関係に役立つアドバイスなども交え、ご紹介します。


色占いにおけるボルドーとは

色占いにおけるボルドーとは、多くの場合はワインの原産地であるイメージから引用され、収穫や成熟の象徴として、深層心理に作用します。

また、その色は赤よりも深い中間色で、光の差し方によって濃厚なピンクのように見えたり、茶色のように見えることもある繊細な色で、多くの人が一般的に一番好きな色として選ぶ色ではないことから、自分の主張が強い性格を表しています。

ファッションの世界では、秋冬になると取り入れられる傾向がありますが、それは夏の開放感から少し落ち着きを取り戻したい心理描写を表しており、大人の落ち着きを表現する色でもあります。

ボルドーが好きな人に向いている仕事

ボルドーが好きな人に向いている仕事といえば、大人の対応を求められる環境で、自分の仕事を淡々と行えるような仕事が向いています。

また、女性であっても男性と対等と渡り合える才覚を持ち合わせていることも多いので、秘書のように誰かのサポートに回るよりは、対等の立場で自分の個性を打ち出すことで、仕事の充実を実感できる傾向があります。

具体的には、例えば弁護士のように、これまでの判例を尊重しながら、お金や情に流されることなく、自分の見解を主張するような仕事が向いています。

いずれにしても、ありがちな仕事で落ち着いてしまうことなく、自分の個性を出す職に就くことをお勧めします。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月02日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!