占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20171215145315.html
「天使」の夢を見る意味とは?夢占いでの解釈

「天使」の夢を見る意味とは?夢占いでの解釈 | SPITOPI

SPITOPI
「天使」の夢を見る意味とは?夢占いでの解釈

スポンサーリンク

欧州の宗教画には、画面のどこかに、必ずといってもよいほど、天使の姿が描かれています。

時には、人物のそばや周りを飛びながら、あるいは、画面の四隅から、中心人物をのぞき込むように描かれていることもあります。

また、背中に小さな羽が描かれていて、それと分かる人物の場合もあります。

限りない優しさや純粋、無垢な心をもった存在として、神と人間との間を取りもつ、大事な役目もったある意味での妖精でもあります。

「天使」の夢を見る意味とは?夢占いでの解釈
  • 天使の夢の基本的な意味
  • 天使に会う夢が意味するもの
  • 天使からメッセージを授かる夢が意味するもの
  • 白い羽を持った天使が家の中に入る夢が意味するもの
  • 天使と楽しく遊ぶ夢が意味するもの
  • 大勢の天使が現れる夢が意味するもの
  • 天使のつぶやきを聞く夢が意味するもの
  • 天使に叱られる夢が意味するもの
  • 天使になる夢が意味するもの
  • 天使に連れられて飛ぶ夢が意味するもの
  • 天使の人形を見る夢が意味するもの
  • 天使の絵を見る夢が意味するもの
  • 傷ついた天使を見る夢が意味するもの
  • 弓矢を放つ天使を見る夢が意味するもの
  • 弓矢で刺される夢が意味するもの
  • まとめ

1. 天使の夢の基本的な意味

天使の夢の基本的な意味

天使は、神からの使者であり、やさしさや純粋、無垢、純真といったものを象徴しています。

真逆の面にある、悪意や猜疑、狡猾といったものがない、例えれば、公正、正義、道徳といったものを象徴しています。

また、そうした象徴と共に、苦しい状況にあるところに、救いの手を差しのべてくれる救いの神的存在でもあります。

そして、恋の矢を放つのは、あまりにも有名です。

なお、背中に羽をもっていることから、天寿を全うして天国へのぼっていく、自然死を予兆する使者の役目もありますが、ここでは取り上げません。

2. 天使に会う夢が意味するもの

天使に会う夢が意味するもの

天使が空から舞い降りてきたり、目の前に現れたり、あるいは、天使と会う夢は、あなた自身が、現状に疲れ切ってしまって、天使の舞い遊ぶような現実離れした世界へ、逃げ込もうとしていることを表しています。

現実とは、およそかけ離れた世界に、あこがれや理想社会を思い描いていることを表しています。

また、それが、何度も現れるようであれば、仕事や直面している問題から完全に、逃げていることを意味します。

しかし、にげても事は、解決しません。

正面から向き合い、解決策を模索する努力をしましょう。

3. 天使からメッセージを授かる夢が意味するもの

天使からメッセージを授かる夢が意味するもの

天使から、メッセージをもらう夢は、優れたアイディアや新しい発想を思いつくことを暗示しています。

また、幸せな気持ちになれることができ、もし、天使からプレゼントをもらうような夢だったら、望んでいたことや憧れていたことが、近いうちに手に入ることを暗示しています。

4. 白い羽を持った天使が家の中に入る夢が意味するもの

白い羽を持った天使が家の中に入る夢が意味するもの

白い羽を持った天使が家に入って来る夢は、思いがけない幸運が舞い込んでくる吉夢です。

ただし、その天使が、ケガしていたり、悲しそうな顔や泣き顔だったりだと、吉夢は、全く逆の意味をもってきて、警告夢に代わり、何らかの危機が近づいていることを暗示することになるので、注意が必要です。

5. 天使と楽しく遊ぶ夢が意味するもの

天使と楽しく遊ぶ夢が意味するもの

天使と遊んでいる夢は、心境の変化を望んでいることを表しています。

穏やかなやさしい環境の中で、心が通じ合う仲間と共に過ごしたいという願いを暗示しています。

その裏には、現実社会でのぎすぎすした人間関係への嫌気や嫌悪感が、暗示されているのかもしれません。

6. 大勢の天使が現れる夢が意味するもの

大勢の天使が現れる夢が意味するもの

大勢の天使が現れて、周りを飛び回ることを、いい気持ちだと感じたら、今が幸せに満ち足りていることを暗示しています。

そして、自分の味方となってくれる、頼もしい仲間が、身の回りに大勢いることを、同時に暗示しています。

これに対して、嫌な気持ちに感じたら、身の回りに、大勢のライバルがいることを暗示しています。

仕事であれば、同期入社や同郷の仲間との昇任争い、恋愛関係で言えば、同じ異性を狙う恋敵の出現といったことになります。

7. 天使のつぶやきを聞く夢が意味するもの

天使のつぶやきを聞く夢が意味するもの

天使のつぶやきを聞いたり、耳元で囁かれたりする夢は、幸運が舞い込むことを暗示しています。

病に伏していたり、問題やトラブルを抱えたりしている人にとっては、病が治ることや問題やトラブルが、解消されることが暗示されることになります。

さらに、天使が何か具体的なことを囁いたら、その通りに行動することで、願い事が叶ったり、運気が上昇したりすることを暗示しています。

8. 天使に叱られる夢が意味するもの

天使に叱られる夢が意味するもの

天使に叱られるのは、精神的に打たれ弱いことを暗示しています。

傷つきやすく、折れやすい精神に対して、逆に、強靱な精神をもつように求めていることを暗示しています。

現代社会は、SNSを使っての非難、中傷など、いとも簡単に行われ、自分を隠して人を中傷するなど、日常茶飯事です。

天使のような無垢で、純粋な精神も大事ですが、強い精神も必要です。

9. 天使になる夢が意味するもの

天使になる夢が意味するもの

天使になる夢は、理想とする心の持ち主へ変身したいという願望を暗示しています。

純粋な心や清らかな心でありたいという願いを暗示している夢です。

これは、たいそう難しいことで、早々、簡単にできるものではありません。

だから、逆に、この夢を見る人は、濁った心で、汚いことをしてしまった事に対する、呵責の念にさいなまれていると見ることもできます。

10. 天使に連れられて飛ぶ夢が意味するもの

天使に連れられて飛ぶ夢が意味するもの

天使に連れられてふんわりと飛ぶ夢は、誰かに頼りたいという弱い気持ちになっていることを暗示しています。

自分の意見や考えに、自信がもてなくなった時などに、見る夢です。

自分の考えに同調してくれる人や、手伝いをしてくれる人など、事の成功に向けて、頼りにしたい人を求めている夢です。

心のどこかに不安な部分があって、取り除いてほしいと願う気持ちが、夢の形に表れたものだと考えられます。

11. 天使の人形を見る夢が意味するもの

天使の人形を見る夢が意味するもの

天使の置物や人形、」ぬいぐるみといったものの夢を見るのは、純粋な心や良心、人としての正しい心が、失われていることを暗示しています。

失った心が、天使の人形や置物、ぬいぐるみに姿を変えて、忠告していると考えられます

12. 天使の絵を見る夢が意味するもの

天使の絵を見る夢が意味するもの

天使の夢を見るのは、まさに天使のような無垢で純粋な心をもった人物で、現実社会での天使の姿を象徴するかのような人物との出会いを暗示しています。

さらに、その人物は、困ったときや苦しいとき、万策尽きたときなどに、強い味方であり、助け船である友人になることをも暗示しています。

13. 傷ついた天使を見る夢が意味するもの

傷ついた天使を見る夢が意味するもの

傷ついた天使を見る夢は、失望するような、信じられない出来事が、起きることを暗示しています。

それは、裏切り行為であったり、やさしさにつけ込んだ、そのことを逆手に取るような悪事であったりと、人を信じられなくするような、正に、失望感にとらわれる出来事に遭遇することを暗示しています。

14. 弓矢を放つ天使を見る夢が意味するもの

弓矢を放つ天使を見る夢が意味するもの

弓矢を放つ天使の夢を見るのは、新たな恋愛が始まることを、意味しています。

放つ弓矢には、理想の異性と出会うことへの願いが暗示されています。

もし特定の異性に向かって放った場合は、矢を刺された異性が、矢を放った異性に対して好意をもっていることを暗示しています。

15. 弓矢で刺される夢が意味するもの

弓矢で刺される夢が意味するもの

弓矢で射られ、矢が刺さる夢は、不幸の始まりを暗示するかのようですが、実は、逆夢です。

幸運が訪れる兆しを暗示する夢です。

職場で、同期や先輩を追い越して、大抜擢を受けたり、思いもかけない意外な異性から告白を受けたりと、予想できないような幸運が舞い込むことを暗示した縁起の良い逆夢です。

まとめ

まとめ

天使の夢を見ることは、基本的に、やさしさや純粋さ、正直な心や無垢な心を取り戻すことを、自分自身はもちろんのこと、友人や周りの人逹からも受け取っていくきっかけとなるものが、天使の登場であるように感じられます。

天使の姿から、本来のやさしさや純粋さに気づき、自分を見直し、変えていこうとする一連の流れが、生まれてくるようです。

欧州の宗教画には、画面のどこかに、必ずといってもよいほど、天使の姿が描かれています。

時には、人物のそばや周りを飛びながら、あるいは、画面の四隅から、中心人物をのぞき込むように描かれていることもあります。

また、背中に小さな羽が描かれていて、それと分かる人物の場合もあります。

限りない優しさや純粋、無垢な心をもった存在として、神と人間との間を取りもつ、大事な役目もったある意味での妖精でもあります。


天使の夢の基本的な意味

天使は、神からの使者であり、やさしさや純粋、無垢、純真といったものを象徴しています。

真逆の面にある、悪意や猜疑、狡猾といったものがない、例えれば、公正、正義、道徳といったものを象徴しています。

また、そうした象徴と共に、苦しい状況にあるところに、救いの手を差しのべてくれる救いの神的存在でもあります。

そして、恋の矢を放つのは、あまりにも有名です。

なお、背中に羽をもっていることから、天寿を全うして天国へのぼっていく、自然死を予兆する使者の役目もありますが、ここでは取り上げません。

天使に会う夢が意味するもの

天使が空から舞い降りてきたり、目の前に現れたり、あるいは、天使と会う夢は、あなた自身が、現状に疲れ切ってしまって、天使の舞い遊ぶような現実離れした世界へ、逃げ込もうとしていることを表しています。

現実とは、およそかけ離れた世界に、あこがれや理想社会を思い描いていることを表しています。

また、それが、何度も現れるようであれば、仕事や直面している問題から完全に、逃げていることを意味します。

しかし、にげても事は、解決しません。

正面から向き合い、解決策を模索する努力をしましょう。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月06日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!