占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20171209113305.html
カルマの法則は本当?恋愛運気を上げる方法

カルマの法則は本当?恋愛運気を上げる方法 | SPITOPI

SPITOPI
カルマの法則は本当?恋愛運気を上げる方法

スポンサーリンク

カルマ(業)とは仏教用語で、「行為・意志による活動」を意味していて、因果関係における「原因」に相当するものです。

「カルマの法則」とは「因果応報」のことを意味していますが、カルマの法則で運気を上げて人生を好転させるにはどうすれば良いのでしょうか。

  • カルマの法則とは何か?
  • カルマの法則における因果応報と善行・悪行についての考え方
  • カルマの法則で運気運勢を上げるコツ1:大我を持って利他行為をしなさい
  • カルマの法則で運気運勢を上げるコツ2:人に感謝の気持ちを持つこと
  • カルマの法則で運気運勢を上げるコツ3:人を気持ちよくする言葉遣いを心がける
  • カルマの法則で運気運勢を上げるコツ4:弱っている人を助けて上げましょう
  • カルマの法則で運気運勢を上げるコツ5:食事では「生命」に感謝しましょう
  • カルマの法則で運気運勢を上げるコツ6:善行に対する倍返しの実践
  • カルマの法則で運気運勢を上げるコツ7:常に平常心を保って冷静であること
  • カルマの法則で運気運勢を上げるコツ8:良いことも悪いことも受け容れること
  • カルマの法則の活用で恋愛運をアップする
  • カルマの法則の活用で金運をアップする
  • まとめ

1. カルマの法則とは何か?

カルマの法則とは何か?

「カルマの法則」とは、「カルマ(過去の行為)」に基づいて必然的に結果が出てくるという法則であり、分かりやすく一言で言えば「因果応報」の法則になります。

原因があって結果があるという因果関係について、「良い行いをすれば良い結果が出る」「悪い行いをすれば悪い結果が出る」という道徳的な因果関係を指し示しているわけです。

カルマの法則の起源は、古代インドのヒンドゥー教(バラモン教)の教義にあるとも仏教の創始者ブッダの教えにあるとも言われています。

前世の行いまで関係することもありますが、一般的には「自分の行いの善し悪しによって結果が生まれる法則」と考えて下さい。

2. カルマの法則における因果応報と善行・悪行についての考え方

カルマの法則における因果応報と善行・悪行についての考え方

自分の行為の善し悪しによって結果が決まるというと、「その善悪の判断基準は何になるのか?誰が決めるのか?」という話になってきますが、究極的には目に見えない「道徳的な因果律・宇宙的な法則」がカルマに対する結果を規定していると考えられています。

道徳的な因果律や宇宙的な法則の根本にあるのが「神仏・神秘的な力」などになってくるわけですが、「何が善行で何が悪行なのか?」は自分の常識や判断だけでは簡単に決められないこともあります。

基本的には「自分が生きている時代における善悪の基準(現代であれば殺人禁忌・利他行為など)」や「先人たちが積み重ねてきた道徳的判断の基準」に従えば良いということになります。

3. カルマの法則で運気運勢を上げるコツ1:大我を持って利他行為をしなさい

カルマの法則で運気運勢を上げるコツ1:大我を持って利他行為をしなさい

仏教では「自我(私)」にこだわって、自分の都合や利益ばかりを優先する自我意識のことを「小我」といいます。

それに対して、「自我(私)」へのこだわりを捨てて、より広い宇宙的・人間的な視野で人(世の中)のために生きていこうとする自我意識を「大我」といいます。

カルマの法則で善行を積んで運気を上げていくためには、まず「小我」を捨てて、できるだけ「大我」に近づけるようにしなければなりません。

大我は人を差別せずに無償の愛を注ごうとする自我意識であり、自分が人に何かをして上げても「見返り」を求めることがありません。

そういった理想的な自我意識に近づけるように、自分なりの努力や意識変革を心がけてみて下さい。

4. カルマの法則で運気運勢を上げるコツ2:人に感謝の気持ちを持つこと

カルマの法則で運気運勢を上げるコツ2:人に感謝の気持ちを持つこと

カルマの法則で善行を積んで良い結果を得るためには、人に対して「悪意・敵意・憎悪」ではなく「好意・愛情・感謝」を持つことがとても大切になってきます。

人を嫌って恨んだり怒ったりしていては、知らず識らずのうちに人を傷つけたり苦しめたりする「悪行」に手を染めて、カルマの法則で悪い結果を引き寄せることになります。

あなたは何でも人からしてもらって当たり前だと思っていませんか。

笑顔で挨拶してくれた人、コンビニでレジを打ってくれた店員さん、仕事でフォローしてくれた同僚などにきちんと感謝して「ありがとう」という気持ちを少しでも伝えているでしょうか。

人に感謝の気持ちを持って、人のために生きようと思うことが、あなたのカルマを善行に近づけるのです。

5. カルマの法則で運気運勢を上げるコツ3:人を気持ちよくする言葉遣いを心がける

カルマの法則で運気運勢を上げるコツ3:人を気持ちよくする言葉遣いを心がける

仏教では「嘘」と同じように「悪口」を戒律違反の悪事として非難しますが、「あからさまな悪口」でなくても「汚い言葉遣い・不快な言い回し」はカルマの法則の運気を落としてしまうことになります。

あなたの話し言葉を聞いた人がどんな印象を受けるかを想像してみましょう。

「お前・貴様・おい」などの喧嘩腰の呼びかけはそれだけでカルマを悪行に傾けてしまいます。

「ウザイ・キモイ・死ね」などの明らかに相手の人間としての尊厳を傷つけるような言葉は、その言葉を使った瞬間に「カルマの法則」で悪い結果を自ら招き寄せる行為になってしまいます。

「ありがとう・楽しかった・よろしくお願いします・助かりました」など聞いた人が喜ぶような言葉を意識して使うようにすれば、あなたのカルマは善行に近づくことになるのです。

6. カルマの法則で運気運勢を上げるコツ4:弱っている人を助けて上げましょう

カルマの法則で運気運勢を上げるコツ4:弱っている人を助けて上げましょう

キリスト教や仏教に限らず、古代から宗教の役割は「弱く小さき者」「貧しくて苦しんでいる者」を守ることにありました。

現代では新自由主義(市場原理主義)や「勝ち組・負け組」などの価値観から、弱者をいたわったり守ったりする道徳が衰退してきていますが、「弱っている人・苦しんでいる人・悩んでいる人」に寄り添って助けて上げることは今も変わらぬ「善行」になります。

弱っている人を助けて上げること、見返りを期待せずに苦しんでいる人を支えて上げることは、「カルマの法則」の運気を急上昇させてくれるのです。

自分だけ良ければいいというエゴイズムは、悪い結果を招きます。

7. カルマの法則で運気運勢を上げるコツ5:食事では「生命」に感謝しましょう

カルマの法則で運気運勢を上げるコツ5:食事では「生命」に感謝しましょう

豊かな現代社会では「飢えの苦しみ(ひもじいつらさ)」を知らない人が大多数になり、「食事のできるありがたさ」や「食材となってくれた生命・動植物への感謝」を忘れがちになっています。

しかし、当たり前のように美味しく食べている「牛肉・豚肉・鶏肉」だけでなく、「寿司・刺身・サラダ」だって植物(野菜・果物)まで含めれば、食事とは「生きているものを食材にして頂く行為」なのです。

「カルマの法則」の善悪の判断基準には「生命尊重・食べ物への感謝」があり、生命に感謝して食事を美味しく頂くこともまた善行になってきます。

8. カルマの法則で運気運勢を上げるコツ6:善行に対する倍返しの実践

カルマの法則で運気運勢を上げるコツ6:善行に対する倍返しの実践

人から色々と良くしてもらった時には、自分の側も好意を持って良くして返すというのは常識ですが、「カルマの法則」では「自分がしてもらった事以上のことを返して上げなさい」と教えています。

つまり、「善行に対する倍返し」を実践していくことが、「カルマの法則」の運気運勢を上げることにつながっているのです。

カルマの法則は「見返りを求めること」や「損得勘定にこだわること」を悪行と見なす傾向があり、「無償の愛・分け隔てのない好意」を持って人と接することで「良い結果(幸せな運気)」を引き寄せることができます。

反対に、人から攻撃されたり悪意を向けられたりしても、それに同じようにやり返して報復すれば、カルマの法則では悪行を重ねたことになってしまうでしょう。

9. カルマの法則で運気運勢を上げるコツ7:常に平常心を保って冷静であること

カルマの法則で運気運勢を上げるコツ7:常に平常心を保って冷静であること

「カルマの法則」は感情的に取り乱して暴走したり激怒したりする行為を「悪行」と見なしやすく、冷静な思考力を失えば「悪い結果」が起こりやすくなります。

あなたを激怒させるような相手がいたとしても、その相手に激怒して殴りつけたり殺したりすれば、あなたのカルマは悪行を幾重にも重ねたことになり、非常に悪い運勢に落ち込んでしまいます。

「カルマの法則」は、感情に振り回されず冷静になって「物事の善悪の判断」ができる人に「良い結果(善因善果)」をもたらしやすいようです。

10. カルマの法則で運気運勢を上げるコツ8:良いことも悪いことも受け容れること

カルマの法則で運気運勢を上げるコツ8:良いことも悪いことも受け容れること

「カルマの法則」で運気運勢を上げるためには、「自分の人生の運命を呪わないこと・いじけないこと」が最も大切になると言われています。

「何で俺だけこんなつまらない人生を生きなきゃならないんだ・どうして私だけこんな不幸な目に遭わなきゃいけないの」といった運命を呪う考え方を、カルマの法則は「悪行」として判断しやすく、余計に悪い運命に落ち込んでいく恐れが強いのです。

自分の人生の運命を呪わず受け容れるために必要なこと、それが「良いことも悪いことも受け容れること」なのです。

カルマの法則による悪循環を断ち切る最も有効な方法が、「全てを受け容れて前向きになること」だということを忘れないで下さい。

11. カルマの法則の活用で恋愛運をアップする

カルマの法則の活用で恋愛運をアップする

「カルマの法則」で恋愛運をアップさせる最も現実的な方法は、「出会った人との縁を大切にすること」であり「異性を値踏みしたり見下したりしないこと」です。

あなたは自分の美醜の感覚や損得勘定によって、一方的に「この人はいいけど、この人はダメだ」と決めつけていたりしないでしょうか。

カルマの法則では、出会う異性すべてと過去世からの何らかの因縁(重要な関係性の連鎖)があると考えます。

実際に深く付き合うかどうかは別にして、「相手の人間性・生き方を尊重する態度」で丁寧に接するようにすれば、カルマで善行を積んだことになり、恋愛運も上向くでしょう。

12. カルマの法則の活用で金運をアップする

カルマの法則の活用で金運をアップする

「カルマの法則」と金運の関係は、「人を喜ばせるために、お金を使えば使うほどお金が入ってきやすくなる」というものです。

反対に、「人を傷つけるようなお金の使い方」や「自分さえ良ければいいというお金の使い方」をすれば、悪行のカルマが蓄積して次第に金運が落ち込んでいくことになるでしょう。

「お金を世のため人のために循環させること」が、カルマの法則で金運の運気を力強くアップさせることにつながります。

また、どうせ人のために使うのであれば、「ケチケチせずに気前よく使うこと」も大切になってきます。

利他主義のカルマ(善行)によって、金運はアップするでしょう。

まとめ

過去の行いがカルマ(業)になって因果応報に基づく「運命」を作るのですが、これは簡単に言えば「良い行いをすれば良い結果が起こる・悪い行いをすれば悪い結果が起こる」ということです。

「カルマの法則」で運気を上げるための原理原則は、「人のため世のためになる良い行いをしなさい」ということになります。

反対に、「人を傷つけたり社会に損害を与える悪い行いをしてはいけない」ということにもなります。

実際には、「カルマの法則」には常識的・道徳的な善悪だけでは判断できない「善行と悪行の基準」もありますが、基本的には「先人・先達が積み重ねてきた善悪の判断基準」に従って良い行いをするように努力することで、運気運勢は上昇していくことになります。

「カルマの法則」について調べたい時には、この記事を参考にしてみて下さい。

カルマ(業)とは仏教用語で、「行為・意志による活動」を意味していて、因果関係における「原因」に相当するものです。

「カルマの法則」とは「因果応報」のことを意味していますが、カルマの法則で運気を上げて人生を好転させるにはどうすれば良いのでしょうか。


カルマの法則とは何か?

「カルマの法則」とは、「カルマ(過去の行為)」に基づいて必然的に結果が出てくるという法則であり、分かりやすく一言で言えば「因果応報」の法則になります。

原因があって結果があるという因果関係について、「良い行いをすれば良い結果が出る」「悪い行いをすれば悪い結果が出る」という道徳的な因果関係を指し示しているわけです。

カルマの法則の起源は、古代インドのヒンドゥー教(バラモン教)の教義にあるとも仏教の創始者ブッダの教えにあるとも言われています。

前世の行いまで関係することもありますが、一般的には「自分の行いの善し悪しによって結果が生まれる法則」と考えて下さい。

カルマの法則における因果応報と善行・悪行についての考え方

自分の行為の善し悪しによって結果が決まるというと、「その善悪の判断基準は何になるのか?誰が決めるのか?」という話になってきますが、究極的には目に見えない「道徳的な因果律・宇宙的な法則」がカルマに対する結果を規定していると考えられています。

道徳的な因果律や宇宙的な法則の根本にあるのが「神仏・神秘的な力」などになってくるわけですが、「何が善行で何が悪行なのか?」は自分の常識や判断だけでは簡単に決められないこともあります。

基本的には「自分が生きている時代における善悪の基準(現代であれば殺人禁忌・利他行為など)」や「先人たちが積み重ねてきた道徳的判断の基準」に従えば良いということになります。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2020年01月24日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!