占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20171012151622.html
「裁判」の夢を見る意味とは?夢占いでの解釈

「裁判」の夢を見る意味とは?夢占いでの解釈 | SPITOPI

SPITOPI
「裁判」の夢を見る意味とは?夢占いでの解釈

スポンサーリンク

死刑や冤罪、有罪、無罪など、裁判に関する夢には、様々な意味合いがあります。

今回は夢占いにおける裁判の意味をご紹介させて頂きます。

icon 編集部からのコメント

裁判の夢は自分自身の不安を意味することも多いです。 そんな裁判の夢を状況に合わせ解説しています

  • 裁判に出席し、判決を受けている夢
  • 裁判で死刑宣告を受けている夢
  • 裁判で死刑宣告を受け、処刑された夢
  • 裁判で無期懲役になった夢
  • 冤罪で裁判を受け、有罪になった夢
  • 有罪決定後に脱走した夢
  • 友達が嘘の証言をし、裏切られた夢
  • 不服申立てをしたが、退けられた夢
  • 裁判で無罪判決を受けた夢
  • 裁判であなたが弁護士を雇っている夢
  • 雇った弁護士と口論している夢
  • 弁護士が信頼できる人の場合
  • 自分自身が裁判官になっている夢
  • 裁判官になり、友達に死刑を宣告する夢
  • 裁判官になり、無罪判決を言い渡す夢
  • 自分が弁護士になっている夢
  • 弁護士になり、裁判に勝った夢
  • 弁護士になり、裁判に敗れた夢
  • 裁判を傍聴している夢
  • 被害者として裁判に出席している夢
  • まとめ

1. 裁判に出席し、判決を受けている夢

裁判

夢の中で裁判に出廷し、判決を受けているということは、あなたは現実世界で、良心が咎めるやましいことを行い、それを後悔し、誰かによって、その行ないを指摘されることを恐れている証です。

よって、現実世界における、あなたの言動を見直し、普段の行いを悔い改める必要があります。

また、夢占いにおいて裁判所は、逆らうことができない「権威」を表します。

そして、夢の中であなたに判決を下す裁判官は、現実世界であなたの人生に影響を与える、重要な人物を表しています。

夢の中で裁判に出席し、判決を受けているときは、裁判官の顔をよく覚えておく必要があります。

icon 編集部からのコメント

裁判官の顔はどんな顔だったでしょうか?

2. 裁判で死刑宣告を受けている夢

死刑

死は夢占いにおいて「人生の再起」や「生まれ変わり」を意味します。

よって、死刑宣告を受けるということは、あなたの運勢は、良くなる兆しがあるということです。

具体的には、地位や名誉を手に入れたり、病気が癒えるなど、あなたにとって良いことばかりですが、死刑宣告を受けた状態で夢が終わると、まだ夢の中で死亡していないため、現実世界で浮かれすぎると、思わぬ失敗を招く虞があります。

icon 編集部からのコメント

死ぬというのは始まりを意味しているのです。

3. 裁判で死刑宣告を受け、処刑された夢

処刑

夢の中で死刑宣告を受け、処刑されたということは、すなわち「死ぬ夢」を見たことになります。

夢占いで死は「再起」を意味し、吉夢(良い夢)とされます。

よって、あなたには運勢が好転する可能性があるという暗示です。

また、夢の中で処刑され、さらに生き返った場合は、あなたには、決して諦めない強固な魂があることを示唆しています。

生き返る夢を見た場合は、普段から自分に自信を持ち、何事にも諦めない姿勢を貫けば、自らの力で、運気を好転させることが可能です。

icon 編集部からのコメント

死んで生き返った場合は特にいい夢だと言われています。

4. 裁判で無期懲役になった夢

裁判で無期懲役になった夢

無期懲役は、死ぬまで刑務所の中で過ごすという、絶望的な環境を表しています。

現実世界において、死刑判決を受けた者は、残りの人生を全うしようと充実した刑期を送りますが、無期懲役の判決を受けた者は、終わることがない、ダラダラとした刑期を送り続けます。

よって、裁判で無期懲役になる夢を見るということは、貴方が現在の仕事や生活に飽きていることの表れといえます。

この様な夢を見る場合は、転職をしたり、親元を離れるなどし、人生をリフレッシュさせることがお薦めです。

5. 冤罪で裁判を受け、有罪になった夢

有罪

冤罪で逮捕され、裁判を受けている夢を見た場合は、あなたは、自分の忘れたい過去や秘密が、誰かに暴露されることを恐れています。

また、現実世界において、あなたは誤解を受けやすい可能性があります。

もしあなたが、洋服などの身なりに気を配らない性格なのであれば、身なりの整った清潔な洋服を着るなどちょっとしたことから改善してはどうでしょうか?。

6. 有罪決定後に脱走した夢

脱走

あなたがもし、脱走する夢を見たのであれば、それは夢占いにおいて「逃げる夢」を見たことになります。

「逃げる夢」を見るということは、何らかのトラブルから逃げたいと考えている表れです。

この場合、夢の中で逃亡に成功した場合は、悩みが解決するという暗示で、運気好転に繋がります。

しかし、逃亡に失敗した場合は、このままでは、運気が良くならないことが示唆されています。

よってあなたは、今の人生をよく見直す必要があります。

また、夢占いにおける「逃げる夢」には、自立や独立を促す意味があるともされています。

あなたがもし、親元で生活している場合は自立を考え、結婚している場合は、離婚や別居などを考える必要があるかもしれません。

7. 友達が嘘の証言をし、裏切られた夢

裏切り

夢の中で被告人として裁判に出席し、友達が証人として現れ、貴方が不利になる、嘘の証言をしたのであれば、それは「信頼するものから裏切られた夢」を見たことになります。

このような夢を見た場合は、あなたは無意識のうちに、その友達に対して警鐘を鳴らしています。

よって、この嘘の証言をする友達には、注意が必要です。

また、裏切った友達が、あなたと同性の場合は、現実世界で恋敵になっている可能性があります。

この場合、その友達の言動を冷静に観察する必要があります。

8. 不服申立てをしたが、退けられた夢

不服申立て

夢占いで裁判所や裁判官は、逆らうことができない権威を表しています。

また、それ以外にも、上司や父親、彼氏、旦那様など、あなたが逆らえない人物も指しています。

よって、夢の中で裁判所に不服申し立てをするということは、あなたは現実世界において、それらの人物に反感を抱いている証です。

さらに、夢の中であなたが激しく弁明し、裁判官などと口論になっている場合は、上司や父親などと争いになる予知夢である可能性があります。

よって、これらの夢を見た場合は、対人関係に注意が必要です。

9. 裁判で無罪判決を受けた夢

嬉しい

判決を受ける夢といえば、決して見心地の良い夢ではありませんが、無罪判決を受けているのであれば、それは、あなたが現実世界で遭遇している、何らかのトラブルから抜け出せる兆しがあることが示されています。

よって、無罪判決を受ける夢は、運気が好転する吉夢です。

しかし、無罪判決を受ける前に、裁判に出席して無罪を勝ち取るという、大変な作業が必要なため、あなたは今後、一旦運気が下がる虞があります。

しかし、忍耐強く辛抱すれば、運気は好転するため、じっと我慢することが大切です。

10. 裁判であなたが弁護士を雇っている夢

弁護士

夢の中で弁護士を雇っているということは、あなたは現実世界でトラブルに遭遇し、誰かを頼ることにより、その問題を解決させたいと考えている表れです。

この場合、速やかに誰かに解決方法を相談することがお薦めです。

また、現在トラブルに巻き込まれていない場合は、あなたは近い将来、何らかのトラブルに巻き込まれる虞があることが示唆されています。

よって、いざという時に頼りになる、家族や友達などを想定しておくことが重要です。

11. 雇った弁護士と口論している夢

口論

現実世界において、弁護士を雇うということは大変なことですが、せっかく雇った弁護士と反りが合わない夢を見た場合は、残念ながら運気が低迷する兆しがある表れです。

近い将来、信頼すべき人と口論になるなど、人間関係で不吉なことが起こる可能性があります。

もし、このようなことが起こった場合は、あなたは貴重な時間や金銭を失う可能性があるため、注意が必要です。

12. 弁護士が信頼できる人の場合

弁護士

夢の中で裁判沙汰になり、雇った弁護士さんが信頼できる人である場合は、あなたは近い将来、とてつもなく頼りになる人物と出会える可能性があることが示唆されています。

しかし反対に、夢の中で雇った弁護士さんが頼りないなど、不本意な弁護士である場合は、近い将来、あなたは信頼している人から詐欺に合う可能性があります。

この場合、金銭の出資を促す友人などに、細心の注意を払う必要があります。

13. 自分自身が裁判官になっている夢

裁判

あなたが夢の中で裁判官になり、誰かを裁いているのであれば、それは現実世界でも、裁きたい人物がいる証です。

さらに、裁いている人物が知人の場合は、その人物に対して、あなたは特別な憎しみを抱いています。

また、裁判官という職業は、清廉潔白であることが求められているため、あなたは現実世界で、裁判官のように誠実に生きるべきだと導かれている可能性もあります。

もしあなたに、後ろめたいことがある場合は、自分を戒める必要があります。

そうすれば、今よりもっと運気が好転するはずです。

14. 裁判官になり、友達に死刑を宣告する夢

死刑

夢の中で裁判官になり、誰かを裁くということは、現実世界で敵意を抱く人物がいることの表れですが、さらに、その人物に死刑を宣告しているのであれば、あなたはその人物に対して、殺意を持つほどの恨みがある場合もあります。

裁判の中で死刑宣告を出した相手が知人の場合は、あなたは現実世界で、その知人に対して、なにか行き過ぎた行為をしていないか注意する必要があります。

15. 裁判官になり、無罪判決を言い渡す夢

無罪

夢の中で裁判官になり、無罪判決を言い渡しているということは、夢占いにおいて「許す夢」を見たということになります。

そして、夢占いで許す相手は、実は他ならぬ自分そのものです。

よって、許す夢は、自分を受け入れるということになり、運気が向上する吉夢となります。

しかし、有罪判決を言い渡したのであれば、あなた自身が自分を許せない心理状況にあることの表れです。

これは、夢占いでは怒りを表します。

夢の中で裁判官になり、有罪判決を言い渡している場合は、現実世界において、自分の置かれている状況を冷静に判断することが大切です。

16. 自分が弁護士になっている夢

弁護士

弁護士といえば、努力を積み重ねた人だけができる特別な職業ですが、夢の中であなたが弁護士になっているということは、現実世界でも努力をすれば、あなたは弁護士のような特別な職業に就ける力を秘めていることが示唆されています。

しかし、夢の中で弁護士になり、面倒な裁判などを担当しているのであれば、あなたは近い将来、予想外のトラブルに巻き込まれる可能性があるため、注意が必要です。

17. 弁護士になり、裁判に勝った夢

弁護士

弁護士になるということは、大変なことですが、弁護士になり、裁判に勝利している夢といのは、とても素晴らしい夢です。

また、苦労して裁判に勝利したのであれば、現実世界で運気が好転する表れです。

しかし、苦労をせずに裁判に勝利したのであれば、あなたには、何事も楽に勝ちたいという願望がある表れです。

この手の夢は「逆夢」になることが多く、あなたは現実世界で、手痛い失敗を起こす可能性があるため、何事にも真剣に取り組む必要があります。

18. 弁護士になり、裁判に敗れた夢

敗訴

夢の中で弁護士になり、裁判に敗れたということは、あなたは現実世界で、いったん成功や出世を経験するものの、その後トラブルに巻き込まれ、失速する虞があることが示唆されています。

あなたが現実世界で、目標とするものがあり、闇雲に突っ走っているのであれば、一旦足を止めて、今の自分の状況や、目標が本当に正しいかを見直す必要があります。

19. 裁判を傍聴している夢

車椅子

目の前で裁かれる人を見るという行為は、夢占いでは、現実世界における、周囲の人たちのアドバイスをよく聞くべきであると示唆されていることになります。

また、それ以外にも、罪を犯すことにより裁かれている人を見て、自分の日頃の行ないを正せと掲示されている可能性もあるため、心当たりがある場合は、素行を悔い改めることが大切です。

20. 被害者として裁判に出席している夢

最悪

夢の中で、被害者として裁判に出席している場合、犯人とされる人物は、あなたが現在、最も許せない者を表しています。

さらに、犯人とされる人物が知人である場合、近い将来、あなたはその人物から被害を受ける可能性があることが暗示されています。

よって、被害者として裁判に出席する場合は、犯人とされる人物をしっかり覚えておけば、その人物が起こす、トラブルに巻き込まれることを防げる可能性があります。

まとめ

裁判の夢

夢占いにおける、裁判の意味をご紹介させて頂きました。

一言に裁判の夢を見ると言っても、裁判官、弁護士、被害者、加害者など、どの立場で裁判に参加するかにより、夢占いの結果は大きく異なります。

見た夢と、今置かれている自分の状況を細かに分析し、運気好転にお役立てください。

死刑や冤罪、有罪、無罪など、裁判に関する夢には、様々な意味合いがあります。

今回は夢占いにおける裁判の意味をご紹介させて頂きます。

icon 編集部からのコメント

裁判の夢は自分自身の不安を意味することも多いです。 そんな裁判の夢を状況に合わせ解説しています


裁判

夢の中で裁判に出廷し、判決を受けているということは、あなたは現実世界で、良心が咎めるやましいことを行い、それを後悔し、誰かによって、その行ないを指摘されることを恐れている証です。

よって、現実世界における、あなたの言動を見直し、普段の行いを悔い改める必要があります。

また、夢占いにおいて裁判所は、逆らうことができない「権威」を表します。

そして、夢の中であなたに判決を下す裁判官は、現実世界であなたの人生に影響を与える、重要な人物を表しています。

夢の中で裁判に出席し、判決を受けているときは、裁判官の顔をよく覚えておく必要があります。

icon 編集部からのコメント

裁判官の顔はどんな顔だったでしょうか?

死刑

死は夢占いにおいて「人生の再起」や「生まれ変わり」を意味します。

よって、死刑宣告を受けるということは、あなたの運勢は、良くなる兆しがあるということです。

具体的には、地位や名誉を手に入れたり、病気が癒えるなど、あなたにとって良いことばかりですが、死刑宣告を受けた状態で夢が終わると、まだ夢の中で死亡していないため、現実世界で浮かれすぎると、思わぬ失敗を招く虞があります。

icon 編集部からのコメント

死ぬというのは始まりを意味しているのです。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2019年05月06日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!