占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20171219125844.html
距離を置きたい!距離を置く効果や距離を置きたいと思う心理

距離を置きたい!距離を置く効果や距離を置きたいと思う心理 | SPITOPI

SPITOPI
距離を置きたい!距離を置く効果や距離を置きたいと思う心理

スポンサーリンク

お付き合いをしていると、必ず倦怠期のようなものが訪れます。

そんなとき、別れるまでにもいかないものの、愛情があるのかをお互いに確かめるために距離を置きたいと考えることもあるかもしれません。

よく、距離を置きたいというような言葉を使われますが、その言葉は別れたいという意味だと解釈している人も多いのです。

そのため、別れを選択したくない側としては、距離をおくことで別れが訪れるのではないかと感じることもあるとされています。

距離を置くという選択は果たして正しいのか、距離を置くことで得ることが出来ることが何なのかを気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで、距離を置くことで得ることが出来る効果や距離を置いているときの対策などをご紹介します。

  • 距離を置く効果とは
  • 距離を置く男性の心理とは
  • 距離を置く女性の心理とは
  • 距離を置きたいと言われたら
  • 距離を置く期間とは
  • 距離を置いているときの連絡は
  • 距離を置きたいときの伝え方
  • 距離を置くのは別れのサインか
  • 距離をおいているときに必要なこと
  • 上手に距離を置くには
  • まとめ

1. 距離を置く効果とは

距離を置く効果とは

カップルなど、喧嘩が耐えなくなったり、関係性が悪くなったときなどに別れようと考える人もいますが、せっかく愛した相手ですので、簡単に別れたくないと感じて、距離を置くという選択をされる方も多いのではないでしょうか。

カップルなどが距離を置くことは、互いの気持ちを再認識することが出来るため、より効果をもたらすとされています。

距離を置くということは、いつも一緒にいることが当たり前になり、互いの大切さを忘れかけたときなどに効果的であるとされています。

付き合い始めたときは愛する人と一緒にいれることが嬉しくて、相手の言動に寛大だった人も、一緒にいることが当たり前になってしまうと、なかなか許すということができなくなります。

離れてみたことで本当に互いにとって必要だったのかを知ることが出来るため、距離を置くというのは有効だとされています。

しかし、なかには距離を置くということが別れの言葉として利用されている方もいますので注意が必要となります。

2. 距離を置く男性の心理とは

距離を置く男性の心理とは

男性側が距離を置きたいと言い出したとき、それはどんな心理状態にあるのでしょうか。

男性というのは、好きな女性を手離すことを恐れるものであるとされています。

そのため、まだ気持ちがある女性に対しては距離を置きたいとは言いません。

そのため、男性の距離を置きたいという発言は別れを決意している傾向にあります。

また、男性というのは別れを素直に切り出せない人もいます。

相手によく思われたい、別れを率直にいうことによって泣きつかれたら困るなと感じていることから、距離を置くという言葉を利用して、別れたいという意思を伝えようとします。

男性というのは、冷静に考えたいから距離を置くというような考えではなく、穏便に別れたいから距離を置くことが多いとされています。

しかし不思議なことに、冷却期間を過ぎて女性側がアプローチすると、男性の方が元に戻ることを承諾する人が多いとされています。

3. 距離を置く女性の心理とは

距離を置く女性の心理とは

距離を置きたいという女性の心理とは、冷静に互いのことを考えたいというような気持ちが大きいとされています。

女性は多くのことを考える性質ですので、距離を置きたいというときには、別れを決意しながらも本当にその選択で間違っていないのかを確かめるというような意味で距離を置きたいと持ちかける可能性が高いとされています。

また、さみしがり屋の女性などは別れてしまってはもったいないというような気持ちが大きいとされています。

女性が距離を置くというような選択を選んだとき、それは別れを決意したことではありませんが、結果的に別れることが多いというのが、女性から距離を置きたいと申し出たパターンです。

4. 距離を置きたいと言われたら

距離を置きたいと言われたら

パートナーから距離を置きたいと言われたら、どれだけあなたが離れたくないと感じていたとしても、素直にその意見を受け入れることが大切となります。

距離を置きたいと言われたということは、二人の関係性に大きな疑問を抱いているとされています。

そのため、あなたが執拗に関係を終わらせたくない、離れたくないと引き留めることによって、相手が距離を置くというような選択から別れを決意してしまうかもしれません。

一度別れてしまうと復縁というのはなかなか難しいので、パートナーから距離を置きたいと言われたら、辛いでしょうが承諾して、距離を置く期間などもしっかりと話し合うことが大切なのかもしれません。

間違っても、泣きついて別れたくないと騒いだり、距離を置きたいというのは別れのサインなのでしょうと詰め寄らないようにしてください。

距離を置きたいと申し出て、あなたがその申し出に対応した姿というのは、相手にとってはあなたの最後の記憶ですので、最後にはしっかりと相手の気持ちを尊重するという態度を見せることで、距離を置く期間中はあなたが相手の申し出に素直に答えてくれて、自分の気持ちを理解してくれたというようなうれしい気持ちが残すことが出来ます。

5. 距離を置く期間とは

距離を置く期間とは

距離を置くというとどれくらいがベストなのだろうかと悩まれるかもしれませんが、距離を置く期間というのはベストな期間があります。

距離を置く期間というのは、距離を置くと言い出したのが男性であれば、半年から一年ほどがベストだとされています。

距離を置くときには少なからずとも相手に対して嫌悪感を抱いていますので、その嫌悪感が薄れるのは半年だとされています。

付き合いが長いと半年以上は必要ですが、男性の嫌悪感を半年で楽しい思い出に塗り替えられるとされています。

また、男性というのは記憶をいくつも保存しているタイプですので、過去に付き合った女性に対してはほんの少しでも気持ちがあるというような人が多いとされています。

そのため、男性側が距離を置くことを提案した方が別れずに済むパターンが多いのです。

しかし、もしも付き合いが長くて距離を置くことになったのであれば、一年くらいは冷却期間を設けた方が無難かもしれません。

女性が男性に対して距離を置きたいと申し出た場合、男性よりも冷却期間を長く持たなくてはなりません。

女性は嫌なことなどを記憶に残しておくタイプであるとされていますので、女性の場合の冷却期間は一年から二年だとされています。

付き合いがながければ互いの思い出が多いはずですので、もっと冷却期間が必要となります。

女性は自分の気持ちを確かめるために距離を置きたいと考えますが、相手に対する憎しみなどは癒されにくいとされています。

また、女性は男性とは異なり、付き合った男性を記憶から消去してしまおうとするものです。

男性は付き合った女性に対しての思い出を保存しますが、女性は上書きするとされています。

男性よりも女性の方が辛い思い出を楽しい思い出に変える時間がかかるとされていることから、男性よりも冷却期間を長く設けています。

もしも距離を置くという理由が男性側の不貞などであった場合は、女性はその裏切られた記憶を忘れることが出来ないことから、別れを決意する人が多いともされており、男性側が距離を置くことを告げられた場合に別れたくなければ、別れないように最大限の努力が必要となります。

6. 距離を置いているときの連絡は

距離を置いているときの連絡は

距離を置くことになり、半年や一年なども相手に連絡できないのは嫌だと感じる方も多いと思います。

そのため、会ったりはしないものの連絡だけは取りたいと考える方も多いのではないでしょうか。

連絡だけならと考えているかもしれませんが、距離を置いている期間は連絡もしないように心がけます。

向こうから連絡があれば対応してもいいかもしれませんが、距離を置いているということを踏まえた話し方をしなくてはならないとされています。

友達というような対応で、元に戻りたいと言わないようにするべきだとされます。

もしも自分が距離を置くことを持ちかけた場合にも、元に戻りたいと思っていないうちに連絡をしてしまうと相手に勘違いをされてしまう可能性があるので注意してください。

7. 距離を置きたいときの伝え方

距離を置きたいときの伝え方

向こうから距離を置きたいと言われるのではなく、あなたがパートナーと距離を置きたいと考えているのであれば、まずは距離を置きたいと考えている根本的な理由を探ることが大切となります。

理由もなしに距離を置きたいと言うと、相手も納得しようがありませんので、最近喧嘩が多いなと感じたのであれば正直に伝えることが大切となります。

また、喧嘩をした延長戦で怒りに任せて言うのではなく、互いに冷静な時にきちんと話し合うことが必要となります。

喧嘩の時などに距離を置きたいと言うと、相手は別れるということだと解釈してしまいます。

また、本当に距離を置きたいと言っているのか伝わりにくいとされていますので、二人でしっかりと時間を作ることが必要となります。

8. 距離を置くのは別れのサインか

距離を置くのは別れのサインか

距離を置きたいと言われたとき、多くの方が別れのサインなのかと感じるかもしれません。

距離を置きたいというのは、残念ながら別れのサインであることが多いとされています。

元に戻るかもしれないと感じながら距離を置きたいと申し出る人というのは実は少ないとされています。

多くの場合は別れを決意しながらも距離を置きたいと伝えることがあるとされています。

しかし、別れのサインだったとしても別れが待ち受けているということではありません。

距離を置きたいと言われて、元に戻りたいと考えているのであれば、冷却期間中に戻るための努力をすることが必要となります。

9. 距離をおいているときに必要なこと

距離をおいているときに必要なこと

距離を置いている期間というのは、長くて辛い時間だと思います。

いつもそばにいた人が突然いなくなる、イベント時期には一緒に過ごした日々のことを思い出して、ついつい距離を置いているにもかかわらず連絡してしまうという人もいますが、距離を置いているときというのは、あなたの時間を思いっきり楽しんだり、時にはなぜ距離を置きたいと言われたのかを振り返ってみてもいいかもしれません。

いつも一緒にいるのが当たり前になっており、おしゃれをすることがなくなったり、相手に気づかないをすることが出来なくなったというようなことに気がつくことが出来たら、その自分の悪いと感じた部分を直すように努力をすることが必要となります。

また、冷却期間は最低でも半年はありますので、長いように感じますがその間は自分を磨くための時間なのです。

冷却期間というのは、互いの気持ちを再認識するというような目的がありますが、距離をおいた後にもう一度相手に好きになってもらわなくてはなりません。

見た目から変えるような努力をして、冷却期間を過ぎて再会したときに全く違うあなたの姿で出会うことができると、距離を置いたら別れではありませんのでしっかりと自分磨きをする時間を与えてもらえたととらえてください。

10. 上手に距離を置くには

上手に距離を置くには

距離を置きたいと言っても、どれぐらいが適切なのかは互いに感覚が違うと思います。

あなたはそろそろだと思っても、相手はまだまだだと感じていたり、自分の気持ちに整理がつかないうちに相手から連絡が来て慌てないように注意が必要となります。

そのためには、距離を置くということになったとき、いつまでというような期間を設けておくといいかもしれません。

例えば、男性側が距離を置くことを提案したのであれば、半年後に連絡するというような約束を互いに交わしておくと、毎日ドキドキしながら過ごさなくてもいいとされています。

その期間中はどれだけ相手のことを思い出したとしても、絶対にこちらから連絡をしないように気を付けてください。

また、連絡をしないけれど相手がどうしているのかを共通の友人などに相談したり、探りを入れないようにしてください。

探りを入れたことによって、その友人が相手に伝えてしまい、相手が不快に思うことがあり、元に戻る可能性が消滅してしまうかもしれません。

上手に距離を置くには、まずは互いに期間を設けておくことと、相手のことを探ったり、連絡したりすることは避けておいてください。

まとめ

相手から距離を置くことを言い出されてしまったら、ショックだと感じるかもしれませんが、それは別れではないことを理解しておくことが大切となります。

パートナーから距離を置こうと言われても、あなたの頑張り次第で元に戻ることが出来るかもしれません。

距離を置くというのはあなたにチャンスを与えてくれたのだと思い、適切な冷却期間などをしっかりと踏まえた上でその効果を実感してください。

お付き合いをしていると、必ず倦怠期のようなものが訪れます。

そんなとき、別れるまでにもいかないものの、愛情があるのかをお互いに確かめるために距離を置きたいと考えることもあるかもしれません。

よく、距離を置きたいというような言葉を使われますが、その言葉は別れたいという意味だと解釈している人も多いのです。

そのため、別れを選択したくない側としては、距離をおくことで別れが訪れるのではないかと感じることもあるとされています。

距離を置くという選択は果たして正しいのか、距離を置くことで得ることが出来ることが何なのかを気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで、距離を置くことで得ることが出来る効果や距離を置いているときの対策などをご紹介します。


距離を置く効果とは

カップルなど、喧嘩が耐えなくなったり、関係性が悪くなったときなどに別れようと考える人もいますが、せっかく愛した相手ですので、簡単に別れたくないと感じて、距離を置くという選択をされる方も多いのではないでしょうか。

カップルなどが距離を置くことは、互いの気持ちを再認識することが出来るため、より効果をもたらすとされています。

距離を置くということは、いつも一緒にいることが当たり前になり、互いの大切さを忘れかけたときなどに効果的であるとされています。

付き合い始めたときは愛する人と一緒にいれることが嬉しくて、相手の言動に寛大だった人も、一緒にいることが当たり前になってしまうと、なかなか許すということができなくなります。

離れてみたことで本当に互いにとって必要だったのかを知ることが出来るため、距離を置くというのは有効だとされています。

しかし、なかには距離を置くということが別れの言葉として利用されている方もいますので注意が必要となります。

距離を置く男性の心理とは

男性側が距離を置きたいと言い出したとき、それはどんな心理状態にあるのでしょうか。

男性というのは、好きな女性を手離すことを恐れるものであるとされています。

そのため、まだ気持ちがある女性に対しては距離を置きたいとは言いません。

そのため、男性の距離を置きたいという発言は別れを決意している傾向にあります。

また、男性というのは別れを素直に切り出せない人もいます。

相手によく思われたい、別れを率直にいうことによって泣きつかれたら困るなと感じていることから、距離を置くという言葉を利用して、別れたいという意思を伝えようとします。

男性というのは、冷静に考えたいから距離を置くというような考えではなく、穏便に別れたいから距離を置くことが多いとされています。

しかし不思議なことに、冷却期間を過ぎて女性側がアプローチすると、男性の方が元に戻ることを承諾する人が多いとされています。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2020年01月24日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!