占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180118140751.html
【色占い】紫色が好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴

【色占い】紫色が好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴 | SPITOPI

SPITOPI
【色占い】紫色が好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴

スポンサーリンク

ミステリアスな印象や、セクシーな印象、高貴な雰囲気など、紫に抱くイメージはさまざまです。

爽やかな印象からは離れますが、深みや大人っぽさを演出するには、紫はオススメのカラーです。

そんな紫色を選んだ人の特徴や、性格について、紹介していきます。

  • 色占いにおける紫色とは
  • 紫色の方に向いている仕事
  • 紫色が好きな人の心理
  • 紫色が好きな人の恋愛傾向
  • 紫色の人の特徴や性格【ミステリアスな秘密主義者】
  • 紫色の人の特徴や性格【セクシーで大人っぽい】
  • 紫色の人の特徴や性格【高貴な雰囲気や神秘的な雰囲気が漂う人】
  • 紫色の人間関係の注意点
  • 紫色の効果と効用
  • 紫色と相性がいい色
  • 紫色を選んだ人にアドバイス
  • まとめ

1. 色占いにおける紫色とは

色占いにおける紫色とは

紫色は、青と赤の中間色です。

理性や冷静を表す青と、本能や情熱を表す赤を混ぜ合わせた色であり、紫色はその二つ兼ね備えた特徴を表しています。

ですから、紫色を選ぶ人は、TPOに合わせて自分の感情や、欲求をコントロールする力に長けているのです。

そして、紫色は、神秘を表す色です。

ミステリアスな雰囲気や、秘密を暗示し、独特の雰囲気を作る色なのです。

古来から高貴な色とされ、身分の高い官職や僧侶の衣には、紫色が用いられてきました。

魔除けの効果があるとされ、呪術や魔術にも使われてきた、霊的な道に通ずる色でもあるのです。

その不思議な印象から、色気にも繋がり、セクシーな色は紫と言う印象も強いです。

このような特徴や効果から、紫色を使うバランスがとても重要になります。

あまり多く身につけたり使ってしまうと、毒々しく禍々しい印象や、重苦しい印象になってしまうのです。

紫を占いやまじないに使う時は、その力の強さを理解し、コントロールすることが大切なのです。

2. 紫色の方に向いている仕事

紫色の方に向いている仕事

紫色の方に向いている仕事は、ずばり高貴な物事や、神秘的な物事に関わる仕事です。

分かりやすく言うと、宗教的なことに関わると、自分の力を発揮することができるでしょう。

神職に関わったり、僧侶になったりと、人間の心や魂に寄り添うことで、相手を癒し、また自分の心を清めることに繋がるのです。

また、教え導く立場ではなく、宗教について学んだり、研究しても良いでしょう。

他にも、占い師などのスピリチュアルな事に関わることも向いています。

紫色を選ぶ人は、霊的な感覚や、直感に優れており、様々なことを占う力に長けているのです。

役者や、モデル、アーティストなど、自分の独特の感性や、色気を表現する仕事にも向いています。

秘密主義者で、自身を前面に出すのは苦手な方ですが、自己表現をすることで、新たな道が開けるのです。

慎重になることも大切ですが、やるべき時は臆することなく踏み出すと、よい結果が得られるでしょう。

3. 紫色が好きな人の心理

紫色が好きな人の心理

紫色が好きな人は、ミステリアスな印象を持っています。

自分から多くを話さず、秘密が多いことが特徴的です。

紫色というのは、青と赤の中間色であり、曖昧さを意味する場合もあります。

何か隠したい、後ろめたいことがある場合も、紫色を選ぶことがあるのです。

また、高貴な雰囲気がある人も、紫色を好む場合が多いです。

より自分の価値や貴さを高める意味で、無意識的に紫を選ぶことがあるのです。

他にも、自分の色気を理解している人は、紫色を好むこともあるでしょう。

しかしながら、紫は毒々しさや、独特な雰囲気を表す色でもあります。

紫色を多用してしまう人は、自らの毒や、マイナスの感情を表現しているという意味もあるのです。

上品さや、ほのかな色気を出したい場合は、部分的に紫を使うことが大切でです。

4. 紫色が好きな人の恋愛傾向

紫色が好きな人の恋愛傾向

紫色は、色気を表す色です。

ですから、恋愛においては、性的な面を大切にしたいと感じている人も多いです。

肉食系であったり、手練手管に長けていたりと、相手を翻弄し操る力をもっている人もいるでしょう。

しかし、下品なことは好まず、精神性も大事にしているタイプの人が多いので、恋のトラブルを避ける力ももっています。

少々色気が過ぎるのがネックになる場合もありますが、濃厚な恋愛をしたいタイプなのです。

濃い紫より、淡い紫を好む人は、より関係における上品さを大切にするでしょう。

しかし、紫色は嫉妬や淀んだ感情を表す場合もあります。

理性と本能に挟まれたり、冷静と情熱に揺らがされたりと、自分のモヤモヤを溜めこんでしまうこともあるのです。

相手へ、妬みや嫉みをぶつけてしまうこともあるので、気をつけましょう。

自身の欲求や感情をコントロールしながら、相手と接することが大切です。

5. 紫色の人の特徴や性格【ミステリアスな秘密主義者】

紫色の人の特徴や性格【ミステリアスな秘密主義者】

紫色の人は、ずばりミステリアスな秘密主義者です。

自分自身についてあまり多くは語りません。

自分について積極的なタイプでない場合も多く、自己表現に後ろ向きな人も多いでしょう。

ですから、臆病な印象や、もの静かな雰囲気を持たれる場合もあります。

また、頭の回転が良く、知的である場合も多いので、TPOをわきまえた行動ができる人です。

口は災いのもとということを理解しているので、余計な口を開かずに、冷静でいられるのです。

紫色は、青と赤の中間色です。

冷静と情熱や、理性と本能の狭間を表し、自分の心や欲求をコントロールしている状態、あるいはそれらに挟まれ苦しんでいる状態を表しています。

紫色を選ぶ人は基本的には、落ち着いた性格ですが、知らず識らずのうちに、フラストレーションを溜めやすい性格とも言えるのです。

ですから、時には素直になって、自分の好きなことや、欲求や願いに一生懸命になることも大切なのです。

そして、上手く自己表現ができると、紫色の人はとても魅力的になります。

本来の色気や、感性が磨かれ、自分の思わぬ才能や、能力に気づくきっかけになるでしょう。

気になることを無視したり、我慢するのではなく、興味を持って関わることが大切なのです。

6. 紫色の人の特徴や性格【セクシーで大人っぽい】

紫色の人の特徴や性格【セクシーで大人っぽい】

紫色の人は、セクシーで大人っぽい印象があります。

周囲の同じ年代の人たちよりも、垢ぬけていたり、大人な雰囲気を持っています。

考え方もしっかりしており、知的な印象も強いです。

子供のころから大人びた印象があり、それが近寄りがたいといった、良くない印象を持たれることもあるのです。

本人も、引っ込み思案であったり、臆病であったりする場合が多く、友達が少ない人も多いでしょう。

また、もともと一人が好きで、友人と関わるよりも、自分の好きなことに集中するタイプの人もいます。

そうした周囲の距離感が、秘密性や、不思議な雰囲気を強め、色気に変えていくのです。

紫色の人は、無意識的にしろ、意識的にしろ、自身の色気を理解している場合が多いです。

頭の回転も速いので、異性との関わりや、異性へのあしらいに長けているタイプが多いです。

また、性的な欲求も強い方ですが、理性によるコントロールもできるので、危険な恋愛や関係を避ける能力にも長けています。

そのことから恋愛上手な人が多いのです。

しかし、本来は、あまり人と関わろうとしないタイプなので、深い関係を避けたり、自分の心を許すまでに時間がかかることが多いです。

紫色の人に心の底から愛されるには、多くの努力をし、信頼を勝ち取ることが大切なのです。

7. 紫色の人の特徴や性格【高貴な雰囲気や神秘的な雰囲気が漂う人】

紫色の人の特徴や性格【高貴な雰囲気や神秘的な雰囲気が漂う人】

紫色の人は、高貴な雰囲気や、神秘的な雰囲気が漂う人です。

紫は、古来から、地位の高い官職や僧侶の衣や道具に用いられてきた色です。

高貴さと共に、魔を祓う力があるとされ、神聖な色でもあったのです。

そのことから、周囲の人たちは違う、気品ある印象が漂う場合が多いのです。

しかし、紫色が強すぎると、プライドが高い印象や、高慢な雰囲気が出やすいです。

近寄りがたい、お高くとまっている、と評価される場合もあるので気をつけましょう。

また、紫色はスピリチュアルな雰囲気や、独特の感性を表す色でもあります。

周囲の人たちは異なるセンスによって注目されることも多いでしょう。

しかし、抜きんでた才能や能力、少し変わった印象から、煙たがられたり、嫉妬されたりする場合もあるので気をつけましょう。

ですが、だからといって、すべてにおいて遠慮してはいけません。

自分の空気感や、才能について自信をもって行動することが大切です。

8. 紫色の人間関係の注意点

紫色の人間関係の注意点

紫色の人と関わる上で大切なことは、秘密が多いということです。

聞き出そうとしたり、口を開かせようとするような横暴をすると、紫色の人から嫌われてしまうので気をつけましょう。

紫色の人は、臆病で警戒心が強いですし、基本的には遠慮する性格です。

その消極的な面を認め、付き合っていくことが大切です。

また、紫色の人は、知的で頭の回転が速いです。

感情的な関わり方をしてもあしらわれたり、距離を置かれしまうので、冷静に付き合うことが大切です。

自信の知識や経験を深めることによって、よりよい関係になるでしょう。

他にも、その独特の雰囲気や、感性、気品ある空気に惹かれることも多いでしょう。

ですが、興味本位で紫の人に関わろうとするのはNGです。

無礼な態度をしてしまったり、空気を読まないような行動をすると、紫色の人に嫌われてしまうでしょう。

思いやりと礼儀を大切にして関わることが大切です。

紫色の人が心を開くには長い時間がかかります。

その点について理解した上で、関わり、信頼関係を築いていくことが大切なのです。

9. 紫色の効果と効用

紫色の効果と効用

紫色は、自身の品格を上げたり、上品な雰囲気を出すために効果のある色です。

部分的に淡い紫のアイテムを使うと、品のある印象を出すことができるでしょう。

しかし、濃い紫色は、かえって毒々しい印象を与えることもあるので、使い方に気を付ける必要があります。

たとえば、アイメイクに紫を使う時は、前面に塗るのではなく、ラインなどのポイントに用いることが大切です。

他にも、紫色は、スピリチュアルな感性を高める色でもあります。

占いやまじないをする時は、紫のアイテムを使うと良いでしょう。

たとえば、タロットなどのカード占いをする時に、紫の布の上でカードを並べると、より直感や第六感が働きやすくなります。

また、紫色の石であるアメジストは、神秘的な能力を高めたり、恋愛に関する願いを叶える石でもあるので、お守りとして持つのも良いでしょう。

さらに、紫色は色気を高める色でもあります。

恋人と触れ合う時は、紫色の下着を着るとより雰囲気や空気が高まりやすくなるのでしょう。

実際に色はつかなくても、紫色のコロンであったり、ラベンダーなどのハーブの香りを使うこともオススメです。

しかし、使い過ぎは、重苦しさや、毒々しさを増してしまうので、適量を扱うことが大切です。

10. 紫色と相性がいい色

紫色と相性がいい色

紫色と相性がいい色は、反対色である黄緑色です。

黄緑は、爽やかさや、親しみやすさ、癒しを表す色です。

紫色の人の、臆病さや、重々しさや、ジレンマを解放する力を持っており、人生における助けとなるでしょう。

しかし、真反対の性格から、最初は関わることが少なく、上手くいかない場合も多いです。

黄緑色の人から、積極的に関わることが大切ですが、距離感を誤ると、関係が破綻することもあるので注意が必要です。

ですから、ほどよい距離感を保ちながら、相手への敬意を忘れずに付き合うことが大切です。

そして少しずつでもよいので、紫色の人から歩みよることも大切です。

最初は、黄緑色の人のあっけらかんとした態度に、付き合いづらい、あまり関わりたくないと感じる場合もあるでしょう。

しかし、関わっていくうちに、その爽やかで、竹を割ったような性格に惹かれていくことでしょう。

自分にとって必要だと感じたのであれば、自分から好きな気持ちや、大切である旨を伝えることが大切です。

自分の秘密として抱えているだけでは関係は進展しません。

言葉と態度で想いを伝えるようにしましょう。

11. 紫色を選んだ人にアドバイス

紫色を選んだ人にアドバイス

紫色を選んだ人は、つい自分の想いを内に秘めてしまいがちです。

自分の好きなことや、大切なことに気づけない場合もあるので、時には自己表現することが大切です。

自分の大切なものに気づけた時、紫色の人の魅力は一気に増します。

以前より一生懸命になり、積極的に行動できるようになりましょう。

そして、持ち前の知性や、頭の良さを生かして、成功へと導くことが大切です。

また、紫色は権力や地位を表す色でもありますが、本人はそれほどその高い地位を求めようとはしません。

表面的な評価よりも、自信が満足できるように行動することで、より幸福へと近づけるでしょう。

精神性を大切にしながら、自分の感性やセンスを生かし、表現する仕事や物事に関わると良いでしょう。

まとめ

ミステリアスな雰囲気や、色気、高貴な印象など、紫色に抱くイメージはさまざまです。

紫色を選んだ人は、その印象や感性を上手く用いて、自己表現をすることで、よい人生が開かれるでしょう。

ミステリアスな印象や、セクシーな印象、高貴な雰囲気など、紫に抱くイメージはさまざまです。

爽やかな印象からは離れますが、深みや大人っぽさを演出するには、紫はオススメのカラーです。

そんな紫色を選んだ人の特徴や、性格について、紹介していきます。


色占いにおける紫色とは

紫色は、青と赤の中間色です。

理性や冷静を表す青と、本能や情熱を表す赤を混ぜ合わせた色であり、紫色はその二つ兼ね備えた特徴を表しています。

ですから、紫色を選ぶ人は、TPOに合わせて自分の感情や、欲求をコントロールする力に長けているのです。

そして、紫色は、神秘を表す色です。

ミステリアスな雰囲気や、秘密を暗示し、独特の雰囲気を作る色なのです。

古来から高貴な色とされ、身分の高い官職や僧侶の衣には、紫色が用いられてきました。

魔除けの効果があるとされ、呪術や魔術にも使われてきた、霊的な道に通ずる色でもあるのです。

その不思議な印象から、色気にも繋がり、セクシーな色は紫と言う印象も強いです。

このような特徴や効果から、紫色を使うバランスがとても重要になります。

あまり多く身につけたり使ってしまうと、毒々しく禍々しい印象や、重苦しい印象になってしまうのです。

紫を占いやまじないに使う時は、その力の強さを理解し、コントロールすることが大切なのです。

紫色の方に向いている仕事

紫色の方に向いている仕事は、ずばり高貴な物事や、神秘的な物事に関わる仕事です。

分かりやすく言うと、宗教的なことに関わると、自分の力を発揮することができるでしょう。

神職に関わったり、僧侶になったりと、人間の心や魂に寄り添うことで、相手を癒し、また自分の心を清めることに繋がるのです。

また、教え導く立場ではなく、宗教について学んだり、研究しても良いでしょう。

他にも、占い師などのスピリチュアルな事に関わることも向いています。

紫色を選ぶ人は、霊的な感覚や、直感に優れており、様々なことを占う力に長けているのです。

役者や、モデル、アーティストなど、自分の独特の感性や、色気を表現する仕事にも向いています。

秘密主義者で、自身を前面に出すのは苦手な方ですが、自己表現をすることで、新たな道が開けるのです。

慎重になることも大切ですが、やるべき時は臆することなく踏み出すと、よい結果が得られるでしょう。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月03日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!