占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180118140948.html
【色占い】白色が好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴

【色占い】白色が好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴 | SPITOPI

SPITOPI
【色占い】白色が好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴

スポンサーリンク

色占いにおいて白色とはどんな意味をもつのでしょう。

また、白色を好む人にはどんな性格や恋愛傾向、特徴などをもつのでしょうか。

もし、あなたの身近な人に白色が好きな人がいるのなら、これを読めばその人の本当の姿が分かるかもしれません。

白色の人とはどのようにお付き合いしていけばよいのか参考にしてみましょう。

  • 色占いにおける白色とは
  • 白色の方に向いている仕事
  • 白色が好きな人の心理
  • 白色が好きな人の恋愛傾向
  • 白色の人の特徴や性格【自分の信念を最後まで貫ける人】
  • 白色の人の特徴や性格【曲がったことが大嫌いな人】
  • 白色の人の特徴や性格【絶対に裏切らない信頼できる人】
  • 白色の人間関係の注意点
  • 白色の効果と効用
  • 白色と相性がいい色
  • まとめ

1. 色占いにおける白色とは

色占いにおける白色とは

色占いにおいて、白色とは何色にも染まっていない色であるため、自我を貫くマイペースな部分をもつ人間であることを意味しています。

また、物事に対し、一途ではあるものの、どこか常に冷静で取り乱すことがありません。

何か一つ好きなことがあっても、我を忘れるほど熱中することはなく、淡々と冷静にそのことに集中してこなしていきます。

心を動かされるような熱い気持ちを持つといったことはあまりなく、常に冷静、かつ慎重に物事に取り組みます。

また、白とは神聖な色を現す色であり、穢れた心を持たず、いつまでも純真な心をもって生きていくことができます。

どんなに自分の理想とる生活が送れなくても、その逆境をバネにして、努力を重ねて道を切り開いていこうとする力強さを持っています。

白色が好きな人は、たとえ幼少期に家庭環境が複雑であっても非行の道に走るようなことはしません。

自分をしっかりと持ち、そして感情的になることがなく、常に冷静なため、淡々と今の自分がすべきことをこなしていくことができます。

白色とは自分を貫く真っすぐな心、冷静に物事を見つめることに長けていることを現す色です。

2. 白色の方に向いている仕事

白色の方に向いている仕事

白色の人に向いている仕事は、ずばり、人を指導する立場となる職業です。

教師や聖職者といった人を導く立場となる職業が向いています。

白色が好きな人は、堅実で誠実な人が多く、人に頼られたり信頼されやすい人が多いです。

しかし、自分の対してだけでなく、他の人に対して完璧を求めてしまうと、鬱陶しく思われることがあります。

そのため、会社の経営者になった場合、社員を教育する良き指導者となりますが、あまりにも仕事熱心であるがゆえに雇用者に反発をくらい、仕事をボイコットされることもあるでしょう。

しかし、教師や聖職者などの立場の場合、人を導くのが仕事であり、完璧に指導をしても反発をくらうことはないでしょう。

手を抜くことなく、努力し、理想的な指導者となるため、周りの人にも厚く信頼される人となるでしょう。

また、指導をしていく立場の自分に対して、自信をもつことができます。

また、人生を捨てているかのような自暴自棄になる人や不真面目に生きる人の気持ちが分からないため、カウンセラーなどの仕事は向いていないでしょう。

3. 白色が好きな人の心理

白色が好きな人の心理

白色が好きな人は真面目でクール、そして完璧主義者の人が多いと言われています。

白色とは何の色にも染まっていない純真な心を現す色であり、白色が好きな人の純粋で真面目な心を現しています。

不真面目なことを嫌い、また不真面目に生きている人に嫌悪感を抱きます。

自分の人生に対して真正面から受け止め、これからの自分の人生をしっかりと考えることができる人です。

理想の人生が送れるように、日頃から努力を怠りません。

そして、白色とは逆にどんな色でも染まってしまう色でもありますが、これはどんな考えを持つ人にであっても決してその色だけに染まらず、様々な考え方を受け入れる傾向にあることを意味しています。

一つの考え方に固執せず、柔軟に物事を考えることができるので、自分が良いと認めた考え方があれば、すぐに取り入れようとします。

そして、一つだけの考え方に猛進するようなことはないため、どこかクールな雰囲気を漂わせています。

白色が好きな人は、様々な考え方を受け入れますが、決して一つの考え方に絞ったりはせず、ちょうど良い具合に考え方を取り入れることができます。

4. 白色が好きな人の恋愛傾向

白色が好きな人の恋愛傾向

純粋な恋愛に強く憧れを抱く傾向にあります。

一夜限りの相手を求めるような恋に魅力を感じず、一人の人をとことん一途に愛するような恋愛を求めています。

不倫や浮気をするような人に全く共感を覚えられず、そのような不埒な行動をとる人のことを理解することができません。

自分自身も浮気や不倫をすることはなく、ずっと一生一人の人を愛することができます。

ただし、だからといって身を焦がすほどの情熱的な恋愛は求めていません。

穏やかに一緒に時を過ごせるような相手を求めています。

恋愛しても、自分自身を見失い、コントロールができなくなるようなことはなく、どこか常に自分のことを客観視できる人です。

一人の人を愛することはできるが、決してその愛に溺れて、自分を見失うようなことはしません。

また、自分の理想とする恋愛があって、恋人や結婚相手との関係をその理想に近づけることができるように努力する傾向にあります。

例えば、相手にずっとときめきを感じていられるように、共に過ごす生活に慣れてもオナラをしない、全裸で歩かないといったルールを決め、それを忠実に守り、理想の生活を続ける傾向にあります。

5. 白色の人の特徴や性格【自分の信念を最後まで貫ける人】

白色の人の特徴や性格【自分の信念を最後まで貫ける人】

白色の人の特徴や性格として、自分の信念を最後まで貫ける人であることが挙げられます。

どんな環境に置かれても自分が進む道はこれだと思ったら、どんなことが起きようと、逆境に耐えて自分の理想と貫ける人です。

我慢強さは人一倍強く、負けず嫌いな面ももっています。

必ず、やると決めたからには、途中で放棄して逃げ出すようなことはしません。

思わず、目を背けてしまいたくなるような逆境においても、しっかりと自分の置かれた立場を認識し、最後までやり遂げようとします。

真面目で実直な人が多いため、道にそれて人生を台無しにするようなことはしないでしょう。

自暴自棄になることもありません。

また、自分の信念を貫く一方で、様々な人の意見を聞いて、良いと認めたものは取り入れてみようとする気持ちも持ち合わせています。

自分の理想を実現するために、その他の人の意見が役立つようなら、意見を取り入れることもあるでしょう。

6. 白色の人の特徴や性格【曲がったことが大嫌いな人】

白色の人の特徴や性格【曲がったことが大嫌いな人】

白色とは神聖で純粋な心を現す色です。

純白のウエディングドレスといった処女性や新鮮で新しいことを現す色でもあります。

この白色を好む人は曲がったことが大嫌いな人が多くみられます。

白色が現すように、神聖で純粋な心を持っているからです。

曲がった心とは、穢れた心のことを指し、自分の欲望のままに生きたり、他の人の迷惑を顧みず自由に振る舞う人の心を指します。

白色を好む人はこういった人に強く反発し、嫌悪感を抱きます。

そのため、近づくことはないでしょう。

どんなに自分に不条理な現実を突きつけられても、どんなに人に裏切られても、決して自分の心を汚したり、ひねくれるようなことはありません。

絶対に自分はまけない、穢れた心を持たず、志を高くして生きていくという力強さを持っています。

曲がったことをする人や不真面目に生きる人がいれば、厳しく律することでしょう。

そして、逆に心が弱いために不真面目に生きてしまったり、人生を投げやりにして生きてしまった人からすれば、白色を好む人は鬱陶しい存在であり、遠ざけたい人物でもあります。

7. 白色の人の特徴や性格【絶対に裏切らない信頼できる人】

白色の人の特徴や性格【絶対に裏切らない信頼できる人】

白色の人の特徴や性格として、絶対に裏切らない信頼できる人であることが言えます。

曲がったことが嫌いなため、人を裏切るといった倫理観に背くような行動は絶対にとりません。

こうした人を恋人や結婚相手に選ぶと、一生大事にされることでしょう。

どんな魅力的な人が現われても、誘惑をしてきても、あなた以外の人に目を向けることはしません。

その代わり、情熱的な行動をとらないため、恋愛においては物足りなさを感じるかもしれません。

サプライズプレゼントで相手を喜ばせる、次にどんな行動を起こすのか分からない危うさを持っているといった、ハラハラドキドキさせてくれるような相手ではありません。

刺激的な恋愛を求めるのなら、白色を好む人は適した恋人とはいえないでしょう。

しかし、結婚をすれば、生活費を必ず渡したり、子供の面倒をしっかりと見てくれる家庭的な人になることは間違いありません。

ドラマチックな関係は望めませんが、波風の立たない平穏な生活を送れることは間違いありません。

白色を好む人は良きパパ、良きママになれる人です。

また、友人関係としては、穏やかな関係を築くことができ、信頼できる友人として良い友情を育んでいけることでしょう。

8. 白色の人間関係の注意点

白色の人間関係の注意点

白色の人間関係の注意点とは、自分を貫きすぎると痛い目に遭いやすいので、そこを注意しなければなりません。

白色の人はマイペースで曲がったことが嫌いな人であるため、全く違うタイプの人からは、「融通が利かない人だ」などと言われて嫌われてしまう傾向にあります。

自分が力のある上の立場であるときは、自分のペースを貫いてもよいですが、まだ力のない下の立場であるときは、自分のペースよりも相手のペースを優先させなくてはいけません。

この相手のペースを優先させるという行為が、なかなか上手にできないために上の立場の人ともめることがあるかもしれません。

あるいは「生意気な奴だ」などと言われて可愛がられない可能性もあります。

まだ、自分が下の立場であるときは、自分の心に嘘をついても相手に合わせるときも必要です。

どんどん出世していけば、必ず自分が力をもつ上の立場に立つ時がくるので、そのときまで苦しいときを乗り越えましょう。

9. 白色の効果と効用

白色の効果と効用

白色には人を癒す力を持っています。

白色は処女性ともつ色、また穢れのないまっさらな心を現す色のため、そこには邪念がないため、人の心を癒してくれます。

例えば、仕事相手の人が笑顔で挨拶をしても、「この人は自分にとって利害関係のある人だから笑顔で挨拶をしてくれるのだな」となんとなく心で思い、いまいち心に響くものはありません。

ですが、赤ちゃんにニコッと笑顔を向けられたら、そこには何の利害関係もありません。

あなたに笑顔を向けたいから向けたという純粋無垢な笑顔であり、笑顔を向けられたあなたはその笑顔に癒されることでしょう。

白色とはこの赤ちゃんのような、なんの損得勘定のない、神聖で純粋な心を現す色であり、無償の愛を現す色です。

この白色の現す無償の愛は、私たちの心を救ってくれます。

10. 白色と相性がいい色

白色と相性がいい色

白色と相性がいい色は、やはり自分と同じ価値観をもつ白色である場合があります。

お互いに頑固な部分を持っており、全ての人に受け入れられるような性格ではないため、自分と似ているタイプの人間に同調する傾向にあります。

たとえ、相手にイライラすることがあっても自分と似ている性格のため「こんなこともあるか」と許すことができるのです。

全く気持ちの読めない相手ではないので、相手の言い分を理解することができ、よりよい関係を築くことができるでしょう。

また、男性の場合、赤紫の女性も相性が良いです。

どこかクールな自分とは違い、感情表現が豊かで包容力があるため、癒されることでしょう。

仕事で嫌なことがあっても、赤紫の女性と過ごすことで次第に気分が晴れて、気持ちよく過ごすことができます。

まとめ

まとめ

白色を選んだあなたは、真面目で堅実な性格をしており、理想や信念に向かって人生を全うできる人です。

自分が決めたことに対し、とことん貫くため、自分の人生について効果いいすることはないでしょう。

しかし、みんながみんなあなたのような強固な心を持っている訳ではありません。

この世の中には、心が弱い人、意思が弱い人もいるので、「こんなこともあるんだな」という、この人達への理解も必要です。

こういった人達に向けて、もっと寛容になれば、もっと様々な人に指示され、器用に生きることができるでしょう。

色占いにおいて白色とはどんな意味をもつのでしょう。

また、白色を好む人にはどんな性格や恋愛傾向、特徴などをもつのでしょうか。

もし、あなたの身近な人に白色が好きな人がいるのなら、これを読めばその人の本当の姿が分かるかもしれません。

白色の人とはどのようにお付き合いしていけばよいのか参考にしてみましょう。


色占いにおける白色とは

色占いにおいて、白色とは何色にも染まっていない色であるため、自我を貫くマイペースな部分をもつ人間であることを意味しています。

また、物事に対し、一途ではあるものの、どこか常に冷静で取り乱すことがありません。

何か一つ好きなことがあっても、我を忘れるほど熱中することはなく、淡々と冷静にそのことに集中してこなしていきます。

心を動かされるような熱い気持ちを持つといったことはあまりなく、常に冷静、かつ慎重に物事に取り組みます。

また、白とは神聖な色を現す色であり、穢れた心を持たず、いつまでも純真な心をもって生きていくことができます。

どんなに自分の理想とる生活が送れなくても、その逆境をバネにして、努力を重ねて道を切り開いていこうとする力強さを持っています。

白色が好きな人は、たとえ幼少期に家庭環境が複雑であっても非行の道に走るようなことはしません。

自分をしっかりと持ち、そして感情的になることがなく、常に冷静なため、淡々と今の自分がすべきことをこなしていくことができます。

白色とは自分を貫く真っすぐな心、冷静に物事を見つめることに長けていることを現す色です。

白色の方に向いている仕事

白色の人に向いている仕事は、ずばり、人を指導する立場となる職業です。

教師や聖職者といった人を導く立場となる職業が向いています。

白色が好きな人は、堅実で誠実な人が多く、人に頼られたり信頼されやすい人が多いです。

しかし、自分の対してだけでなく、他の人に対して完璧を求めてしまうと、鬱陶しく思われることがあります。

そのため、会社の経営者になった場合、社員を教育する良き指導者となりますが、あまりにも仕事熱心であるがゆえに雇用者に反発をくらい、仕事をボイコットされることもあるでしょう。

しかし、教師や聖職者などの立場の場合、人を導くのが仕事であり、完璧に指導をしても反発をくらうことはないでしょう。

手を抜くことなく、努力し、理想的な指導者となるため、周りの人にも厚く信頼される人となるでしょう。

また、指導をしていく立場の自分に対して、自信をもつことができます。

また、人生を捨てているかのような自暴自棄になる人や不真面目に生きる人の気持ちが分からないため、カウンセラーなどの仕事は向いていないでしょう。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月02日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!