占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20171026152444.html
「サッカー」の夢を見る意味とは?夢占いでの解釈

「サッカー」の夢を見る意味とは?夢占いでの解釈 | SPITOPI

SPITOPI
「サッカー」の夢を見る意味とは?夢占いでの解釈

スポンサーリンク

人気スポーツであるサッカーに関することが夢に登場する時は、どのような意味があるのか、例を挙げながら示していきます。

「サッカー」の夢を見る意味とは?夢占いでの解釈
  • 恋人が参加するサッカーの試合を観戦する夢
  • サッカーの試合に自分が参加する夢
  • サッカーの試合で点の取り合いになる夢
  • 相手チームの選手と駆け引きをする夢
  • ライバル選手が自分のチームに移籍する夢
  • ライバルの試合を観戦する夢
  • 試合で持久力をつけるために走りこむ夢
  • ボールが観戦している自分に飛んでくる夢
  • サッカーの名門チームに入り、大金を稼ぐ夢
  • 相手チームのラフプレーに苦しめられる夢
  • 自分のミスで試合に負けてしまう夢
  • 自分の活躍で勝利に導く夢
  • 何本シュートを蹴ってもキーパーに阻まれる夢
  • 自分に全くパスが回ってこない夢
  • キーパーの自分がPKを止めて勝利する夢
  • 格下のチームに手を抜いていたら負けてしまう夢
  • まとめ

1. 恋人が参加するサッカーの試合を観戦する夢

恋人が参加するサッカーの試合を観戦する夢

恋人が参加するサッカーの試合を観戦する夢を見るときは、恋人の魅力を客観的に図ろうとしている可能性が高いです。

二人きりでいる時間は情が移ってしまい、贔屓目で見てしまいがちですので、同じ条件で走り回るライバル達と真剣勝負をする姿を見ることで、恋人の魅力を客観的に判断しようとしています。

普段はサラリーマンの彼であっても、夢の中ではなぜかオリンピックの代表に選ばれていることもありますが、全ては自分が作り上げているイメージですので、心のどこかでサッカーが向いていると感じていることを表しています。

2. サッカーの試合に自分が参加する夢

サッカーの試合に自分が参加する夢

サッカーの試合に自分が参加する夢を見るときは、自分の実力を外の世界で試してみたい気持ちが高まっていることを表しています。

試合というのは、自分の実力がダイレクトに現れるものですので、自分本来のポテンシャルを確認する上で有意義なものです。

自分一人で練習に励み、ボールを蹴っているのと、相手チームもいる状態で試合を展開するのとでは、心理状態などの影響が異なりますので、自分の実力を正しく把握したい気持ちが、試合本番という言い訳のできない形となって、夢に現れています。

3. サッカーの試合で点の取り合いになる夢

サッカーの試合で点の取り合いになる夢

ライバルチームと激しいデッドヒートを展開する夢を見る時は、歴史に名を残すようなドラマチックな試合を行うためには、魅力的なライバルが必要ということを、潜在的に感じ取っている可能性が高いです。

時代の顔となるようなヒーローたちには、死闘を繰り広げることで観客を熱くさせる好敵手の存在が不可欠であり、今の自分の環境の中でそのような相手がいないがために、モチベーションが上がらないことを自覚している人は、ある種の憧れとしてこのような夢を見ることになります。

4. 相手チームの選手と駆け引きをする夢

相手チームの選手と駆け引きをする夢

試合の中で、相手チームの選手と駆け引きをする夢を見るときは、正攻法で真っ直ぐ押しているだけでは相手に勝つことができないという、自信のなさが表れている可能性があります。

またもう一方で、真剣勝負の中でもゲーム性を取り入れることで、攻撃に幅を持たすことができたり、相手が驚くような奇襲をかけることができるため、戦術として駆け引きすることを肯定的にイメージしている場合もあります。

いずれにしてもこのような夢を見るときは、相手の出方を探り合うような、難しい戦いを強いられる可能性があるので、注意しましょう。

5. ライバル選手が自分のチームに移籍する夢

ライバル選手が自分のチームに移籍する夢

他の強豪チームのライバルだった選手が、自分のチームに移籍してくる夢は、ライバルというのは味方につけるととても頼もしいことを教えてくれています。

自分のチーム内の人間には考えも及ばなかった戦術や練習方法が、違う歴史を辿った人間を取り込むことでお互いの共有財産となり、試行錯誤することで研ぎ澄まされ、素晴らしい成果を上げることができるということを、このようなイメージを夢に描かせることで教えてくれています。

6. ライバルの試合を観戦する夢

ライバルの試合を観戦する夢

ライバルの試合を観戦しに行き、競争心を植え付けられる夢を見るときは、ライバルの存在が自分のポテンシャルを高めてくれることを表しています。

自分一人だったら怠けてしまいそうな厳しい練習も、ライバルに素晴らしいプレーを見せつけられることで、誰かに見張られなくても、自分の誇りのために頑張ろうという気持ちが芽生え、ライバルよりも厳しいトレーニングを開始する気力が、体の内側からメラメラと燃え上がってくるものです。

7. 試合で持久力をつけるために走りこむ夢

試合で持久力をつけるために走りこむ夢

試合後半のスタミナ切れを補うために、走りこみを黙々と続ける夢を見るときは、自分の忍耐力の限界を見てみたい気持ちが高まっている可能性が高いです。

自分との戦いである厳しいワークアウトを自ら買って出るイメージを夢に思い描くということは、途中で苦しくなっても決してリタイアすることなく、最後まで自分の目標に向かって突き進む自分自身の姿を、仮想の世界であっても見てみたいという気持ちが、夢の中の映像となって現れています。

8. ボールが観戦している自分に飛んでくる夢

ボールが観戦している自分に飛んでくる夢

選手の蹴ったボールが観戦している自分に飛んでくる夢を見るときは、そのボールをどのように処理したかによって、夢の意味は異なります。

飛んでくるボールに上手く手を伸ばし、見事キャッチすることができたならば、思いがけない幸運が自分のもとにまいこの可能性があります。

また、飛んでくるボールを取ることはおろか避けることすらできず、痛い思いをしてしまった時は、自分だけが不幸な役回りに回ってしまうことがありますので、気をつけましょう。

9. サッカーの名門チームに入り、大金を稼ぐ夢

サッカーの名門チームに入り、大金を稼ぐ夢

自分がサッカーの名門チームからスカウトされ、日本では破格と言える大金を稼ぐ夢を見るときは、金運アップが期待できます。

この前の金運アップとは、棚からぼたもちのような美味しい話ではなく、自分の実力が正しく評価され、ヘッドハンティングされる形で吉報が舞い込むことを意味していますので、何の努力もしないで大金が転がり込むということはありませんので、自分が今頑張っていることに集中し、できるだけいろんな人の目に届くように働きかけましょう。

10. 相手チームのラフプレーに苦しめられる夢

相手チームのラフプレーに苦しめられる夢

相手チームの危険なプレーに苦しめられる夢を見るときは、不条理な条件の中でも自分のやるべきことはやらなくてはならないということを、夢が教えてくれています。

また、そのようなスポーツマンシップのない選手の姿を見ることで、自分がそのような選手にはならないように気をつけることができるので、反面教師として役立てるようにすれば、清廉潔白な人格を育て上げる助けとなります。

11. 自分のミスで試合に負けてしまう夢

自分のミスで試合に負けてしまう夢

自分のミスによってチームが負けてしまうという最悪の夢を見てしまう時は、物事に慣れてしまうことで思わぬミスが出てしまうことに対する警鐘を鳴らしています。

試合に出ている状態というのは、その日にかけてたくさんの練習をしてきたはずですが、そのことが過信になって、もう十分体が覚えてるから、7割の力でもボールをコントロールできるなどと根拠のない自信を持ってしまうことで、練習でも一度もしたことがないようなミスを本番で犯してしまうことがありますので、注意しましょう。

12. 自分の活躍で勝利に導く夢

自分の活躍で勝利に導く夢

自分の活躍によってチームを勝利に導く夢を見るときは、自意識過剰になっている可能性が高いです。

自信を持つために自尊心を高めることは、何を行うにしてもとても大事なことですが、個人プレーではなくチームプレーにおいて出過ぎた自我というのは、全体のバランスを崩してしまう恐れがあるデメリットでしかありません。

自分がチーム全体にとって意味のある存在感を放つ事と、自分の活躍で勝利に導くというモチベーションは、似て非なるものですので、その違いについて考えてみましょう。

13. 何本シュートを蹴ってもキーパーに阻まれる夢

何本シュートを蹴ってもキーパーに阻まれる夢

何本シュートを蹴っても、全てキーパーに阻まれてしまう夢を見るときは、自分の仕事に自信を持てていない気持ちが現れています。

優れた野球選手の現役時代には、ピッチャーが投げたボールがゆっくり見えると言いますが、サッカーでもそれと同じように、優れた選手ほど、どこの位置からどのように蹴ってもゴールできるイメージを、頭に思い描くことができます。

自分のシュートがキーパーに阻まれてしまうイメージというのは、そこまでの自信を持てていないことが考えられますので、自分の仕事に自信が持てるまで努力しましょう。

14. 自分に全くパスが回ってこない夢

自分に全くパスが回ってこない夢

チームメイトから自分に全くパスが回ってこない夢を見るときは、身近な人脈に対する不審な気持ちが表れています。

自分にパスが回ってこないのは、自分が相手選手にマークされてしまっている可能性が高いですが、そのことに気づかず、まるで自分がいじめられているかのような被害者意識を募らせてしまっては、和解の時など訪れることはありません。

このような夢を見るときは、身勝手な被害者意識は捨てて、なぜ自分にパスが回ってこないのか、まずは自分の行いを省みてみましょう。

15. キーパーの自分がPKを止めて勝利する夢

キーパーの自分がPKを止めて勝利する夢

キーパーの自分がPKを止めて試合に勝利する夢を見るときは、ヒーロー願望が高まっていることを表しています。

高い確率でキーパーよりキッカーの方が有利とされているPKを、見事止めることができる状況というのは、キーパーであれば誰もが憧れるシチュエーションですが、そのようなイメージを夢で思い描くときは、自分の仕事が評価され、みんなに褒められたい気持ちがあることを読み取ることができます。

16. 格下のチームに手を抜いていたら負けてしまう夢

格下のチームに手を抜いていたら負けてしまう夢

格下のチームだからと手を抜いた試合をしていたことで、思わぬ敗北を喫してしまうという歯がゆい夢を見るときは、日頃から怠けがちな自分が改心するような、インパクトのあるイメージを脳内で作り上げることで、そのことの愚かさを自分自身に伝えようとしています。

生活態度や仕事に関する怠けは、痛くも痒くも思わない人でも、好きなスポーツのイメージを借りて問題の大きさを見せることで、改心する効果があります。

まとめ

まとめ

サッカーに関する夢の意味について、様々なシチュエーションを例に出しながら検証してみました。

こうして並べてみると、他人と協力しながら一つの目標を目指すというサッカーの醍醐味とも言える要素や、身体的に高い運動能力を必要とすることや、個人のプライドに関することに、夢の意味が隠されていることがわかりますが、これらの意味を自分に当てはめて解釈することで、生き方のヒントにしてみましょう。

人気スポーツであるサッカーに関することが夢に登場する時は、どのような意味があるのか、例を挙げながら示していきます。


恋人が参加するサッカーの試合を観戦する夢

恋人が参加するサッカーの試合を観戦する夢を見るときは、恋人の魅力を客観的に図ろうとしている可能性が高いです。

二人きりでいる時間は情が移ってしまい、贔屓目で見てしまいがちですので、同じ条件で走り回るライバル達と真剣勝負をする姿を見ることで、恋人の魅力を客観的に判断しようとしています。

普段はサラリーマンの彼であっても、夢の中ではなぜかオリンピックの代表に選ばれていることもありますが、全ては自分が作り上げているイメージですので、心のどこかでサッカーが向いていると感じていることを表しています。

サッカーの試合に自分が参加する夢

サッカーの試合に自分が参加する夢を見るときは、自分の実力を外の世界で試してみたい気持ちが高まっていることを表しています。

試合というのは、自分の実力がダイレクトに現れるものですので、自分本来のポテンシャルを確認する上で有意義なものです。

自分一人で練習に励み、ボールを蹴っているのと、相手チームもいる状態で試合を展開するのとでは、心理状態などの影響が異なりますので、自分の実力を正しく把握したい気持ちが、試合本番という言い訳のできない形となって、夢に現れています。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月06日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!