占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20171016171312.html
【夢占い】悲しい夢を見る心理 | 経験・不安・可哀そう

【夢占い】悲しい夢を見る心理 | 経験・不安・可哀そう | SPITOPI

SPITOPI
【夢占い】悲しい夢を見る心理 | 経験・不安・可哀そう

スポンサーリンク

悲しい夢を見る人の心理は様々ですが、ここではそのうちの11個について取り上げています。

  • 悲しい出来事を経験している夢
  • 悲しい出来事を目にした夢
  • 悲しんでいる人の話を聞いて可哀そうになる夢
  • 不安を感じている夢
  • 誰かに対する愛情が強すぎる夢
  • 常にマイナス思考の夢
  • 信頼できる人が自分から離れていく夢
  • 自分ではどうにもできない状況が生じた夢
  • 愛情に触れた場面が心に残っている夢
  • 寂しがり屋の夢
  • 泣いている人を見る夢
  • まとめ

1. 悲しい出来事を経験している夢

悲しい出来事を経験している夢

悲しい出来事を経験しているとそれをふと思い出したときに夢となって現れることがあります。

このような出来事はしっかりと思い出されることもあれば、何気なく思い出されることもあります。

そして何となく思い出されたときはそれが夢になって現れるなどとは考えてもいなかったゆえに、悲しい夢を見た自分自身に驚かされることもあります。

そして突然の出来事であるために夢を見ながら涙を流すこともあります。

2. 悲しい出来事を目にした夢

悲しい出来事を目にした夢

悲しい出来事を目にするとそれが脳裏に焼き付いてしまい、睡眠時に夢となって現れることがあります。

このような夢を見て初めて自分が見た状況を深く気にかけていることを知ることができたという人もいます。

このような出来事は実際に生じたものである場合もあれば、テレビアニメやドラマ、もしくは映画で見た場面であることもあります。

また悲しい出来事を目にしてそれが夢に出てくるという状況は優しい性格の人に良く見られます。

そのため心のどこかで可哀そうな状況をどうにかしてあげたいという気持ちがあり、それが夢に影響していると言えます。

3. 悲しんでいる人の話を聞いて可哀そうになる夢

悲しんでいる人の話を聞いて可哀そうになる夢

上記では可哀そうな人の状況を目にした場合、それが夢になって現れることについて考えました。

しかしこのような状況は可哀そうな人を目にした場合にのみ生じるのではありません。

可哀そうな人の話を聞いたときにもその人の夢を見ることがあります。

このような話を聞くとその状況を思い浮かべようと一生懸命になります。

そのようにすると可哀そうな人の状況が脳裏に焼き付き、それが夢となって現れることがあるのです。

このような人も可哀そうな人を助けたいと強く願う人や不公平な状況を嘆く人であるのが一般的です。

4. 不安を感じている夢

不安を感じている夢

不安を感じていると悲しい夢を見ることがあります。

たとえば自分が抱えている問題や行っている仕事が悪い方向に向かうのではないかという不安を抱えていると、悪い状況に陥ったときのことを考える過ぎることがあります。

夢というものはその人が良く考える状況が映像になって現れることが多々あります。

そのため物事に関する悪い結果を考えすぎているとそれが夢になってしまうことがあるのです。

このような夢は当然のことながら悲しい像を見せることになります。

このような流れで不安に感じていることが悲しい夢を見せるという状況を作り出すことがあるのです。

5. 誰かに対する愛情が強すぎる夢

誰かに対する愛情が強すぎる夢

誰かに対する愛情が強すぎると、悲しい夢を見ることがあります。

そのような愛情は愛する人との悲しい状況を考えるきっかけとなります。

「こんなに好きな人と別れる結果になったらどうしよう」とか「こんなに好きな人がある日突然病気になったり、事故にあったりしたらどうしよう」という状況について考えてしまうのです。

もともと明るい性格の人である場合はこうしたことを考えることはありませんが、大好きな人を失いたくないという感情が容易に芽生える人や、恋愛経験の少ない人などはこうした感情を抱きやすい傾向にあります。

こうした状況が悲しい夢を見させる原因となることがあります。

6. 常にマイナス思考の夢

常にマイナス思考の夢

行っている物事に関してマイナスな見方しかできない人がいます。

このような人は自分が陥る可能性がある悪い結末について頻繁に考えるようになります。

このような状況を考えるだけでも悲しくなるものですが、思考がマイナスであればそうした思いが夢となって現れる可能性はよりいっそう高くなります。

そのため悲しい夢を見ることが多くなり、ときには起床したときには涙で枕が濡れているといった状況も生じます。

このような夢ばかりを見ていると気持ちがますます沈んでしまいますので、マイナス思考は早めに断ち切る必要があります。

7. 信頼できる人が自分から離れていく夢

信頼できる人が自分から離れていく夢

4つ目の項目でも考えましたが、不安を感じているとそれが悲しい夢となって現れることがあります。

これに関連して自分の信頼できる人が何らかの理由でいなくなると、気持ちに大きな動揺が見られるようになります。

「これから自分は誰に悩み事を相談すればよいのだろう、以前のように自分を助けてくれる人は現れるのだろうか」という気持ちが生じるようになり、精神的に不安定な状態に陥ることがあります。

このような場合も悲しい夢を見ることがあります。

その信頼できる人が自分から離れていくという現実的な夢を見ることもあれば、自分が身動きの取れに様な状況に無理矢理置かれるような夢を見ることもあります。

8. 自分ではどうにもできない状況が生じた夢

自分ではどうにもできない状況が生じた夢

自分ではどうにもできていないような状況が生じることがあります。

このような場合、そのもどかしさが悲しい夢を見させることがあります。

その状況がそのまま夢の中で再現されることもありますし、その出来事を彷彿させるようなことが夢の中で現れることもあります。

そしてどのような状況にせよ、実際に起こったもどかしい出来事を思い出すことになり、その瞬間にパッと目が覚めることがあります。

そして「これは夢だったけど、現実でも同じようなことが起きたんだ」という実情に直面し、がっかりすることがあるのです。

9. 愛情に触れた場面が心に残っている夢

愛情に触れた場面が心に残っている夢

親子関係について夢を見ることがあります。

たとえば可愛らしい親猫がまだ自分一人では生活できそうもない子猫を一生懸命に世話するような場面です。

こうした場面を見ると何だか悲しくなってしまうという人がいます。

この子猫は元気に育つのだろうかという不安と、育たなかったときに親猫が感じる悲しみなどを想像していることが悲しみを感じさせる理由です。

このように夢の中に出てくる幸せそうな状況が一変することを考えてしまい、その結果悲し気持ちになるという人もいます。

10. 寂しがり屋の夢

寂しがり屋の夢

寂しがり屋の人も悲しい夢を見ることがあります。

このような人は常に誰かと一緒にいたいと感じるものですが、それができないときに悲しい夢を見るようになります。

また少し前まで大勢の友達と楽しい時間を過ごしていたにもかかわらず、今ではみな帰宅してしまって静まり返っている状況が生じると、悲しい気持ちになってそれが夢に現れることがあるのです。

11. 泣いている人を見る夢

泣いている人を見る夢

泣いている人を見てその状況が脳裏に焼き付くと悲しい夢を見ることがあります。

その人がなぜ泣いているのかはわからないものの、きっと悲しい出来事が生じたのだろうと自分の中で想像してしまい、空いている人物に対して可哀そうとう感情を芽生えさせてしまうのです。

もちろん多くの場合、泣いている人は本当に可哀そうな状況を経験しています。

しかしその人を見て悲しい夢を見る人の多くはストーリーを勝手に自分の中で作成し、それが夢となって現れることが多々あるのです。

まとめ

まとめ

悲しい夢を見る理由は様々です。

しかし多くの場合、自分が悲しい出来事を経験していたり悲しい出来事を目にすることが夢に影響します。

また不安を抱えているなど精神が不安定な場合もそのような夢を見ることがあります。

性格的には優しい人にこのような傾向が多く見られるわけですが、楽しくて明るい人たちと一緒に過ごすようにしたり、熱中できる趣味などを見つけることでこうした問題を解決することができます。

また熟睡できるように心がけることもお勧めです。

悲しい夢を見る人の心理は様々ですが、ここではそのうちの11個について取り上げています。


悲しい出来事を経験している夢

悲しい出来事を経験しているとそれをふと思い出したときに夢となって現れることがあります。

このような出来事はしっかりと思い出されることもあれば、何気なく思い出されることもあります。

そして何となく思い出されたときはそれが夢になって現れるなどとは考えてもいなかったゆえに、悲しい夢を見た自分自身に驚かされることもあります。

そして突然の出来事であるために夢を見ながら涙を流すこともあります。

悲しい出来事を目にした夢

悲しい出来事を目にするとそれが脳裏に焼き付いてしまい、睡眠時に夢となって現れることがあります。

このような夢を見て初めて自分が見た状況を深く気にかけていることを知ることができたという人もいます。

このような出来事は実際に生じたものである場合もあれば、テレビアニメやドラマ、もしくは映画で見た場面であることもあります。

また悲しい出来事を目にしてそれが夢に出てくるという状況は優しい性格の人に良く見られます。

そのため心のどこかで可哀そうな状況をどうにかしてあげたいという気持ちがあり、それが夢に影響していると言えます。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月05日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!