占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20171228151743.html
魂のレベルが高い人と低い人の違い

魂のレベルが高い人と低い人の違い | SPITOPI

SPITOPI
魂のレベルが高い人と低い人の違い

スポンサーリンク

魂のレベルが高い人と低い人の違いをまとめました。

  • 魂のレベルとは
  • 魂のレベルが高い人はポジティブである
  • 魂のレベルが低い人はネガティブにである
  • 魂のレベルが高い人は自分と周囲を比べない
  • 魂のレベルが低い人は常に比較し劣等感や嫉妬心を抱いている
  • 魂のレベルが高い人は夢や目標が明確である
  • 魂のレベルが低い人は怠惰である
  • 魂のレベルが高い人は心穏やかで思いやりにあふれている
  • 魂のレベルが低い人は感情的で自己中心的である
  • 魂のレベルをあげるには
  • まとめ

1. 魂のレベルとは

魂のレベルとは

人に人格が備わっているように、その内に魂にも霊格と呼ばれる格が存在しています。

霊格というのは、その人自身の性格や、行動、思考を大きく左右するものであり、どのように生きるかに関わってくる大切な物です。

生まれもって魂のレベルは決められています。

しかしながら、これからの生活やふるまいによって、良くも悪くも変えていけるものなのです。

怠惰であったり、わがままであったりすれば、すぐに魂のレベルは下がり、心身共に穢れてしまうでしょう。

逆に、思いやりを忘れず、しかし自由意志も大切にしながら行動することで、魂のレベルを上げることができるのです。

奉仕の心と共に、常に努力することを忘れないように心がけましょう。

自身の技術や能力を磨くように、魂も磨き上げることが大切なのです。

2. 魂のレベルが高い人はポジティブである

魂のレベルが高い人はポジティブである

魂のレベルが高い人は、ポジティブです。

前向きさや、好奇心の強さや、明るい性格によって、自分の道を切り開くことができるでしょう。

朗らかな笑顔をしていることが多く、自然と人が集まりやすいです。

そして、ただ明るいだけではなく、思いやりや優しさに溢れた人でもあります。

そうした性格から、人の縁、仕事の縁、お金の縁など、さまざまな縁に恵まれる体質を持っているのです。

また、その前向きさは、困難に立ち向かう際にも役立つでしょう。

トラブルやアクシデントに巻き込まれたからといって、卑屈になったり、諦めたりするのではく立ち向かう勇気をもっている人です。

心だけでなく、体力にも富んでいるので、少々のことではへこたれずに、取り組むことができるでしょう。

前向きさというのは、さまざまな面で幸運を呼ぶためのカギになるのです。

3. 魂のレベルが低い人はネガティブにである

魂のレベルが低い人はネガティブにである

魂のレベルが低い人は、ネガティブな性格をしています。

自身の心を閉ざしてしまいがちで、臆病になってしまい、新しいことに触れられないのがネックです。

危険を冒さずに済むという長所もありますが、自分自身を成長させるチャンスを大いに逃してしまうでしょう。

否定的で暗い性格と言うのは、多くの人を遠ざけてしまうことにも繋がります。

心の内に溜めこんだ陰気は、良い運の流れや、人の縁を妨げ、断ちきってしまうのです。

そしてより不運のループへと嵌ってしまうことがしばしばあるのです。

また、トラブルやアクシデントに巻き込まれると、すぐに落ち込んだり、自暴自棄になってしまうのも良くない点です。

時には、妥協や諦めが大切な場合もありますが、いつも投げ出してしまっては、達成感が得られず、成長にも繋がりません。

挑戦する心や、諦めない心を持つことが大切です。

他にも、魂のレベルが低い人は、ネガティブな運命論や必然性を持ってしまいがちです。

「どうして自分だけ酷い目にあうんだ」「もうこれは神様のせいだ」「自分だけ運が悪いのだ」 というように決めつけ、努力することや反省することを放棄してしまいがちです。

悲劇のヒロイン思想というのは、自分自身の人生の価値を下げてしまうことに繋がります。

たとえ辛いことが続いても、自分の夢や目標のために行動することが大切です。

4. 魂のレベルが高い人は自分と周囲を比べない

魂のレベルが高い人は自分と周囲を比べない

魂のレベルが高い人は、自分と周囲をあまり比べようとはしません。

人というのは比較から逃れられない生き物です。

しかし、魂のレベルが高ければ高いほど、そうしたしがらみを気にせず、自身の意思によって行動できるようになります。

相手を羨むことや妬むことを止め、自分のために行動し、成長できるのです。

また、魂のレベルが高い人は、相手と良い意味で高め合う関係を保つことができます。

向上心があるので、自分の能力や技術を磨きあげて、より高みを目指すことができるでしょう。

そして、相手を貶したり、こき下ろすことなく、尊敬し讃えることができる人なのです。

魂のレベルが高い人は、自分への自信と、相手への敬意のバランスが取れているのです。

5. 魂のレベルが低い人は常に比較し劣等感や嫉妬心を抱いている

魂のレベルが低い人は常に比較し劣等感や嫉妬心を抱いている

魂のレベルが低い人は常に自分と相手を比較し、一喜一憂しやすい人です。

人というのは比較から逃れられない生き物ですが、いつも比較に縛られた生き方では、自身を成長させることはできません。

自分は自分、相手は相手と割り切ることも大切なのです。

また、魂のレベルが低い人は、劣等感が強く、激しい嫉妬心を抱きやすいでです。

自分に自信がないため、相手を陥れたり、貶めたり、こき下ろしたりと、他者への攻撃性が強くなってしまいがちです。

敵を作りやすく、孤立しやすいので、行動や言動には注意を払わなければなりません。

相手を下げたからといって、自分の価値が上がるわけではないことを理解しましょう。

そして、自分の能力や技術を高めるために努力をし続け、相手に敬意を払うことが大切です。

6. 魂のレベルが高い人は夢や目標が明確である

魂のレベルが高い人は夢や目標が明確である

魂のレベルが高い人は、夢や目標が明確であり、現実的な行動ができる人です。

情熱を持ちながらも、冷静であるため、計画的かつ堅実に行動でき、目標を成し遂げる力を持っています。

中には、子供頃から具体的な夢や目標があり、コツコツと努力を続け、成し遂げた人もいるでしょう。

もちろん、人にはそれぞれ能力の差というのものがあります。

才能に恵まれている人もいれば、そうではない人もいるでしょう。

しかし、魂のレベルが高い人というのは、そうした才能の差のせいにしたり、誰かの才能を羨んだりはしません。

客観的な視点を持ち、自分の能力や技術をきちんと把握しており、その力を高めるために努力できる人なのです。

そして、高い志は持ちながらも、無謀な挑戦はしません。

周囲を巻き込むのではなく、その心持ちや潔さから、自然と協力が得られる人でもあるのです。

そして、周囲からの助力を素直に受け取り、感謝できる人なのです。

7. 魂のレベルが低い人は怠惰である

魂のレベルが低い人は怠惰である

魂のレベルが低い人は怠惰な性格です。

夢や目標が曖昧で、その日暮らしな生活や、その場過ごしな生き方をしていることが多いです。

ある意味では、解放と自由に囲まれていますが、宙ぶらりんな根なし草のような人生になることが多いでしょう。

そして、本当の意味では自由を謳歌できておらず、「自分は何をしたいのか」「何をすべきなのか」ということに懊悩している場合が多いのです。

また、夢や目標を見つけたとしても、実現不可能であったり、無謀な場合が多いでしょう。

感情的で衝動的に行動してしまうため、行き当たりばったりで、結果や成果が安定しません。

継続的な努力もできないので、自分の思い描いたビジョンを現実にすることができないでしょう。

妄想や空想に浸るのではなく、現実を見て行動することが大切です。

そして、怠け癖や遊び癖というもの治さなければなりません。

一度怠惰に身を落としてしまうと、ストイックに生きることは難しくなります。

毎日を大切に生き、コツコツと努力をし続けることで、自身のレベルを高めることができるでしょう。

8. 魂のレベルが高い人は心穏やかで思いやりにあふれている

魂のレベルが高い人は心穏やかで思いやりにあふれている

魂のレベルが高い人は、心が穏やかで思いやりにあふれている人です。

「仏のような人」と評されるように、いつも微笑みを絶やさず、困っている人や悩んでる人に手を差し伸べられる存在なのです。

そしてその優しさというのは、押しつけがましさがなく、おせっかいにならないことも特徴です。

自分自身の感情をぶつけるのではなく、相手を真に思いやることができるからこそ、そうした愛情や優しさを与えることができるのです。

そして、魂のレベルが高い人と言うのは、衝動性に負けることはありません。

自分の欲求や願望を上手くコントロールすることができ、そのエネルギーを自分の活動のために昇華することができます。

喜怒哀楽が穏やかなので、多くの人が慕い集まってくるでしょう。

分け隔てのない優しさや、愛情が幸せを呼び込むのです。

9. 魂のレベルが低い人は感情的で自己中心的である

魂のレベルが低い人は感情的で自己中心的である

魂のレベルが低い人は感情的で、自己中心的な人です。

自身の感情の変化に振り回されてしまいがちで、その態度や感情表現によって、周囲の人たちにも良くない影響を与えてしまうでしょう。

特に、怒りっぽく、キレやすいので、自身の感情をコントロールする術を持たなければなりません。

心のムラというのは、体のバランスや、運気のバランスを乱してしまいます。

心穏やかにいることで、平和や幸福を呼び込むことができるのです。

また、魂のレベルが低い人は、自分中心に行動してしまいがちです。

夢や目標のためにアクションすることは大切ですが、他者をないがしろにするようなふるまいは許されません。

相手を思いやって初めて、自分のために行動することができるのです。

一方的な想いや、独りよがりな感情を相手にぶつけるのもやめましょう。

攻撃的、要求的な発言というのは、相手を傷つけるだけではなく、自分の価値をも貶めてしまうものです。

相手に求めたり、周囲から奪おうとするのではなく、与えようとする心や、分かち合おうとする心を大切にしましょう。

10. 魂のレベルをあげるには

魂のレベルをあげるには

魂のレベルをあげるためには、さまざまな努力が必要です。

まず、相手を思いやって行動できる人になりましょう。

オンリーワンという考え方はありますが、行きすぎてしまえば、自分本位になってしまいがちです。

自分を主役と考えるのではなく、集団を支える上での、大事な役割の一つだと考えることが大切です。

独善的な考えや、自己中心的な行動は控え、優しさをもって接するように心がけましょう。

しかし、だからといって、過度に自分を否定したり、自身を失ってしまってはいけません。

常に、高い志を忘れずに、夢や目標を持って行動することが大切です。

怠惰さに身を浸さずに、日々を大切にして生きていきましょう。

まとめ

魂のレベルは、自身の行動やふるまいによって変化するものです。

魂のレベルを高めたいのであれば、自分の欠点や短所を見直し、よりよい自分になれるように努力することが大切なのです。

魂のレベルが高い人と低い人の違いをまとめました。


魂のレベルとは

人に人格が備わっているように、その内に魂にも霊格と呼ばれる格が存在しています。

霊格というのは、その人自身の性格や、行動、思考を大きく左右するものであり、どのように生きるかに関わってくる大切な物です。

生まれもって魂のレベルは決められています。

しかしながら、これからの生活やふるまいによって、良くも悪くも変えていけるものなのです。

怠惰であったり、わがままであったりすれば、すぐに魂のレベルは下がり、心身共に穢れてしまうでしょう。

逆に、思いやりを忘れず、しかし自由意志も大切にしながら行動することで、魂のレベルを上げることができるのです。

奉仕の心と共に、常に努力することを忘れないように心がけましょう。

自身の技術や能力を磨くように、魂も磨き上げることが大切なのです。

魂のレベルが高い人はポジティブである

魂のレベルが高い人は、ポジティブです。

前向きさや、好奇心の強さや、明るい性格によって、自分の道を切り開くことができるでしょう。

朗らかな笑顔をしていることが多く、自然と人が集まりやすいです。

そして、ただ明るいだけではなく、思いやりや優しさに溢れた人でもあります。

そうした性格から、人の縁、仕事の縁、お金の縁など、さまざまな縁に恵まれる体質を持っているのです。

また、その前向きさは、困難に立ち向かう際にも役立つでしょう。

トラブルやアクシデントに巻き込まれたからといって、卑屈になったり、諦めたりするのではく立ち向かう勇気をもっている人です。

心だけでなく、体力にも富んでいるので、少々のことではへこたれずに、取り組むことができるでしょう。

前向きさというのは、さまざまな面で幸運を呼ぶためのカギになるのです。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月24日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!