占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180105155825.html
闇が深い人の特徴や闇がない人との違い

闇が深い人の特徴や闇がない人との違い | SPITOPI

SPITOPI
闇が深い人の特徴や闇がない人との違い

スポンサーリンク

闇が深い人の特徴や闇がない人との違いをまとめました。

  • 闇が深い人とは?
  • 闇が深い人の特徴として、目に力がない
  • 闇が深い人の特徴として、意味深な発言をする
  • 闇が深い人の特徴として、気分屋で毎日のテンションの高さが違う
  • 闇が深い人の特徴として、部屋が散らかっている
  • 闇が深い人の特徴として、会話が成立しない
  • 闇がない人の特徴としては、愛想笑いをしない
  • 闇がない人の特徴としては、夢を一生懸命に追いかけている
  • 闇がない人の特徴としては、気分の落差が激しくない
  • 闇が深い人の恋愛傾向は、闇を共有できる人を求める
  • 闇が深い人の恋愛傾向は、冷静に見守る人を求めている
  • 闇が深い人の恋愛傾向は、優しい人を好む傾向がある
  • 闇が深い人の恋愛傾向は、話を最後まで聞いてくれる人を好む
  • 闇が深い人を好きになった場合に気を付けること
  • まとめ

1. 闇が深い人とは?

闇が深い人とは?

闇が深い人とはどんな人なのでしょう。

闇が深い人は、何も精神が崩壊している人だけではありません。

普通の、どこにでもいるような人でさえも、闇を抱え生きていることだってあります。

自分の闇を隠している人の方が、持っている闇は深いものです。

闇が深い人は、案外、あなたのすぐ近くにいるかもしれません。

2. 闇が深い人の特徴として、目に力がない

闇が深い人の特徴として、目に力がない

闇が深い人の特徴でまず挙げられるのは、目に力がないことです。

目は人間の心を映し出す鏡のようなもので、目がその人の心の全てを物語ります。

どんなに心の闇を周囲に隠して笑顔を取り繕っていたとしても、目が死んでいたら心の底からこぼれる笑顔ではないことが分かります。

本物の笑顔は目も笑っています。

目がキラキラと輝いて、たくさん目尻にシワをつけて思いっきり笑う表情こそが笑顔です。

ただ、口元をゆがめ、笑っているかのように取り繕う表情は、本物の笑顔ではありません。

闇が深いかどうか、外見で判断するときは、その人の笑顔をみれば、すぐに分かります。

闇が深い人は、生き生きとした目を持っていません。

3. 闇が深い人の特徴として、意味深な発言をする

闇が深い人の特徴として、意味深な発言をする

意味深な発言をする人がいたら、その人は闇を抱えている可能性が高いです。

話す内容としては、「人はなぜ生きているのだろう」「みんなはどうして幸せを感じるのだろう」などといった哲学的な話を持ち出すことが多いです。

考えても、簡単に答えの出ないようなことを考え込み、自分の生き方を問いただしている傾向が強く出ます。

その人には、何か強いプレッシャーやコンプレックスが潜んでいるかもしれません。

また、こういった発言を周囲にもらす人は、まだ周りにこうした発言によってSOSを発しているので、闇から引き戻せる可能性が高いです。

何も話さなくなったら、もう闇から戻れないかもしれません。

4. 闇が深い人の特徴として、気分屋で毎日のテンションの高さが違う

闇が深い人の特徴として、気分屋で毎日のテンションの高さが違う

気分屋と言われ、その日その日の気分がダイレクトに顔や行動に出てしまう人がいますが、闇を深く抱えている人もそのような傾向が見られます。

ただし、通常の気分屋は自分の心を素直に出している人ですが、闇を深く抱えている人の場合、自分の本当の心を隠して無理にテンションを高くしています。

しかし、周りから見たら、気分屋の人とよく似た行動をとるため、見分けがつきにくいことと思われます。

今日はニコニコして笑顔が多いなと思っていたのに、次の日はやけに暗くて表情が固まっているような人がいたら注意して見てあげましょう。

5. 闇が深い人の特徴として、部屋が散らかっている

闇が深い人の特徴として、部屋が散らかっている

闇をもつ人の部屋は散らかっていることが多いです。

闇を持つ人は何をするにも気力がなく、力が入らないため、毎日生きることだけで精一杯になっています。

こうした人が自分の周囲にまで目が行き届くことは皆無に等しく、どうしても部屋が散らかってしまう傾向にあります。

しかし、ここで気を付けてほしいことは、会社や学校などで整理整頓ができているからといって闇を持たない人かといえば、そうではないということです。

闇をもつ人はとにかく自分に自信がないので、人のどう見られているのかを気にします。

そのため、会社や学校などの人目につく場所に限っては整理整頓をしている可能性があります。

6. 闇が深い人の特徴として、会話が成立しない

闇が深い人の特徴として、会話が成立しない

闇を持つ人は自律神経が乱れているため、会話のキャッチボールがうまくできません。

そのため、突然、話が飛んだり、違う話題をもってきたりすることがあります。

自律神経が乱れていると、物事を整理する能力が低下するため、会話においても整理ができず、このようなことを引き起こしてしまうのです。

本人は違う話題をしているという自覚はなく、真剣に会話をしていることが多いです。

悪意はないので、真剣な表情で話題があちことに飛ぶような人がいたら、その人はもしかしたら闇を持っている人かもしれません。

7. 闇がない人の特徴としては、愛想笑いをしない

闇がない人の特徴としては、愛想笑いをしない

愛想笑いをしない人が笑う笑顔は本物です。

お腹を抱えて笑ったり、顔をクシャクシャにして笑ったりする人は、本物の笑顔の可能性が高く、自分の気持ちを素直に表現できている人です。

こういった人は闇を持たない可能性が高いです。

愛想笑いか、それとも本物の笑顔かを見極めるポイントは目です。

本物の笑顔の場合、口元だけゆがめるのではなく、目からも笑顔がこぼれています。

目が笑っていない人は愛想笑いの可能性が高いです。

目が全てを物語るので、笑顔のときは目がしっかりと笑っているのかどうか見てみましょう。

8. 闇がない人の特徴としては、夢を一生懸命に追いかけている

闇がない人の特徴としては、夢を一生懸命に追いかけている

夢に向かって一生懸命に頑張っている人は闇を抱えていません。

常に夢に向かって前向きで、夢という希望にあふれ、生きていることに感謝をしています。

闇を抱えるようなネガティブな感情はなく、あったとしてもすぐに前向きな気持ちに切り替えることができます。

夢をもつ人は強いです。

夢という目標があることで、人生が生き生きとして、たくさんの幸福を感じることができます。

夢を追いかけている人がキラキラして見えるのは、こうした理由があるからです。

夢を本気で追いかけ、前向きに生きている人が闇を抱えている可能性は低いです。

9. 闇がない人の特徴としては、気分の落差が激しくない

闇がない人の特徴としては、気分の落差が激しくない

気分の落差が激しくなく、常に一定のテンションを保っている人は自律神経が整っている証拠であり、闇を持たない証拠でもあります。

闇をもつ人は感情の起伏が激しい人が多いです。

感情の起伏が激しい人は、度重なる悩みやプレッシャーによって自律神経が乱れており、感情を上手にコントロールすることができません。

そのため、感情の起伏が激しく、周囲にも迷惑をかける人が多いです。

逆に闇を持たない人は、常にテンションが一定のため、すぐに怒ったり泣いたりしないので安心して付き合えます。

10. 闇が深い人の恋愛傾向は、闇を共有できる人を求める

闇が深い人の恋愛傾向は、闇を共有できる人を求める

闇が深い人は自分の感情を共有できる人を求めます。

自分自身がネガティブな感情をもつため、明るく前向きな人を得意としません。

というのも、自分が落ち込んでいる時に、前向きな人がいたら、自分の感情を上げて話さなければならず疲れるからです。

闇をもつ人は自分の感情を隠そうとするので、暗い心がバレないように笑顔を振りまく傾向があります。

明るい性格の人が恋人だと、一緒に笑ってあげなければという思いから、無理に笑顔を作ってしまい、付き合うことに疲れを感じることでしょう。

それよりは、闇を理解できる人の方が一緒にいて安心感を覚えることでしょう。

11. 闇が深い人の恋愛傾向は、冷静に見守る人を求めている

闇が深い人の恋愛傾向は、冷静に見守る人を求めている

闇が深い人は、自分自身でさえも、自分の感情の起伏に疲れているケースが多いです。

闇が深い人は、本当は心から笑いたいのに笑えない、本当はもっと自分の感情を素直に吐き出したいのに吐き出せないという心の葛藤を常にしています。

本当はもっと素直に表現したいのに、自律神経の乱れもあって感情の起伏がどうしても激しくなってしまうのです。

こうした闇を持つ人は、自分でも自分をコントロールすることに疲れている傾向があるので、自分を冷静に見守ってくれる人がより良いパートナーとなります。

どんなに心を乱しても冷静に諭し、「大丈夫だよ」と温かく包み込んでくれる人を求めています。

12. 闇が深い人の恋愛傾向は、優しい人を好む傾向がある

闇が深い人の恋愛傾向は、優しい人を好む傾向がある

闇が深い人は心の優しい人を好みます。

よく恋愛において、「危険な香りがする人がよい」とか「少しスレている人がよい」などと発言する人もいますが、闇が深い人はこういった人を好みません。

闇が深い人は人間不信に陥っているため、こうした人は警戒してしまうからです。

危険な香りのする異性よりも、自分の心に寄り添って温かく包み込んでくれる人を求めています。

自分が泣きわめこうが、「自殺をする」と叫ぼうが、「大丈夫だよ」と抱きしめて心が落ち着くまで一緒にいてくれる人に心を奪われます。

13. 闇が深い人の恋愛傾向は、話を最後まで聞いてくれる人を好む

闇が深い人の恋愛傾向は、話を最後まで聞いてくれる人を好む

闇を持つ人は自分をさらけ出すことを苦手とします。

しかし、心のどこかで心の支えになってくれる人を求めています。

闇を持つ人にとって、恋人とは、唯一、本当の自分をさらけ出せるかけがえのない存在となることでしょう。

普段、人にはさらけ出せない感情でも、恋人の前でならさらけ出せるという人も多く見られます。

闇をもつ人は、こうした心の支えになる恋人を求めているので、自分の話を遮らず、最後まで聞いてくれる人を好む傾向にあります。

14. 闇が深い人を好きになった場合に気を付けること

闇が深い人を好きになった場合に気を付けること

闇が深い人を好きになった場合に気を付けることは、やはり別れることは皆無に等しいと考えておくことです。

闇が深い人との交際は通常の交際と、同じ程度に考えてはいけません。

通常の交際の場合、別れることもできますが、闇が深い人との交際の場合、別れると、それが原因で自殺未遂を引き起こす可能性が高いからです。

相手から別れを切り出さない限り、こちらから闇をもつ人に別れを切り出すのは、その人の人格を潰しかねず、自殺に追い込む可能性があります。

闇が深い人と交際するなら、相当の覚悟をもって声をかけなければなりません。

まとめ

人は自分にないものを求める傾向にあります。

闇を持つ人は、自分にない哲学的なものを持ち合わせており、神秘的な存在に見えてしまうこともあるかもしれません。

しかし、それは決して神秘などではなく、その人自身が背負った心の傷が作りあげた虚像です。

もし、あなたが闇をもつ人とどうしても付き合いというのなら、その人の心のセラピーをする覚悟で、その人に寄り添う覚悟が必要です。

通常の交際とは違い、恋人同士の甘い時間を過ごせるときよりも、感情の激しいブレにより常にハラハラして過ごすことが多いかもしれません。

それでも良いという覚悟がなければ、闇をもつ人との交際は務まらないことでしょう。

闇が深い人の特徴や闇がない人との違いをまとめました。


闇が深い人とは?

闇が深い人とはどんな人なのでしょう。

闇が深い人は、何も精神が崩壊している人だけではありません。

普通の、どこにでもいるような人でさえも、闇を抱え生きていることだってあります。

自分の闇を隠している人の方が、持っている闇は深いものです。

闇が深い人は、案外、あなたのすぐ近くにいるかもしれません。

闇が深い人の特徴として、目に力がない

闇が深い人の特徴でまず挙げられるのは、目に力がないことです。

目は人間の心を映し出す鏡のようなもので、目がその人の心の全てを物語ります。

どんなに心の闇を周囲に隠して笑顔を取り繕っていたとしても、目が死んでいたら心の底からこぼれる笑顔ではないことが分かります。

本物の笑顔は目も笑っています。

目がキラキラと輝いて、たくさん目尻にシワをつけて思いっきり笑う表情こそが笑顔です。

ただ、口元をゆがめ、笑っているかのように取り繕う表情は、本物の笑顔ではありません。

闇が深いかどうか、外見で判断するときは、その人の笑顔をみれば、すぐに分かります。

闇が深い人は、生き生きとした目を持っていません。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!