占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20171204143320.html
夢占いが当たらないことも多い理由 | 記憶・整理・感覚・考えていたこと

夢占いが当たらないことも多い理由 | 記憶・整理・感覚・考えていたこと | SPITOPI

SPITOPI
夢占いが当たらないことも多い理由 | 記憶・整理・感覚・考えていたこと

スポンサーリンク

夢占いはとても楽しいものですが、当たらないと感じる人もいます。

ここでは夢占いが当たらないことも多い理由をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 単なる記憶の整理である場合も多い
  • 現実にあったことを思い出しているだけである場合も多い
  • 寝る前に考えていたことが夢に出ただけの可能性も高い
  • 記憶に多いものが夢に出やすくなる傾向がある
  • 夢に関係する動画をよく見ていたから出てきただけの場合も
  • 自分の気持ちが強すぎるだけである
  • そもそも自分自身の第六感が敏感ではないから
  • 夢なので覚えていない部分も多いから
  • 占いと言うジャンル事態、当たる確率的には半分だから
  • 自分が忘れているような過去の記憶が出ている場合がある
  • 現実の痛みや感覚が夢になっただけ
  • 信じる人と信じない人、とらえ方の違い
  • 自分の内面との対話が得意か、そうでないかの違い
  • 夢の記憶間違いである
  • 夢占いには当たりやすい人、当たらない人のタイプがある
  • まとめ

1. 単なる記憶の整理である場合も多い

単なる記憶の整理である場合も多い

予知夢、正夢などを見る人がいる一方で「夢なんて全く見ない」といういう人もいます。

また夢を見るものの占いは当たらなかったという場合もあるでしょう。

それには理由が存在します。

夢というのは過去にあったことなど、記憶の整理をしていた可能性があります。

そういう場合は過去の映像を見ているだけであり、 特に意味あいはないと考えてよいでしょう。

2. 現実にあったことを思い出しているだけである場合も多い

現実にあったことを思い出しているだけである場合も多い

喧嘩する夢、恋愛する夢など夢占い的には、意味あいは興味深いものがあります。

ですが大して当たらないと感じる人もいます。

それはその夢が現実にあったことを思い出してもう一度同じ場面を見ているだけと考えられるからです。

数日前に大きな喧嘩をした人は、それが記憶に残っていて、同じような場面を夢でも見てしまうといったことはよくあります。

強烈な体験をした人ほど夢に同じことが出てくるといったことは多くなっても不思議ではありません。

3. 寝る前に考えていたことが夢に出ただけの可能性も高い

寝る前に考えていたことが夢に出ただけの可能性も高い

夢占いが当たらないと感じる理由に、例えば寝る前に観ていた映画、雑誌の風景などが夢に出るといったことも考えられます。

特に視覚から受ける影響は大きいです。

小さい子供、感受性の強い人はショックの大きいニュース映像なども刺激となり悪夢を見るきっかけとなる場合もあります。

ですから怖い夢などを頻繁に見る子供などには寝る前は楽しい内容の絵本を読んであげるなどするといいです。

それは大人も同じで、見ると楽しい気分になる雑誌や、綺麗な写真集などを眺めるなどがおすすめです。

4. 記憶に多いものが夢に出やすくなる傾向がある

記憶に多いものが夢に出やすくなる傾向がある

実は、記憶に多いものは夢に出やすくなると言われます。

となりますと、恋人や家族、仲の良い友達が夢に頻繁に出るのも自然なことです。

また会社や学校といった自分が毎日通う所属先が出てくるのも理解できます。

ストレスを感じているのか、いないのか、今自分の人間関係が上手くいっているのかそうでないのか、など考えてみて特に実生活に問題がないのであればさほど気にすることはなく、記憶に多いから出てきたのだなととらえておいていいのではないでしょうか。

5. 夢に関係する動画をよく見ていたから出てきただけの場合も

夢に関係する動画をよく見ていたから出てきただけの場合も

例えば犬の夢、猫の夢といった夢占いがあります。

でも実際に自分は当てはまらない、当たらなかったという場合もあります。

これも理由があることなのです。

それは、夢を見る前に、頻繁に動画や雑誌などで見ていた場合や、テレビの特集などで記憶に残っていたなんてことが関係しているのです。

また自分が興味を持っていたり、見る機会が増えたなどということはないでしょうか。

例えば猫を飼いたいとずっと考えていたら、猫が出てくる夢を見やすくなるでしょう。

6. 自分の気持ちが強すぎるだけである

自分の気持ちが強すぎるだけである

よくあるのが片思いの人が夢に出てくる場合です。

上手くいくのか、いかないのか気になることでしょう。

ですが、この場合は当たらないと感じる人が多いのです。

それは理由は簡単です。

単なる願望が映像となってあらわれただけだからです。

好きな人のことを思えば、夢の中にあらわれる回数も自然と増えることでしょう。

あなたが寝る前に好きな人のことを考えたり、一日中そのことで頭がいっぱいであれば、やはり夢を見る回数は増えるのは自然の流れといえます。

7. そもそも自分自身の第六感が敏感ではないから

そもそも自分自身の第六感が敏感ではないから

夢というのは無意識に見せられるものです。

ですから不思議に感じますし、夢に何か意味があるのではと考えてしまうのかもしれません。

元々の勘が鋭い人、第六感が働く人というのは無意識のうちに色々な情報をキャッチすることが普通の人より得意なのでしょう。

そういう人は正夢や予知夢を見る確率は高くなりそうです。

そして見た夢から何かヒントを得て自分なりに上手く解釈もできるのです。

どちらかと言えば現実的、目に見えるもの、相手からの情報で物事を判断する人は夢占いを信じない場合もあるでしょうし、また大して気にしないので、結果的に当たらないと感じることの方が多いのではないかと考えられます。

8. 夢なので覚えていない部分も多いから

夢なので覚えていない部分も多いから

夢占いが当たらないとなる理由に、そもそも夢の内容全てを覚えていないということも考えられます。

つまり断片的なことだけで夢占いをしても、実際に自分が見た夢の内容と合っていないということが原因なのです。

例えば何かを探している夢を見たとします。

それだけしか自分は覚えていない場合は探しているという部分だけで夢占いをしてしまいます。

本当は、その後も夢は続いていて探し物が見つかったのか、見つからなかったのか、どういう気持ちになったのかということが抜け落ちているかもしれません。

起きた時すぐにメモをするとか、スマホで夢占いの検索をすることをおすすめします。

時間が経ちますと忘れてしまうものです。

9. 占いと言うジャンル事態、当たる確率的には半分だから

占いと言うジャンル事態、当たる確率的には半分だから

当たり前ではありますが、占いというのは当たるか、当たらないか。

確率で言えば半分ですから、十人いれば、当たる人と当たらない人とそれぞれ五人になります。

例えば同じ人が夢占いをしても、あの夢は当たったけど、この夢は外れたということもありえるわけです。

全ての夢が予知夢、正夢というわけではありませんし、警告夢、凶夢が全部その通りになるわけでもありません。

むしろ、警告夢、凶夢の類は外れた方が幸せなわけです。

夢は無意識に見るもので、そこから人々が色々な解釈をしてきたのですから、悪いことが回避できた、外れて良かったと楽しむぐらいでちょうどいいのではないでしょうか。

10. 自分が忘れているような過去の記憶が出ている場合がある

自分が忘れているような過去の記憶が出ている場合がある

夢というのは過去の記憶の整理もします。

毎日が予知夢を見させるわけでもありませんし、毎日記憶整理をしているわけでもありません。

当たらないと感じる夢は過去の記憶の整理だった夢の可能性があります。

不思議なことですが自分が忘れているような過去のことも、記憶しているといわれます。

「記憶にもないし、夢占いも外れた」という場合も、自分自身の記憶にないだけで本当は過去の出来事を夢で整理しているということもあるかもしれません。

11. 現実の痛みや感覚が夢になっただけ

現実の痛みや感覚が夢になっただけ

熱い、寒い、痛い、尿意を感じるなどの夢占いの意味が当たらないという場合があります。

これは実際に、寝ている時に感じている感覚がそのまま夢になっていただけということなのでしょう。

冬の寒い時、トイレに行きたい時など、その直前にトイレを我慢する夢、トイレをする夢など見やすいです。

見た夢を全て夢占いするのではなく、ちょっと考えて見るといいかもしれません。

特にトイレに行きたくて目が覚める場合などは夢に意味はないと解釈してもいいのではないでしょうか。

12. 信じる人と信じない人、とらえ方の違い

信じる人と信じない人、とらえ方の違い

夢占いを信じていい気分になる人と、不安な気持ちになる人と受け取り方に違いがあります。

ラッキーなことが起こる暗示という占い一つをとっても、どこまでがラッキーなことと感じるか、感じないかは人によって色々です。

ちょっとしたことでアンラッキーだと腹を立てる人もいますし、気にしない人もいます。

ですから、夢占いを当たる、当たらないととらえるのもその人の考え方、性格などが大きく関係します。

どちらかといえば、夢占いでいい気分になったり、気を引き締めないといけないと自分にいい方向にとらえることができる人は元々、良い運気を引き寄せることができるタイプだといえます。

13. 自分の内面との対話が得意か、そうでないかの違い

自分の内面との対話が得意か、そうでないかの違い

夢占いがすごく当たると感じる人は元々、自分の内面に向き合うのが得意な人です。

潜在意識が読まれているような気がする、自分の本心がわかったと感じる人は日頃から考え深いのでしょう。

一方で、当たらない、くだらないと頭から決めてかかる、信じていないというタイプはあまり内面と向き合うということもせず、目の前の出来事のみに集中するという現実的な人なのかもしれません。

どちらかがいい、悪いといったことではなく、性質とか人間性の違いです。

夢占いが当たらないと考えている人はそもそも夢占いを参考にすることもないでしょうし、自分の力だけで人生を上手く切り拓いているのではないでしょうか。

14. 夢の記憶間違いである

夢の記憶間違いである

夢占いが当たらないと感じる理由に、そもそも自分の見た夢の記憶が間違っているということも考えられます。

自分が見た夢の記憶そのものがどこかで記憶間違いをしているということです。

大まかな流れは覚えているものの、細かいニュアンスは忘れたといった場合などです。

実は夢占い的には細かいニュアンスの方が重要なポイントだったりすることもあるので、そういった場合は全く反対の解釈をしていたり、そもそも見当違いの夢の意味を調べているといったことも考えられます。

15. 夢占いには当たりやすい人、当たらない人のタイプがある

夢占いには当たりやすい人、当たらない人のタイプがある

夢占いは当たると感じる人、当たらないと言い切る人と分かれます。

これは不思議でもなく、当たる人は潜在意識からのメッセージを上手くキャッチしているのでしょう。

当たらない人は、そもそも潜在意識が見させる夢というよりは、記憶の整理、寝る前に強烈に印象に残ったことを夢に見ることが多い人なのだと考えられます。

見ている夢の種類が違うのです。

ですから、当たると感じる人は夢日記をつけたり、毎朝夢占いの意味を調べるのが楽しみです。

一方で当たらないと感じる人は夢占いには興味を持たないでしょう。

どのような占いもそうですが、当たる時もあれば外れる時もあります。

まとめ

まとめ

以上、夢占いが当たらないことも多い理由を説明しました。

全ての夢占いが当たるわけではないにしても、やはり何かしら潜在意識からのメッセージと受け止めて参考にすることはおすすめします。

吉夢と見たと思うとしばらくいい気分で過ごせますし頑張る気持ちも湧いてきます。

夢占いを楽しんでください。

夢占いはとても楽しいものですが、当たらないと感じる人もいます。

ここでは夢占いが当たらないことも多い理由をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。


単なる記憶の整理である場合も多い

予知夢、正夢などを見る人がいる一方で「夢なんて全く見ない」といういう人もいます。

また夢を見るものの占いは当たらなかったという場合もあるでしょう。

それには理由が存在します。

夢というのは過去にあったことなど、記憶の整理をしていた可能性があります。

そういう場合は過去の映像を見ているだけであり、 特に意味あいはないと考えてよいでしょう。

現実にあったことを思い出しているだけである場合も多い

喧嘩する夢、恋愛する夢など夢占い的には、意味あいは興味深いものがあります。

ですが大して当たらないと感じる人もいます。

それはその夢が現実にあったことを思い出してもう一度同じ場面を見ているだけと考えられるからです。

数日前に大きな喧嘩をした人は、それが記憶に残っていて、同じような場面を夢でも見てしまうといったことはよくあります。

強烈な体験をした人ほど夢に同じことが出てくるといったことは多くなっても不思議ではありません。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月09日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!