占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180118140559.html
【色占い】オレンジ色が好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴

【色占い】オレンジ色が好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴 | SPITOPI

SPITOPI
【色占い】オレンジ色が好きな人の性格や心理・恋愛・人間関係・特徴

スポンサーリンク

オレンジ色が好きな人は、どのような性格・特徴・恋愛傾向を持っていて、どんな仕事が向いているのでしょうか。

オレンジ色が好きな人に対する「色占い」の結果についてお伝えしていきます。

  • 色占いにおけるオレンジ色とは
  • オレンジ色が好きな人に向いている仕事・天職:1
  • オレンジ色が好きな人に向いている仕事・天職:2
  • オレンジ色が好きな人の心理:1
  • オレンジ色が好きな人の心理:2
  • オレンジ色が好きな人の恋愛傾向:1
  • オレンジ色が好きな人の恋愛傾向:2
  • オレンジ色が好きな人の特徴や性格【内面から激しい感情が沸き上がる情熱・依存の二面性】
  • オレンジ色が好きな人の特徴や性格【人間とコミュニケーションが好きな開放的な性格】
  • オレンジ色が好きな人の特徴や性格【カリスマ性と支配欲・独占欲の二面性】
  • オレンジ色の人間関係の注意点
  • オレンジ色の効果と効用
  • オレンジ色と相性がいい色
  • オレンジ色を選んだ人にアドバイス
  • まとめ

1. 色占いにおけるオレンジ色とは

色占いにおけるオレンジ色とは

「色」は可視光の波長の見え方・色覚によって生み出されていますが、人間には「自分の心(精神状態)が欲している色」を思わず選んでしまうという傾向があります。

心が温かくなったり柔らかくなったりする暖色のオレンジ色が好きな人、オレンジ色を選んでしまう人は、「温かい対人関係・柔軟性のある心理状態・開放的な状況や関係」を求めている傾向があります。

オレンジ色には、他者を拒絶せずに自分を思い切って表現していくという「オープンネス・開放性・自己開示」の意味合いがあるのです。

オレンジ色は内向的ではなく外向的な色で、孤独ではなく共感を求める色であると「色占い」では解釈されます。

2. オレンジ色が好きな人に向いている仕事・天職:1

オレンジ色が好きな人に向いている仕事・天職:1

オレンジ色が好きな人に向いている仕事・天職には、どのようなものがあるのでしょうか。

2-1. バイタリティーが強いのでハードワークもこなす

バイタリティーが強いのでハードワークもこなす

オレンジ色は「バイタリティー(生命力)+心身のエネルギー」に満ち溢れた太陽のような色なので、オレンジ色が好きな人はバリバリと長時間でも働き続けることができます。

自分が興味関心を持てて意欲的に取り組める職業であれば、「勤務時間・仕事の難易度・職場のノルマ・人間関係」のストレスや疲労に負けることなく働くことができるので、「労働条件の厳しいハードワーク」でも見事にこなすことができます。

2-2. 広告代理店・外資系金融などのハードワークでも天職にできる

広告代理店・外資系金融などのハードワークでも天職にできる

オレンジ色が好きな人に向いている仕事・天職は、「バイタリティー・開放性・明るさ・カリスマ性」の特徴を持っています。

例えば、カリスマ的な美容師やスポーツ選手になることもあります。

勤務時間が長くてクライエントとの交渉にストレスの多い広告代理店・保険代理店・不動産業者の営業職なども、持ち前の明るさとバイタリティーでやりこなすでしょう。

ハードワークの代名詞でもある外資系の投資銀行やウェブ事業のビジネスパーソンとしても力を発揮しそうです。

未知の土地や危険にチャレンジしていく冒険家なども天職になるでしょう。

3. オレンジ色が好きな人に向いている仕事・天職:2

オレンジ色が好きな人に向いている仕事・天職:2

上とは異なる観点から、オレンジ色が好きな人に向いている仕事・天職について考えてみます。

3-1. 共感性・コミュニケーション能力を仕事に生かす

共感性・コミュニケーション能力を仕事に生かす

オレンジ色は「社交的で外向的・オープンマインド・人間関係の調整が上手い」などの意味合いがあり、オレンジ色が好きな人は「共感性・コミュニケーション能力・感情や感性の表現」が求められるような仕事にも向いています。

卓越した技術・美的感覚と共感的なコミュニケーション能力が求められる美容師、エステティシャン、アパレル店員などを天職として感じることもあるでしょう。

人と関わらず何もしゃべらずに黙々とする仕事には向いていないので、対人コミュニケーションのある仕事を天職にすることが多いのです。

3-2. 相手の立場・気持ちになって物事を考えることが役に立つ職業

相手の立場・気持ちになって物事を考えることが役に立つ職業

オレンジ色が好きな人は、「接客業・販売業」でカリスマ的な才能を発揮して、高い業績を上げることがあるのです。

また「共感性・奉仕欲求(人の役に立ちたい思い)」が強いので、相手の立場に立って物事を考える必要がある対人援助の仕事にも適性があります。

「看護師・保育士・介護士・CA(キャビンアテンダント)」などの職業で活躍することもあるでしょう。

看護師になれば患者の病気に寄り添い、保育士になれば子供達の心に寄り添うことができます。

CAになってもお客様の要望・不満にいち早く気づいて対処することができるでしょう。

4. オレンジ色が好きな人の心理:1

オレンジ色が好きな人の心理:1

オレンジ色が好きな人の心理は「外向的・社交的・オープン(開放的)」であり、他者との共感的あるいは刺激的なコミュニケーションを常に求めているということでしょう。

オレンジ色が好きな人は「孤独・退屈・沈黙」を嫌う心理状態であることが多く、人見知りせずに色々な人とのオープンなコミュニケーションを楽しみたいと考えているのです。

カリスマ的な魅力や明るくて人懐っこいキャラクターがあるので、人見知りの人でも、オレンジ色が好きな人の会話・もてなしに引き込まれていきやすいのです。

人間関係や人との交流・人脈を重視する心理状態にあることが多いのです。

5. オレンジ色が好きな人の心理:2

オレンジ色が好きな人の心理:2

オレンジ色が好きな人の心理状態は、「外向的・社交的」でありつつも、「繊細で神経質・傷つきやすい」という対照的な一面もあります。

他者に対して共感能力が高くていつも気配りしているので、「相手は自分についてどのように考えているのだろうか」ということを想像しすぎると、少し神経質(ナーバス)になって繊細な一面が前面に出やすくなります。

オレンジ色が好きな人の心理状態は「対人関係の状況・対人評価」によって左右されやすいという特徴があり、「孤独・疎外」を感じると精神的に萎縮してしまうところがあります。

しかし根本の心理状態が明るく素直・タフなので、多少人間関係で嫌なことがあったとしても、徹底的に落ち込んでしまって立ち直れないという心理状態になることは滅多にないのです。

6. オレンジ色が好きな人の恋愛傾向:1

オレンジ色が好きな人の恋愛傾向:1

オレンジ色が好きな人には、内面から沸き上がってくる「恋人に対する激しい愛情・独占欲」があり、その愛情表現もダイレクトで強烈なものになります。

オレンジ色が好きな人の「強烈でパワフルな愛情表現」を受け止めてくれる恋人と出会うことができれば、「情熱的でロマンティックな恋愛」を思う存分に楽しむことができるかもしれません。

オレンジ色が好きな人は、自分の感情が非常に強いので、相手にも自分と同じくらいに強い感情を求める傾向があり、そのことが恋愛関係において「恋愛依存症」のような状態を作り出してしまうリスクもあります。

自分の依存性を制御できないと、恋人から「重たくて面倒くさい人・感情を押し付けてくる人」とマイナス評価を受けることもあるのです。

7. オレンジ色が好きな人の恋愛傾向:2

オレンジ色が好きな人の恋愛傾向:2

オレンジ色が好きな人は「共感の強要・対人関係への依存症」が出てこなければ、一般的に明るくてノリが良くて優しい性格をしているので、異性から非常にモテることが多いのです。

相手の気持ちやニーズを察した適切なコミュニケーションを取ることができるので、一緒にいるだけで「明るくて楽しい気分」にさせられるのです。

オレンジ色が好きな人は明るい性格で容姿端麗なことも多く、周囲を惹きつける個性的な雰囲気を醸し出しているため、いつも魅力的な異性との出会いに恵まれています。

しかし、恋愛・結婚に対してそれほど強い欲求を持っているわけではなく、自分から異性にアプローチすることもほとんどありません。

自分から行かなくても、色々な人から好きになられることが多いのです。

恋愛・結婚より「自分の興味関心・知的好奇心」に人生の重点があるので、婚期が遅れたりずっと独身であることも多いのです。

8. オレンジ色が好きな人の特徴や性格【内面から激しい感情が沸き上がる情熱・依存の二面性】

オレンジ色が好きな人の特徴や性格【内面から激しい感情が沸き上がる情熱・依存の二面性】

オレンジ色が好きな人は、内面から激しい感情が湧き上がってきて、その感情を他者に向けて表現して理解してほしいという強い欲求を持っています。

オレンジ色が好きな人は、自分の強い感情・欲求を外部に向けて伝えていく「情熱的な性格」なのですが、相手がその強い感情・欲求を受け容れてくれないと「依存・強要」といった好ましくない性格特徴が出てくることもあります。

オレンジ色が好きな人は自分の感じている喜怒哀楽の強い感情を他者とがっつり共有したいので、それが共有できないと依存したり強要したりしてしまいやすいのです。

9. オレンジ色が好きな人の特徴や性格【人間とコミュニケーションが好きな開放的な性格】

オレンジ色が好きな人の特徴や性格【人間とコミュニケーションが好きな開放的な性格】

オレンジ色が好きな人は基本的に「人間好き」であり、いつも「他者との共感的・刺激的なコミュニケーション」を求めているのです。

オレンジ色が好きな人の性格傾向は簡単に言えば「社交的・外向的・開放的(オープンマインド)」であり、人見知りをすることなく初対面の人に対しても明るい笑顔で積極的に話しかけていくことができます。

他者との間に「壁」を作らない開放的(オープン)な性格が魅力になっており、誰とでもすぐに打ち解けて仲良くなれる特技を持っていることが多いのです。

オレンジ色が好きな人は、自分自身を飾り立てることもなく、常にオープンマインドで他者とポジティブなコミュニケーションを取ることができます。

10. オレンジ色が好きな人の特徴や性格【カリスマ性と支配欲・独占欲の二面性】

オレンジ色が好きな人の特徴や性格【カリスマ性と支配欲・独占欲の二面性】

オレンジ色が好きな人は、魅力的で有能な人物としてある種のカリスマ性を持っていることが多く、大勢の人たちを自然に引きつけて味方にしてしまいます。

それはオレンジ色が好きな人の性格上の長所なのですが、他者を魅了するカリスマ性が悪い方向に出てしまうと、「支配欲・独占欲・勝ちへの執着」になってしまうこともあります。

カリスマ性が強まってくると、自分が人とは違う「特別に優れた存在」であると思い込むことが多くなり、他者を思い通りに動かしたり独占したりしようとする欲求が肥大しやすいのです。

意志強固で負けず嫌いなところがあるので、自分で決めた目標をクリアするのが得意で、途中で諦めることもほとんどありません。

11. オレンジ色の人間関係の注意点

オレンジ色の人間関係の注意点

オレンジ色が好きな人が人間関係で注意すべき点は、自分の激しい感情・欲求を他者に押し付けすぎないことであり、「自分と他者との間の境界線」を意識することでしょう。

「孤独・沈黙・疎外感」に弱いために、心が弱っている時には自分に優しくしてくれる人に簡単に依存してしまったり利用されてしまうこともあるので気をつけてください。

対人関係における「依存・強要」には注意しましょう。

オレンジ色が好きな人はカリスマティックな魅力で多くの人を惹きつけることも多いのですが、自分の影響力に自惚れて自己愛を肥大させてしまうと、「他者に対する支配欲・独占欲の問題」が前面に出てきてしまうこともあります。

12. オレンジ色の効果と効用

オレンジ色の効果と効用

「色占い」におけるオレンジ色には、気持ちを明るく前向きにしてくれる「太陽・向日葵(ひまわり)」のような効果があります。

自分と他者との間にある「心理的な壁」を取り払ってくれる効果もあるので、他者との共感的な人間関係が促進されやすくなります。

人間の心を明るく華やかにしてくれるオレンジ色は「ビタミンカラーの一種」であり、「絶望感・抑うつ感・疲労感・悲観主義」を感じにくくしてくれるメンタルヘルスの効用にも期待できます。

オレンジ色は自分と周囲の心を明るくして、バイタリティーと外向的な行動力を高めてくれるのです。

13. オレンジ色と相性がいい色

オレンジ色と相性がいい色

オレンジ色と相性がいい色は、「赤色(レッド)」と「茶色(ブラウン)」です。

赤色は「情熱的で積極的な性格・パワフルな行動力・争いを恐れない勇気」などを象徴しており、赤色と同じくバイタリティーに溢れていて感情豊かなオレンジ色とかなり相性が良いのです。

茶色は「派手さのない落ち着いた性格・地味だけど温かい人間性・ブレの少ない安定感」などを象徴しており、人が好きで他者との共感的なコミュニケーションを好むオレンジ色と相性がぴったりなのです。

オレンジ色は、神秘的で複雑な内面を示唆する「紫色(パープル)」、天真爛漫・純粋で人に素直に接してくれやすい「白色(ホワイト)」とも相性が良くなっています。

14. オレンジ色を選んだ人にアドバイス

オレンジ色を選んだ人にアドバイス

オレンジ色を選んだ人は「孤独・疎外・沈黙に弱いという弱点」があるので、その弱点を逆手にとられて人間関係で騙されたり傷つけられたりしないように気をつけてください。

オレンジ色の人は共感能力が高くて他者に対する「情」も深いので、「人と別れるのが苦手」という問題もあり、すでに愛情や関心が冷め切っている恋愛関係でも別れを決断できずに、非生産的な関係をずるずると続けてしまいやすいところがあります。

恋愛や結婚の人間関係には、一定のケジメをつけることも大切です。

サービス精神旺盛なので、人に共感したり奉仕してもてなしたりするような職業・仕事の適性が高くなっています。

まとめ

まとめ

オレンジ色は人の心を元気にして行動力を高めてくれるビタミンカラーであり、オレンジ色が好きな人の性格・特徴は「社交的・外向的・開放的(オープンマインド)・共感的」であることが多いのです。

オレンジ色が好きな人は、明るくてバイタリティーがあるので同性からも異性からも好かれて、非常に賑やかな充実した人生を送りやすくなっています。

「対人的な依存症・孤独耐性の低さ・感情の押し付け」などの問題もありますが、オレンジ色が好きな人は明るくて社交性のある魅力的な人が多いのです。

「色占い」でオレンジ色が好きな人の特徴・性格・恋愛傾向などを調べたい時には、この記事を参考にしてみてください。

オレンジ色が好きな人は、どのような性格・特徴・恋愛傾向を持っていて、どんな仕事が向いているのでしょうか。

オレンジ色が好きな人に対する「色占い」の結果についてお伝えしていきます。


色占いにおけるオレンジ色とは

「色」は可視光の波長の見え方・色覚によって生み出されていますが、人間には「自分の心(精神状態)が欲している色」を思わず選んでしまうという傾向があります。

心が温かくなったり柔らかくなったりする暖色のオレンジ色が好きな人、オレンジ色を選んでしまう人は、「温かい対人関係・柔軟性のある心理状態・開放的な状況や関係」を求めている傾向があります。

オレンジ色には、他者を拒絶せずに自分を思い切って表現していくという「オープンネス・開放性・自己開示」の意味合いがあるのです。

オレンジ色は内向的ではなく外向的な色で、孤独ではなく共感を求める色であると「色占い」では解釈されます。

オレンジ色が好きな人に向いている仕事・天職:1

オレンジ色が好きな人に向いている仕事・天職には、どのようなものがあるのでしょうか。

2-1. バイタリティーが強いのでハードワークもこなす

バイタリティーが強いのでハードワークもこなす

オレンジ色は「バイタリティー(生命力)+心身のエネルギー」に満ち溢れた太陽のような色なので、オレンジ色が好きな人はバリバリと長時間でも働き続けることができます。

自分が興味関心を持てて意欲的に取り組める職業であれば、「勤務時間・仕事の難易度・職場のノルマ・人間関係」のストレスや疲労に負けることなく働くことができるので、「労働条件の厳しいハードワーク」でも見事にこなすことができます。

2-2. 広告代理店・外資系金融などのハードワークでも天職にできる

広告代理店・外資系金融などのハードワークでも天職にできる

オレンジ色が好きな人に向いている仕事・天職は、「バイタリティー・開放性・明るさ・カリスマ性」の特徴を持っています。

例えば、カリスマ的な美容師やスポーツ選手になることもあります。

勤務時間が長くてクライエントとの交渉にストレスの多い広告代理店・保険代理店・不動産業者の営業職なども、持ち前の明るさとバイタリティーでやりこなすでしょう。

ハードワークの代名詞でもある外資系の投資銀行やウェブ事業のビジネスパーソンとしても力を発揮しそうです。

未知の土地や危険にチャレンジしていく冒険家なども天職になるでしょう。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月02日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!